声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

声優ノート

声優

大塚剛央キャラ一覧・経歴や代表作を合わせて紹介

更新日:

声優の大塚剛央さんは、1992年10月19日に生まれ、東京都出身の若手声優さんです。所属事務所はアイムエンタープライズ。大塚剛央さんは2020年3月8日には第14回声優アワードで新人男優賞にノミネートされました。彼の魅力は落ち着いた安定感のある声と、演技力に定評があることです。彼の活躍には注目が集まっています。

ここでは、大塚剛央キャラ一覧を紹介致します

声優・大塚剛央


大塚剛央さんは落ち着いた安定感があり、演技力には定評がある声優さんです。大塚剛央さんが声優を目指すきっかけは、母親がゲーム好きだったことによる影響で、中学生の頃から声優の存在に意識を向けるようになり、高校生の頃には深夜アニメを観て本格的に声優を目指すようになったようです。

大学4年生の時には就職活動をしていましたが、自分が本当にやりたいことについて考えた結果、声優の道に進むことを決意。2018年には劇場版アニメ『詩季織々』の「上海恋」でアニメ初主演を果たし声優としての道を選んだようです。

<大塚剛央キャラ>推しの子・星野アクア

声優の大塚剛央さんは推しの子のヒロインでもある星野アクアとして出演しています。

大塚剛央さんは、人気アニメ推しの子声優星野アクアで出演しています。星野アクアはアニメ「推しの子」の主人公であり、星野アイの息子で星野ルビーの双子の兄です。前世では星野アイ推しの産科医、雨宮吾郎。転生者としての彼は、前世の記憶を引き継いでいます。彼はアイドル星野アイの殺害に父親が関与している可能性を推測し、復讐を誓います。

「推しの子」は、赤坂アカさんの原作、横槍メンゴさんの作画によるサスペンス漫画です(推しの子最新刊)。芸能界を舞台に、主人公が彼の「推し」だったアイドルの子供に転生し、母の殺害と秘密の解明を目指して芸能界に進出します。。
>推しの子見逃し配信はこちら

<大塚剛央キャラ>風が強く吹いている・蔵原走〈カケル〉

声優の大塚剛央さんは風が強く吹いている・蔵原走〈カケル〉として出演しています。

蔵原走(カケル)は寛政大学社会学部1年生で、新生活の費用を使い果たし住む場所もなく困っていたところ、清瀬灰二に竹青荘への誘いを受けます。彼は純粋で意志の強そうな目を持ち、ストイックな陸上ランナーとして評されています。

陸上の才能に恵まれながらも、彼は日々のトレーニングの成果として考えています。経験が乏しく感情の表現や理解に苦労しており、仙台城西高校の陸上部との空気に馴染めず、孤立していきます。しかし、自主トレーニングを続け、竹青荘の自由な雰囲気に影響を受け始めます。また、同学年の勝田葉菜子に一目惚れしているが、自覚するまで時間がかかります。

「風が強く吹いている」は、原作・三浦しをんによる箱根駅伝を舞台にした小説です。物語は箱根駅伝をテーマにし、4年生の清瀬灰二と1年生の蔵原走という2人の主人公を中心に展開しています。清瀬は走者チームの主将であり、蔵原は驚異的な脚力を持つが未熟な存在です。

この作品は2006年に新潮社から刊行され、2019年時点で累計58万部を売り上げました。さらに、第1回ブクログ大賞文庫本部門で大賞を受賞しました。また、2018年からは全23話のテレビアニメ版も放送され、大ヒットとなりました。

<大塚剛央キャラ>もののがたり・岐兵馬

声優の大塚剛央さんはもののがたり・岐兵馬として出演しています。

岐兵馬は青年であり、賽眼に所属する組織の一員です。彼は岐家の出身であり、次期当主として期待されています。幼少の頃、兄と姉を付喪神によって目の前で惨殺された経験があります。この付喪神は本来は保護すべき存在であり、騙し討ちによって2人を殺害したのです。

そのため、彼は付喪神を忌み嫌い、発見するとすぐに封印すべきだと考えています。彼は武士のような性格で、生真面目かつ礼儀正しく、真っ直ぐで頑固な一面もありますが、同時に一本気で意志の強さを持っています。

