声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

声優ノート

鬼滅の刃声優

鬼滅の刃・鳴女(なきめ)は誰?井上麻里奈さんの代表作をご紹介

更新日:

『鬼滅の刃』は、吾峠呼世晴による日本の漫画作品で、『週刊少年ジャンプ』にて2016年から2020年にかけて連載されました。単行本の累計発行部数は2021年2月時点で1億5000万部を突破しています。
物語は、日本の大正時代を舞台に、主人公の少年・竈門炭治郎が、鬼と化した妹を人間に戻すために鬼たちと戦う姿を描いています。和風の剣戟奇譚としても知られ、緻密な描写や独特の世界観、感動的なストーリーが多くの読者から支持されました。
2019年にはテレビアニメ化され、2020年には劇場アニメ『無限列車編』が公開され、興行収入は日本歴代1位となった。2021年にはテレビアニメ第二期として『無限列車編』と『遊郭編』が放送され、さらに『刀鍛冶の里編』のテレビアニメ化も決定しています。。

刀鍛冶の里編でいよいよ登場するのが上弦の鬼ですが、その中で一番ミステリアスなのが無限城に呼び込む琵琶湖の女性、鳴女(なきめ)と言われています。
鳴女の声優については様々な憶測がながれていますが、一体誰が声優をしているのか?話題になっているようです。

ここでは、鬼滅の刃のである鳴女(なきめ)の声優情報をお届け致します。

鬼滅の刃

大正時代、竈門炭治郎は炭焼きをして家族を支えていた。ある日、家族は鬼に襲われ、唯一生き残った妹・禰豆子も鬼になってしまう。禰豆子に襲われた炭治郎は、剣士の冨岡義勇に助けられる。義勇は禰豆子を退治しようとするが、兄妹の絆が残っていることに気づき、剣を収める。

義勇の導きで、禰豆子を人間に戻す方法を探すために、炭治郎は剣術の修行をする。2年後、炭治郎は選別試験を経て、鬼殺隊に入隊する。

炭治郎は、幾度も強敵との戦いで刀を折ってしまい、刀鍛冶の鋼鐵塚蛍から刀を作ってもらえなくなってしまう。
そこで、炭治郎は鋼鐵塚に直談判するため、秘匿された刀鍛冶の里に足を延ばすことになる。そこで、夢に出てくる「耳飾りの剣士」、柱の蜜璃と無一郎、炭治郎の最後の同期である風柱の弟・玄弥と再会することができたところ、「上弦の伍」の玉壺と「上弦の肆」の半天狗が里を襲撃する。玉壺は刀鍛冶を、半天狗は剣士たちを狙う。

鳴女(なきめ)とは?

「鳴女は、鬼舞辻無惨の側近である女鬼である。彼女は長い黒髪を持ち、顔の半分を隠し、不気味な一つ目が覗いている。彼女は常に琵琶を持ち、その音色をかき鳴らしながら行動する。彼女は、十二鬼月の鬼たちからは「琵琶女」や「琵琶の君」と呼ばれている。

初登場は、無惨による下弦の鬼達の解体の際である。彼女は自身の血鬼術を使って、敗死した累以外の下弦の鬼達を無限城に召喚した。
鳴女は生粋の仕事人であるため、必要以上の会話はしない傾向にある。彼女は堕姫・妓夫太郎兄妹の敗死により、上弦の壱から伍らが無限城に召集された際も、必要最低限の会話しかせず、短く答える程度であった。ただし、無惨が去った後も上弦達が諍いを続ける中、鳴女は「早く帰ってくれないかな」と内心で思っていたことが、単行本12巻のおまけページにて判明している。

鳴女は、琵琶を持ちながら鬼滅隊の居場所を把握するなど、敵対勢力として強い存在感を示している。彼女がどのようにして無惨と出会い、側近となったのかは明らかにされていないが、彼女が鳴らす琵琶の音色は、その正体を感じさせる不気味なものとして、物語の世界観を深く際立たせている。

鬼滅の刃鳴女(なきめ)は声優は?

