声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

声優EXPRESS

声優

河西健吾チェンソーマン声優は黒瀬ユウタロウ?代表作を紹介

投稿日:

「チェンソーマン」は、藤本タツキによる人気の日本の漫画作品です。第1部「公安編」は『週刊少年ジャンプ』で連載され、第2部「学園編」は『少年ジャンプ+』で連載中です。累計発行部数は2400万部を突破し、2022年10月からはテレビアニメも放送されています。

黒瀬ユウタロウは「チェンソーマン」の登場人物で、京都公安に所属するデビルハンターです。特徴的な切り傷が鼻の上から左頬にあります。彼は関西訛りがありますが、東京では訛りを抑えようとします。契約悪魔は「罰の悪魔」で、銃の悪魔への復讐を諦めています。

黒瀬ユウタロウ声優は一体だれなのでしょか?
気になりますよね。ここでは、黒瀬ユウタロウ声優情報をお届けします。

チェンソーマン作品概要

チェンソーマンは一体どんな作品なのでしょうか?

「チェンソーマン」は、藤本タツキによる人気の日本の漫画作品です。第1部「公安編」は『週刊少年ジャンプ』で連載され、第2部「学園編」は『少年ジャンプ+』で連載中です。累計発行部数は2400万部を突破し、2022年10月からはテレビアニメも放送中のヒット作です。

「チェンソーマン」は、デンジという少年が「チェンソーの悪魔」の力を手に入れ、悪魔を駆逐するデビルハンターとして活躍するアクション漫画です。主人公のデンジは従来のヒーロー像から一線を画し、「ダークヒーロー」として描かれています。作品は凶暴で過激な演出や衝撃的な展開が特徴であり、悪魔によって人間が害される世界を舞台にしています。

デンジは極貧の少年であり、借金返済のためにデビルハンターの仕事で悪魔を駆除して生計を立てています。彼はチェンソーの悪魔であるポチタと共に活動しており、ポチタはデンジの父が遺した借金を返すためにデンジと契約しています。

ある日、デンジは仕事の斡旋役であったヤクザに裏切られ、ゾンビの悪魔によって殺されます。しかし、ポチタはデンジの血を飲むことで彼を生き返らせ、デンジと合体してチェンソーの悪魔へと変身します。彼はゾンビの集団を駆逐し、その活躍を見た公安のデビルハンター・マキマにスカウトされます。

このようにしてデンジはデビルハンターとしての力を発揮し、過酷な戦いに立ち向かっていきます。作品はダークで壮絶な世界観やキャラクターの成長、緻密なアクション描写などが魅力であり、多くの読者を惹きつけています。

<チェンソーマン>黒瀬ユウタロウはどんなキャラ?

黒瀬ユウタロウは一体どんなキャラなのでしょうか?

黒瀬ユウタロウは、「チェンソーマン」の登場人物で、京都公安に所属するデビルハンターです。彼は鼻の上から左頬にかけての切り傷が特徴で、関西訛りを持ちながらも東京では訛りを抑えようとします。彼の契約悪魔は「罰の悪魔」で、銃の悪魔への復讐を諦めています。最初は早川アキに不快感を抱いていましたが、後に彼を激励しています。黒瀬はかつてサッカー部に所属しており、友人の友野ともその頃出会ったようです。

具体的な経験は不明ですが、黒瀬は銃の悪魔によって兄を食い殺されたと語っています。京都公安では実力者のスバルの指導を受け、天道とバディを組んで活動していました。後に上京し、早川アキと契約を結び、「未来の悪魔」として活動します。

黒瀬は当初は復讐を諦めていましたが、アキの執念に触発され、銃の悪魔討伐に変わらず取り組んでいます。彼の死後も悲劇は続き、遺体が模倣されたり、マキマに利用されるなど苦難の連続です。しかし、彼は面倒見の良い一面も持ち、アキに忠告を送るなど心配りも見せます。また、プライベートでは恋人のミサと充実した時間を過ごしており、友人の天道と友野との楽しい思い出もあります。

黒瀬と天童はマキマの指示でテロリストグループの対応に取り組みますが、マキマの契約悪魔を知ることが許されないため、目隠しをされています。

<チェンソーマン>黒瀬ユウタロウ声優は一体誰?