「もののがたり」とは、オニグンソウによる漫画作品です。物語は、古くなった道具に魂が宿る付喪神たちとの共同生活を描いています。この物語では、京都に住む特例付喪神の6人が、ある少女・長月ぼたんの家族として共存することになります。

<大塚剛央キャラ>乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です・リオン・フォウ・バルトファルト

大塚剛央声優の大塚剛央さんは乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です・リオン・フォウ・バルトファルトとして出演しています。

リオン・フォウ・バルトファルトは、日本の社会人として生きていた男性ですが、その後突然体調を崩してアパートの階段から転落死してしまいます。

アルトリーベの世界の貧乏貴族、バルトファルト側室の次男として生まれ変わり、5歳の時に前世の記憶を思い出します。リオンの人生は、運命のいたずらと因縁が交錯しながら進んでいくことでしょう。彼の物語には感動と成長が待っています。

三嶋与夢による原作のライトノベル「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」は、乙女ゲームのモブキャラクターに転生した主人公が主人公がストーリーを展開しています。主人公はゲームの知識を活かしながら、女尊男卑の世界に立ち向かい、運命を変えていく姿が描かれています。

この作品は「小説家になろう」で投稿され、2018年からGCノベルズから書籍版が刊行されています。さらに、2020年には「このライトノベルがすごい!」の単行本部門で8位にランクインしました。そして、2022年4月からはテレビアニメとしても大ヒットしています。

<大塚剛央キャラ>NOBLESSE -ノブレス-・タキオ

大塚剛央声優の大塚剛央さんはNOBLESSE -ノブレス-・タキオとして出演しています。

タキオはRKのNO.2であり、スナイパーです。彼は初登場時、ユニオン内のチーム『DA-5』の一員として活躍しました。紫色の腰よりも長いポニーテールと、切れ長で薄い水色の目が特徴です。身長は高く、筋肉質な体型をしています。左耳にはリングピアスを身に着けています。

ユニオンによる身体の強化と強力な武器を使いこなし、素早い動きと遠距離からの狙撃が得意です。彼はライフルや拳銃など、銃器全般を使います。

韓国のウェブトゥーン「NOBLESSE -ノブレス-」は、原作・Jeho Son、作画・Kwangsu Leeによって制作されました。この作品は「NOBLESSE」と呼ばれる特殊な力を持つ「貴族」と、謎の組織「ユニオン」の改造人間たちの戦いを描いたダーク・ファンタジーアクション作品です。和訳版は2017年から『LINEマンガ』で配信され、2020年10月から12月まで大ヒットとなりました。

<大塚剛央キャラ>Dimensionハイスクール・緑ヶ丘流星

大塚剛央声優の大塚剛央さんはDimensionハイスクール・緑ヶ丘流星として出演しています。

緑ヶ丘流星は次元高校3年生の生徒です。彼は優秀な成績を誇り、「テニスの殿下様」と呼ばれるほどの実力を持っています。かつてはテニス部部長でしたが、けがをきっかけに辞めてしまいました。彼は白山を嫌っているが、桃谷を慕っており、彼の授業を大切に受けています。彼はプライドを取り戻すために試練に立ち向かい、10年後には次元高校の物理教師として桃谷の後を継ぎます。彼の性格も変化し、他の仲間との関係も親密になっています。

「Dimensionハイスクール」は、アスミック・エース・ポリゴンマジックによるテレビアニメ作品です。声優と2.5次元俳優が共演し、超次元革命アニメとして展開されています。物語は男子高校生たちが「次元(Dimension)」を超え、アニメの世界へ飛ばされる学園ファンタジーを描いています。2019年に放送され、多くの視聴者から支持を受けました。

<大塚剛央キャラ>AIの遺電子・須堂光

大塚剛央声優の大塚剛央さんはAIの遺電子・須堂光として出演しています。

須堂光は須堂新医院の院長であり、ヒューマノイド専門医として人間の診察と治療、さらには人間へのインプラント手術も行う総合病院です。彼は髪が白く、幼少時は免疫が弱く病気がちでした。彼はヒューマノイドの母親に育てられ、母親は自身の人格コピーを販売し、現在は重罪で服中です。須堂の目的は、母親のコピー人格を見つけることでもあります。