ミステリアスな存在である鳴女の声優は一体だれなのでしょうか?きになりますよね。

鳴女(なきめ)は鬼滅の刃立志編で初登場するも、何も言葉を発することがなく、無限列車編、遊郭編も登場がなく、いよいよ刀鍛冶の里編にて本格的に登場します。
鳴女の声優は誰がせんじているのでしょううか?

2023年2月3日に行われた映画「鬼滅の刃上弦集結~そして刀鍛冶の里編~」にて鳴女(なきめ)に声優発表がありました。

鳴女の声優には、人気声優の井上麻里奈(井上麻里奈)さんになることが発表されました。

井上真里奈さんはmコゼットの肖像(コゼット・ドーヴェルニュ)にていきなりヒロイン役と務めたことで有名になった声優さんです。

代表作は、進撃の巨人のアルミン、呪術廻戦に登場する禪院真依(ぜんいんまい)、ヒロアカの雄英高校1年A組のやおよろずもも、チェンソーマンのデンジ幼少期など有名作品に数多く出演しています。

上弦の壱の黒死牟役は、置鮎龍太郎、上弦の伍(ご)・玉壺(ぎょっこ)を鳥海浩輔さんがそれぞれ演じることが発表されました

2023年2月3日発表!鬼滅の刃上弦の声優一覧

上弦の鬼 声優
始祖の鬼 舞辻無  関俊彦
上弦の壱 黒死牟  置鮎龍太郎(2023年2月3日発表)
上弦の弐 童磨 宮野真守
上弦の参 猗窩座 石田彰
上弦の肆 半天狗 古川登志夫(2023年2月3日発表)
上弦の鬼伍 玉壺 鳥海浩輔(2023年2月3日発表)
上弦の鬼陸 妓夫太郎 逢坂良太
上弦の鬼陸 堕姫 沢城みゆき
琵琶湖の女 鳴女 井上麻里奈(2023年2月3日発表)

鳴女声優・井上真里奈プロフィール

声優名 井上麻里奈(いのうえまりな)
愛称 マリーナ
出身地 東京都
生年月日 1985年1月20日(やぎ座)
血液型 AB型
配偶者 なし
所属事務所 青二プロダクション
配偶者 竹達彩奈(結婚記念日)
音楽活動 なし
デビュー作 コゼットの肖像(コゼット・ドーヴェルニュ)
受賞歴 なし

井上麻里奈代表キャラ

  • <進撃の巨人>アルミン・アルレルト
  • <呪術廻戦>禪院真依
  • <僕のヒーローアカデミア>八百万百
  • <スマイルプリキュア>緑川なお/キュアマーチ

 

井上麻里奈さんは、1985年1月20日生まれ、東京都出身で、現在は青二プロダクションに所属しています。

井上麻里奈さんは数々の有名アニメ作品で主要キャラクターを演じています。代表作としては、『図書館戦争』の笠原郁、『スマイルプリキュア!』の緑川なお/キュアマーチ、『進撃の巨人』のアルミン・アルレルトやナレーション、『境界のRINNE』の真宮桜、『天元突破グレンラガン』のヨーコ・リットナーなどが挙げられます。

彼女の声優デビューは、2004年にソニーミュージックSDグループ声優オーディションでグランプリを受賞したことから始まります。当時、大学1年生だった彼女は、2,000人の応募者の中から見事に選ばれました。

デビュー作品は、新房昭之監督のOVA『コゼットの肖像』で、ヒロインのコゼット・ドーヴェルニュ役を演じました。その後、数々のアニメ作品で重要な役割を演じることになり、彼女の名前は一気に知られるようになりました。

井上さんの音域は、GからCまでと幅広く、彼女は声優を目指した理由について「男役をやりたかったから」と語っています。実際に、高校時代の演劇では男役を演じることが多かったそうです。