黒瀬ユウタロウ声優は一体誰なのでしょうか?

チェンソーマンは、原作が非常に人気があるめ、黒瀬ユウタロウさんの声優が誰になるのか?様々な予想、憶測がありました。チェンソーマン公式サイトにて黒瀬ユウタロウの声優を詳しく調査しました。

黒瀬ユウタロウ声優は河西健吾さんが担当していました。

河西健吾さんは、黒瀬ユウタロウ声優以外にも数多くの人気作品に出演している人気声優さんです。

<黒瀬ユウタロウ声優>河西健吾

黒瀬ユウタロウ声優・河西健吾さんは、一体どんな声優さんなのでしょうか?

河西健吾さんは、日本を代表する声優であり、1985年2月18日生まれです。彼はマウスプロモーションという所属事務所に所属しており、大阪府出身です。彼は『3月のライオン』の原作者である羽海野チカから「輝く闇のような声」と評価されています。中性的なハイトーンボイスが彼の特徴です。

また、羽海野チカからは輝く闇の声と厨二チックな評価も受けています。彼の声質は石田彰と似ていると言われることもありますが、本人は石田のように個性的な役者を目指したいと考えています。

彼は2005年にアミューズメントメディア総合学院の声優学科を卒業しました。子供の頃からアニメやゲームが好きであり、高校がエスカレーター式だったにも関わらず、大学に進学して勉強をすることに疑問を抱きました。

「自分はこれで大丈夫なのか」と思い、エンターテイメントの世界で面白いことができるのではないかと考えました。絵や文章を書くことが得意ではなかったため、役者の道が自分に合っていると感じたのです。

声優を目指したきっかけは、高校の進路相談で就職か進学かで迷っていた時に、普通のレールに乗るような生き方が嫌だという理由から、アニメやゲームに関われる声優の仕事をしたいと考え、アミューズメントメディア総合学院の声優学科に入学しました。

アルバイト生活をしながら吹き替えの主役などでキャリアを積み、『スターにアイ・ラブ・ユー』のクリストファー役で初めて主演を果たしました。また、『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』では三日月・オーガス役としてTVアニメの主人公に抜擢されました。

<黒瀬ユウタロウ声優>鬼滅の刃・時透無一郎役

黒瀬ユウタロウ声優の河西健吾さんは鬼滅の刃・時透無一郎役として出演しています。

「霞柱」として鬼殺隊の頂点に立つ時透無一郎は、最年少でありながら朧げな意志を持つ天才剣士だ。彼は入隊前の記憶を失っており、常に考え事をしている。自身の優先事項に基づき、容赦のない言動で邪魔する者に立ち向かう。

彼の性格は茫洋としており、炭治郎達の処遇には興味を示さないが、お館様の前では礼節を尽くす。彼の冷徹で合理的な思考には物言いの棘や毒舌もあるが、それは鬼殺隊の理念に基づいており、他人に悪意はない性格です。

大正時代の日本を舞台にした漫画「鬼滅の刃」は、原作・吾峠呼世晴。物語は、ある日鬼によって家族を惨殺され、妹の禰豆子を鬼に変えられてしまった主人公・炭治郎が、鬼狩りを専門とする鬼殺隊に入隊し、仲間たちとともに人々を守りながら家族の仇を討ち、さらに禰豆子を人間に戻す方法を模索していくストーリーです。

連載は2016年11号から2020年24号まで週刊少年ジャンプで行われ、その人気は爆発的でした。単行本は全23巻が発行され(鬼滅の刃最新刊)、2021年2月時点で累計発行部数は1億5000万部を突破しました。その圧倒的なヒット作として、多くの読者から支持を受けています。