「AIの遺電子」は、山田胡瓜氏によるSF漫画の原作です。物語は近未来が舞台であり、人間、ヒューマノイド、ロボットが普通に存在する世界が描かれています。主人公は人間の医者であり、ヒューマノイドの治療に携わることになります。この作品では、人間とヒューマノイドの考え方の違いによって生じる問題がテーマとなっています。

この作品は「週刊少年チャンピオン」で連載され、2017年の文化庁メディア芸術祭マンガ部門で優秀賞を受賞しました。また、2023年7月からはテレビアニメとして放送される予定であり、既に人気作品となっています。

<大塚剛央キャラ>『SYNDUALITY』(シンデュアリティ)・カナタ

大塚剛央声優の大塚剛央さんは『SYNDUALITY』(シンデュアリティ)・カナタとして出演しています。

カナタはロックタウンで暮らす青年であり、ドリフターの見習いです。彼はガラクタ漁りや旧文明の遺産の回収によって生計を立てており、将来的には一人前のドリフターになることを夢見ています。探検と冒険の魅力に魅了され、未知の世界や謎に包まれた遺跡の探索に情熱を注いでいます。

『SYNDUALITY』(シンデュアリティ)」は、原作・バンダイナムコエンターテインメント/バンダイナムコフィルムワークス/BANDAI SPIRITSによる新規大型SFプロジェクトであり、テレビアニメーション作品です。。物語は浴びれば死に至る猛毒「ブルーシスト」の雨が降り注ぎ、大災禍「新月の涙」が起こった荒廃した世界を舞台にしています。

物語は西暦2242年を舞台にしており、記憶を失ったまま眠りについたメイガスが2023年に目覚めます。この作品はテレビ東京を含む複数の放送局で放送予定であり、大ヒットとなることが期待されています。

<大塚剛央キャラ>山田くんとLv999の恋をする ・漆黒のアクア

声優の大塚剛央さんは山田くんとLv999の恋をする ・漆黒のアクアとして出演しています。

漆黒のアクアはプロゲーマーチーム、REDFOXのメンバーです。彼は特徴的な口上と陰気な雰囲気を持つ男性で、チーム内でも他のメンバーからは理解されていませんが、ゲーム内ではスナイプや火炎瓶などの攻撃手段を駆使し、敵を確実に抹殺します。

さらに、ゲーム外ではログイン状況の監視やコメント欄の撹乱によって相手チームを追い詰める割を果たしています。彼の冷静な判断力と高い殺意はREDFOXチームの戦術に不可欠な要素となっています。漆黒のアクアの存在はチームに独自の雰囲気を与えており、彼のプレイスタイルはチームの勝利に大きく寄与しています。

ましろ氏による原作のラブコメ漫画「山田くんとLv999の恋をする」は、彼氏に浮気されて振られた茜が主人公です。

連載は2019年3月7日から『GANMA!』(コミックスマート)で行われており、単行本の累計発行部数は2022年12月時点で200万部を超えました。また、2020年8月には「次にくるマンガ大賞 2020」のWebマンガ部門で9位に選ばれるなど、大ヒット作品となっています。

<大塚剛央キャラ>ハイキュー!! 陸 VS 空・潜尚保

1月22日発売のOVA『ハイキュー!! 陸 VS 空』に潜尚保で出演させていただいております!
是非よろしくお願いします!#ハイキュー #hq_anime https://t.co/kf9KXYoBAM

— 大塚剛央 (@TakeoooOtsuka) November 19, 2019

声優の大塚剛央さんはハイキュー!! 陸 VS 空・潜尚保として出演しています。

戸美学園男子排球部のスパイカー、潜尚保は髪形の問題に悩んでいます。最近、髪形が不まじめだと先生たちに叱られることがあり、彼の特徴的な髪型が悩みの種となっています。一方で、監督からは「髪形は気合が入っていて素晴らしい!」と褒められたものの、寝癖が解消できないと答えています。つまり、彼はあの人と同じ髪型をしているのです。