デビュー前は、「1,2年次はアルバイトをして貯金をし、3,4年次で声優の専門学校へ通うこと」を考えていたそうですが、オーディションを受けたことで自分の実力を知り、最終審査の前段階で合格し、グランプリに選ばれることになりました。

鳴女声優

鬼滅の刃各編 鳴女
鬼滅の刃編 ×登場なし
竈門炭治郎 立志編 ×登場なし
無限列車編/劇場版無限列車編 ×登場なし
遊郭編 ×登場なし
上弦集結、そして刀鍛冶の里へ ×登場なし
刀鍛冶の里編 声優・井上麻里奈

鳴女声優代表作・進撃の巨人

『進撃の巨人』は、壮大なスケールと深い物語が魅力のダーク・ファンタジー漫画です。巨人という恐怖の存在に立ち向かい、人類が生存圏を築いた世界観は、物語の舞台となる壁内での人間ドラマと見事に絡み合っています。物語は主人公のエレン・イェーガーが母親を巨人に殺され、巨人を憎む心を胸に訓練兵団に入団し、巨人に立ち向かう過程を描いています。

物語は、ウォール・マリア南端のシガンシナ区で生活する少年エレン・イェーガーと、彼の幼馴染であるミカサ・アッカーマン、そして親友のアルミン・アルレルトを中心に展開する。エレンは、壁外の世界に憧れ、壁外調査へ出られる調査兵団への入団を夢見ていた。しかし、壁外調査は多数の死亡者を出すことから、彼の母カルラやミカサには入団を反対される。

物語は、845年、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によってシガンシナ区の扉が破られ、巨人の群れが壁内に侵入したことから始まる。ウォール・マリアは放棄され、人類の活動領域はウォール・ローゼまで後退することになった。エレンは、母カルラを巨人に捕食され、故郷と夢を奪われ、巨人の駆逐を決意し、ミカサ、アルミンと共に第104期訓練兵団に入団する。

鳴女声優・アルミン役

アルミン・アルレルトは、漫画『進撃の巨人』およびそれを原作としたテレビアニメの登場人物である。彼は濃く太い眉毛、やや丸めの鼻、耳が隠れるボブカットの金髪碧眼の少年で、アニメでは冒頭や次回予告での語り部を担当している。

彼はエレンとミカサの幼馴染で、彼らと同じくシガンシナ区で生まれ育った。彼の祖父が外界について記された蔵書を隠していたことがエレンが外の世界に憧れるきっかけとなり、以来、エレンとアルミンは同じ夢を抱いている。

アルミンは理知的で探究心に富んでおり、「人類はいずれ外の世界へ行くべき」という考えを持っている。この思想故か、町の少年たちから虐められることが多く、幼い頃からエレンとミカサに助けられていた。彼の両親(アニメでは祖父)は巨人侵攻の翌年に敢行された領土奪還作戦に従軍し、死亡している。彼はこの作戦を実行した王政と憲兵団を恨み、エレンとミカサと共に訓練兵団に入団した。

アルミンは体格はやや小柄で体力に乏しく、身体能力は高くない。しかし、彼は立体機動装置を扱う兵士であり、原作では腹筋がバキバキに割れている描写がある。彼は堅固な意志を持ち、内罰的な一面を持つが、活発さに欠ける性格を自覚している。また、幼い頃からいつもエレンとミカサに守られていたため、自分は無力で二人にとって足手纏いになっているという劣等感を抱え込んでいた。

井上麻里奈に演じてほしい鬼滅の刃キャラ

「呪術廻戦」は、呪術師たちが呪いと戦う、ダークファンタジー・バトル漫画です。人間の負の感情から生まれる化け物・呪霊を、呪術を使って祓うために、主人公の虎杖悠仁と彼の仲間たちが戦います。
「呪術」とは、古来より練磨された人間が呪いを祓うための手法の総称であり、「呪力」と呼ばれる人間の負の感情から漏れ出すエネルギーを使用して発動します。また、呪術師たちが使用するのが「術式」と呼ばれる技であり、これは呪術師や呪詛師、呪霊が使用する、呪術の技のことを指します。