>鬼滅の刃見逃し配信

<黒瀬ユウタロウ声優>東京リベンジャーズ・河田ナホヤ(スマイリー)役

黒瀬ユウタロウ声優の河西健吾さんは東京リベンジャーズ・河田ナホヤ(スマイリー)役として出演しています。

河田ナホヤ(スマイリー)は暴走族「東京卍會」の肆番隊隊長です。常に笑顔を浮かべており、「スマイリー」と呼ばれていますが、実は冷徹な性格であり、その本性を知るメンバーからは「鬼」と称されています。彼は東京卍會の創設メンバーではありませんが、実力によって数少ない隊長の地位を任されています。

特徴的なオレンジ色のアフロヘアと笑顔の裏には口の悪さが隠されています。彼は仲間を大切にし、自身よりも弱い相手との戦いを避けるという信念を持つ漢気に溢れた性格を持っています。

「東京リベンジャーズ」は、和久井健によるサスペンス漫画で、主人公は不良だった過去にタイムリープの能力を得ます。

彼は中学時代に戻り、かつての恋人の殺害を防ぐために暴走族チームとの戦いに挑みます。作品はSFとアクションの要素が組み合わさった独特の作風が特徴で、講談社の「週刊少年マガジン」で2017年から2022年まで連載されました(東京リベンジャーズ最新刊)。

累計発行部数は7000万部を突破し、第44回講談社漫画賞少年部門を受賞するなど、大きな成功を収めた作品です。

東京リベンジャーズ見逃し配信・無料動画

<黒瀬ユウタロウ声優>ハイキュー!!・矢巾秀役

黒瀬ユウタロウ声優の河西健吾さんはハイキュー!!・矢巾秀役として出演しています。

青葉城西高校の控えセッター、矢巾秀はIH宮城県予選で準優勝したチームの重要な存在です。

彼は選手層の厚いチームのベンチをまとめ上げ、初登場時からセッターとして活躍しました。そして、春高準決勝で大問題児の京谷と対決します。矢巾は、自身の複雑な思いを抱えながらも、チームのために献身的に行動します。試合中に起こったトラブルにもかかわらず、彼は京谷に心の内を語りかけ、チームの結束を高めます。矢巾の存在は、チームにとって欠かせないものであり、彼の熱い気持ちは周囲の人々に感銘を与えます。

「ハイキュー」は、古舘春一による原作の高校バレーボールを題材とした漫画作品です。

2011年に『少年ジャンプNEXT!』と『週刊少年ジャンプ』で読切版が掲載され、2012年12号から2020年33・34合併号まで連載されました(ハイキュー最新刊)。2022年8月時点で累計発行部数は5500万部を突破しています。また、2014年には第1期が放送され、2020年には第4期第2クールが放送されました。

物語は、小柄な少年・日向翔陽が偶然見た春高バレーのテレビ中継に感銘を受け、バレーボールを始めるところから始まります。烏野高校排球部に入部し、影山飛雄との「変人速攻」を編み出し、全国大会を目指す姿が描かれます。

ハイキュー見逃し配信

<黒瀬ユウタロウ声優>ブルーロック・乙夜影汰役

黒瀬ユウタロウ声優の河西健吾さんはブルーロック・乙夜影汰役として出演しています。

乙夜影汰はアシンメトリーにメッシュの入った髪型とテンションの低めな振る舞いが特徴の選手です。

彼は「ちゅーす」という口癖を連発し、独特なタイミングで挨拶をします。試合中には擬音語を発することもあります。基本的にはダウナーで気だるげなテンションですが、「アがる」「やるぅ」などの感嘆語を口にする一面もあり、乱闘する場面でも茶目っ気を見せます。

「ブルーロック」は、金城宗幸原作、ノ村優介作画の漫画作品です。物語は、2018年のFIFAワールドカップ後、日本代表がベスト16で終わったことをきっかけに、最強のエゴイストストライカーを養成する「ブルーロック(青い監獄)」プロジェクトが始まります(ブルーロック最新刊)。

この作品は、「週刊少年マガジン」で2018年35号から連載され、2023年3月時点で累計2400万部を突破しました。また、2021年5月には講談社漫画賞の少年部門を受賞し、2022年10月からはテレビアニメとしても大ヒットしました。

ブルーロック見逃し配信・無料動画

-声優

Copyright© 声優EXPRESS , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.