大将は「潜に熱血を求めても無駄だ」と言っていますが、彼は実は無気力な一面を持っているのでしょう。試合後には悔しそうな表情を見せますが、それ以外の場面ではガッツポーズをしたり、冷静な態度を保っています。

原作・古舘春一による「ハイキュー」は、日本の漫画作品で、高校バレーボールを題材にしています(ハイキュー最新刊)。2011年に読切版が掲載され、その後2012年から2020年まで週刊少年ジャンプで連載されました。コミックスの累計発行部数は5500万部を誇り、2014年からはアニメ化もされています。

>ハイキュー見逃し配信はこちら

<大塚剛央キャラ>薬屋のひとりごと・壬氏(ジンシ)

声優の大塚剛央さんは薬屋のひとりごと・壬氏(ジンシ)として出演しています。

アニメ「薬屋のひとりごと」で大塚剛央さんが演じたのは、壬氏(ジンシ)です。彼は後宮の管理を担当する美しい宦官であり、その容姿は「天女の微笑み」「花の顔」と称されるほどの魅力を持っています。

壬氏(ジンシ)は物語の中でも重要であり、謎めいた要素も含まれています。壬氏は公称24歳と若く見えますが、実年齢はさらに若いようです。外見に反して彼の性格は粘着質で、目的のためには手段を選ばずに使いましょう。

「薬屋のひとりごと」は、日向夏によるオンライン小説、ライトノベル作品。架空の中華風帝国を舞台にしたミステリー、ファンタジー、ラブコメ小説です。作品は2023年2月時点で全シリーズ累計部数2100万部を突破

<大塚剛央キャラ>アイドルマスター SideM・眉見鋭心

大塚剛央さんはアイドルマスター SideM・眉見鋭心として出演しています。

「アイドルマスターSideM GROWING STARS 新作発表会」で発表された「元生徒会長アイドル」眉見鋭心。文武両道で冷静勇敢、全生徒の憧れの生徒会長。他人と距離を置く傾向があり、仕事では子供相手にもノリが良く、年相応な一面も。灰緑色の詰襟が特徴の剣羽高校生。俳優の両親から芸能界期待されるが、祖父母は自由な生き方を望み反対していた。

「アイドルマスター SideM(眉見鋭心)」は、バンダイナムコエンターテインメントが展開する「THE IDOLM@STER」をモチーフにしたメディアミックス作品。プレイヤーは49人のアイドルカードを集めて育成し、アイドルプロデュースゲームを楽しむ。オリジナルキャラクター45人と「Jupiter」の3人、さらに秋月涼も登場する。アイドルはフィジカル・インテリ・メンタルの3つの属性に分かれており、親交を深めると彼らのエピソードを閲覧できる。声優は各メディアで共通の配であり、舞台版では俳優が担当する。

<大塚剛央キャラ>ぼくらの7日間戦争・本庄博人

大塚剛央声優の大塚剛央さんはぼくらの7日間戦争・本庄博人として出演しています。

紗希の幼馴染であり、成績優秀な本庄博人は、内心では紗希を罵倒している。最初はキャンプに対して冷淡な態度を示すが、徐々に打ち解けていく。彼は守達と同じクラスであり、弁護士を目指す秀才だ。しかし、紗希の強引な誘いで守のキャンプに連れて行かれることになる。

「ぼくらの7日間戦争(本庄博人)」は、宗田理による文庫書き下ろし小説のアニメ化作品。物語は原作から約30年後の2020年を舞台に、若者たちが戦う「7日間戦争」を描いています。宗田理は、再映画化の条件として「大人への挑戦」と「ユーモラスな戦い」を要求し、快諾されました。2019年12月13日に公開され、大ヒットとなりました。

<大塚剛央キャラ>詩季織々・リモ

大塚剛央声優の大塚剛央さんは詩季織々・リモとして出演しています。

建築設計士のリモは幼馴染のシャオユに思いを寄せていたが、彼女は遠くの一流校に引っ越すことになり、2人は離れ離れになる。現代、仕事に行き詰まったリモが引っ越しの際にシャオユとの思い出のカセットテープを見つけるが、彼女の行方は分からない。