「呪術師」と呼ばれる化け物・呪霊を祓うため、常人離れした身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁が呪物「宿儺の指」を食べたことで、特級呪物・両面宿儺が復活してしまう。虎杖は呪術師の伏黒恵と共に、校舎に取り残された先輩を救おうとするが、窮地に追い込まれてしまう。そこで虎杖は、力を得るため自ら「宿儺の指」を食べたことで、死刑を宣告されてしまう。しかし、五条の提案により、死ぬ前にすべての「宿儺の指」を食べる猶予が与えられることになり、虎杖は都立呪術高専に入学し、呪術師としての人生をスタートすることになる。

鳴女声優・禪院真依役

であり、姉である禪院真希とは容姿が瓜二つであるが、性格は対照的である。真依は皮肉屋で毒舌家であり、作者からは「ナチュラルボーン煽リスト」と評されるほど煽りの天才である。
一方、真希は女性らしい口調で穏やかであり、性格は真依とは対照的。

真依は生まれつき術式と呪力を持っていたが、呪力量が少ないため、基本的には銃などの武器に呪力を籠めて打ち出すことしかできなかった。彼女は禪院家では真希と共に落ちこぼれ扱いをされ、徹底的に冷遇されてきた。真依は一見すると自信家で挑発的であるが、実際にはネガティブで繊細な性格であり、強気や毒舌は、自分を奮い立たせるためのものに過ぎなかった。

一方、仲間への情は非常に厚く、身を危険にさらしてでも仲間を助けようとする強い信念を持っている。
真希に対しては強い敵意を抱いているが、本心から嫌っているわけではなく、複雑な思いを抱えていることがある。幼い頃は真希と仲が良かったが、彼女が家を出て行ってしまったことから、彼女のことを恨むようになった。真希に対しては、彼女が呪術師になって一族を見返すことになったことに対する恨みもあるようである。

井上麻里奈に演じてほしい鬼滅の刃キャラ

井上麻里奈さんが鬼滅の刃に鳴女(なきめ)役がきましたが、ネット上では、他のキャラも演じてほしいといった書き込みがあるようです。

井上麻里奈さんに演じてほしい鬼滅の刃情報を公開致します。

宇髄天元のお嫁さん

鬼滅の刃、遊郭編のメインキャラのひとりが、鬼滅隊の音柱・宇随天元(うずいてんげん)ですが、宇随には3人のお嫁さんが登場します。

メインキャラは鬼滅の刃ではきまっているため、井上麻里奈さんが声優出演するとすれば、まだきまっていない上弦の鬼かサブキャラのどちらかになります。

宇随天元のお嫁さんは、雛鶴(ひなずる)、まき、須磨(すま)の3人になります。

井上麻里奈さんは、進撃の巨人のアルミン、呪術廻戦の禪院真依(ぜんいんまい)、ヒロアカ(僕のヒーローアカデミア)の八百万百(やえおろずもも)役などどちらかというと品がよい女性を演じているケースが多々あります。

そうかんがえると、宇随天元のお嫁さんは、雛鶴(ひなずる)、まき、須磨(すま)うち須磨(スマ)が可能性が高いかもしれません。

上弦の鬼だき

井上麻里奈さんが鬼滅の刃に出演するとしたら、可能性があるのが上弦の六の鬼、だきです。

だきは、鬼滅の刃遊郭編に出てくる上弦の陸(ろく)の鬼で、兄の牛太郎(ぎゅうたろう)と一心同体のキャラです。

性格は悪く、サディスティックな生活をもつ一方で美しさに懸ける執着も相当なものがあるキャラです。一見、冷酷非道な印象をもちますが、兄である牛太郎にたいしては、甘えたりするしぐさがあります。

井上麻里奈さんは、アルミンで鳴らした叫ぶシーンなど、だきとかぶり声優の可能性はあると思います。>だき声優情報はこちら

 

 

-鬼滅の刃声優

Copyright© 声優ノート , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.