「詩季織々」は、李豪凌総監督による日中合同アニメ映画。コミックス・ウェーブ・フィルムと絵梦が制作。北京で働くシャオミンは、青春と愛を衣食住に結びつけたアイデアに心惹かれる。ある雨の朝、故郷やビーフンの味に思いを馳せる。祖母との田舎での暮らしや憧れの少女との出会いなどの思い出に、温かいビーフンの味があった。しかし、北京の冷たさと大量生産されるビーフンに違和感を感じていたシャオミン。

<大塚剛央キャラ>ファイナルファンタジーXVI・ジョシュア・ロズフィールド

大塚剛央声優の大塚剛央さんはファイナルファンタジーXVI・ジョシュア・ロズフィールドとして出演しています。

ジョシュア・ロズフィールドはクライヴの弟であり、高貴な出自にもかかわらず、他人に優しく接する心優しい少年です。体が弱いため武勇には恵まれず、書を好んでいます。ドミナントとしての能力を持ちながらも体力に制約があり、戦いでは火炎や回復の魔法を使いますが、体調が優れないことが多いです。自分よりもクライヴの方が相応しいと思いつつも、クライヴに導かれて自らのドミナントとしての意識を目覚めさせます。後に不死鳥教団に保護され、アルテマの正体と目的を調査する旅に出ます。

「ファイナルファンタジーXVI」は、2023年6月22日にスクウェア・エニックスから発売されたPlayStation 5(PS5)用のゲームソフト。アクションRPGであり、舞台は「ヴァリスゼア」と呼ばれる世界。ファイナルファンタジーシリーズのナンバリングタイトル第16作目で、「クリスタルの加護を断ち切るための物語」というキャッチコピーが付けられています。

<大塚剛央キャラ>水星の魔女・ラウダ・ニール

大塚剛央声優の大塚剛央さんは水星の魔女・ラウダ・ニールとして出演しています。

アスティカシア高等専門学園パイロット科の3年生、ラウダ・ニールはジェターク寮の副寮長でしたが、物語の進行に伴い様々な職に変わりました。ヴィム・ジェタークの次男であり、兄のグエルとも仲が良く信頼しています。冷静かつ理知的な性格で、癖の一つとして前髪を弄る仕草があります。彼は私情を挟まず指示に従い行動する信頼できる存在です。一方で、下流スペーシアンやアーシアンに対して蔑視の態度を見せていますが、恩義があれば礼節を持って接する一面もあります。

「機動戦士ガンダム 水星の魔女」は、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(第2期)以来5年ぶりの新作。他のガンダムシリーズとは独立した世界観で展開され、A.S.時代の宇宙進出を描きます。主人公の少女がベネリットグループが運営するアスティカシア高等専門学園に編入し、物語が進んでいきます。2022年10月2日から2023年1月8日まで放送され、Season2は2023年4月9日より放送中。注目作です。

<大塚剛央キャラ>ファビュラスナイト・ギルガメッシュ

大塚剛央声優の大塚剛央さんはファビュラスナイト・ギルガメッシュ として出演しています。

「神」と称されるギルガメッシュは、CLUB「クロノスタシス」のNo.1ホストだ。ミセランドでは彼のことを知らない者はいない。彼はストイックで、いつも完璧な態度を貫く。カンパネラグループの亡き会長ドンカンパネラから絶大な信頼を寄せられ、後継者として期待されている存在だ。

「ファビュラスナイト」は、Rejetとマーベラスによる女性向けプロジェクトです。不夜城「ミセランド」を舞台に、15人の美しいホストたちが最高のホストを目指して競い合う二次元ホスト音楽原作コンテンツです。音楽やゲーム、声優によるライブなど、幅広いメディアで展開しており、魅惑的な音楽や映像、究極の口説きセリフ、オンラインイベントなどを通じて、女性の皆様を楽園へと誘います。

-声優

Copyright© 声優ノート , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.