声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

声優ノート

呪術廻戦声優

潘めぐみは呪術廻戦に出演キャラは誰?真相はこちら。

投稿日:

「呪術廻戦」は、芥見下々による原作漫画であり、負の感情から生まれる呪霊という存在を、呪術師たちが巧みな技を用いて祓うというストーリーが展開。

この作品は、週刊少年ジャンプにて2018年14号から連載が続いています。ダークファンタジーとバトル要素を組み合わせた作品であり、シリーズ累計発行部数は7000万部を突破しました。

潘めぐみは呪術廻戦に出演しているのでしょうか?

ここでは、潘めぐみ呪術廻戦出演情報をお届け致します。

呪術廻戦のあらすじ

呪術廻戦」は、芥見下々による原作の漫画作品です。この作品は週刊少年ジャンプで2018年から連載されており、負の感情から生まれる呪霊を呪術師たちが祓う闘いが描かれています。

仙台の高校1年生、虎杖悠仁は両親を知らず、祖父に育てられました。ある日、学校で特級呪物である「両面宿儺の指」を偶然拾います。同じ時期、虎杖の祖父は「君は強いから他人を助けろ」と言い残し、この世を去りました。

その晩、病院で手続きをしていた虎杖の前に、呪術高専東京校1年生の伏黒恵が現れ、「人が死なないうちに宿儺の指を渡せ」と要求します。しかし、すでにその指はオカルト研究会の先輩の手に渡っており、封印の護符も剥がされてしまっていました。

封印が解かれた宿儺の指を取り込み、新たな力を得ようと学校には「呪い」が集まり始めます。虎杖は伏黒と共に呪いに取り込まれそうになった先輩を救いますが、伏黒は負傷し、一同は窮地に立たされます。「呪いは呪いでしか祓えない」と伏黒の言葉を聞いた虎杖は、状況を打開するために宿儺の指の猛毒を自ら呑み込んでしまいます。

本来ならば即死するはずの宿儺の指ですが、幸か不幸か虎杖は宿儺の「器」となる素質を持っており、両面宿儺がその身に宿ることとなりました。

虎杖の圧倒的なパワーによって呪いは退けられ、虎杖は宿儺の意識を抑え込むことで一時的な危機を乗り越えます。しかし、宿儺の器となったことにより、虎杖自身が討伐の対象とされてしまいます。

絶体絶命の状況に立たされた虎杖に対し、最強の呪術師であり呪術高専東京校1年の担任である五条悟は、「この場で処刑されるか」「宿儺の指20本を全て集め、取り込んでから処刑されるか」という二つの選択肢を提示します。

>呪術廻戦見逃し配信

声優・潘めぐみとは?

潘めぐみさんは、声優兼女優で、愛称はありません。彼女の生年月日は1989年6月3日であり、所属事務所はアトミックモンキーです。

彼女は東京都出身であり、声優の潘恵子さんの娘でもあります。彼女の声優デビューは2011年になり、日本テレビ系のテレビアニメ『HUNTER×HUNTER』で主人公のゴン=フリークス役に抜擢されました。これをきっかけに声優としてのキャリアをスタートさせました。

彼女はゴンのような活発な少年・少女役や気弱な男子高校生役、普通の女子高校生役、クールで上品な役、そして屈強なヒーローの役や暗いドスの利いたキャラクターなど、幅広い演技を見せることができます。

彼女は日本大学櫻丘高等学校を卒業し、2012年3月には日本大学芸術学部演劇学科を卒業しました。彼女が声優を目指すきっかけは、親交のある声優と共に出演した『HUNTER×HUNTER』での主役抜擢でした。オーディションには100人以上の参加者がいた中で、スタッフから一致した支持を受けて選ばれました。

『HUNTER×HUNTER』は彼女が子供の頃に初めて小遣いで買った漫画であり、アニメも毎回視聴し、グッズを持っているほどの熱狂的なファンでした。記者会見では感極まって涙を流したほどです。彼女自身はオーディションで主役を得ることを期待しておらず、端役でもいいから役に選ばれたいと思っていたそうです。

子供の頃から好きだった作品の主役を務めるという夢のような状況に、番組開始から3年以上経った2014年でも現実感を持てないでいることがあり、彼女は「ずっと私、眠ってるんじゃ」「夢を見てるんじゃないか」と述べています。また、2017年には第11回声優アワードで助演女優賞を受賞しました。

潘めぐみは呪術廻戦に出演している?

呪術廻戦に潘めぐみは呪術廻戦声優出演しているのでしょうか?呪術廻戦公式サイトにての声優キャストを詳しく調査しました。

潘めぐみさんは呪術廻戦に出演していませんでした。

<潘めぐみ声優>推しの子・有馬かな役

潘めぐみさんは推しの子・有馬かな役として出演しています。

潘めぐみさんが推しの子声優として出演しています。潘めぐみさんが演じていた『推しの子』のヒロイン、有馬かなはかつて天才子役として称される少女でした。しかし、天狗になりアクアアイを見下し、仕事が減ってしまいます。

彼女はアクアの演技に感銘を受け、負けを認めると同時に彼女を意識し続けました。ピークを過ぎると仕事も減り、ネット上ではオワコン子役と言われるまでになってしまいます。しかし、漫画原作ドラマのヒロインに抜擢され、アクアを推薦することで再び注目を浴びます。彼女はアクアの頼みで兄妹と同じ事務所に所属し、星野ルビーMEMちょとアイドルへの転身を決意します

赤坂アカ(原作)と横槍メンゴ(作画)による「推しの子」は、芸能界を舞台にしたサスペンス漫画です(推しの子最新刊)。

主人公はアイドル星野アイの子供に転生し、母親の殺害と正体不明の父親の捜索に奮闘します。現代の視点から芸能界とインターネットの闇を描いた作品で、『週刊ヤングジャンプ』で連載中であり、単行本の累計部数は2023年3月時点で500万部を突破しています。

>推しの子見逃し配信

<潘めぐみ声優>HUNTER×HUNTER・ゴン=フリークス役

声優の潘めぐみさんはHUNTER×HUNTER・ゴン=フリークス役として出演しています。

ゴン=フリークスはくじら島の生まれで、叔従母のミトのもとで自然に囲まれた環境で成長しました。彼は8歳の時にカイトと出会い、自然の厳しさや父親ジン=フリークスの存在を知り、ハンターに対する強い憧れを抱くようになりました。そして11歳でくじら島を離れ、父を見つけるためにハンター試験に挑戦する決意をします。ゴンは緑色がかった黒髪でツンツンと逆立った髪型、一重のどんぐり目が特徴の少年です。彼は好奇心旺盛で純粋な性格であり、直情的な一面と冷静な判断力を兼ね備えています。ゼパイルからは興味の対象に善悪の区別をつけない純粋さが危うさとなると評されました。

「HUNTER×HUNTER」は、冨樫義博氏による原作の漫画作品です。物語は主人公の少年ゴンが、父親が「ハンター」として生きていることを知り、自身も「ハンター」になるために旅立ちます。ゴンは仲間たちと共に困難な冒険を経験し、成長していきます。特に注目されるのは念能力と呼ばれる特殊能力を使った迫力のあるバトルです。作品は1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載され、2022年7月時点でシリーズ累計発行部数は8400万部を記録しています。また、2011年から2014年には日本テレビでアニメ化され、大ヒットとなりました。

<潘めぐみ声優>スキップとローファー・久留米誠役

声優の潘めぐみさんはスキップとローファー・久留米誠役として出演しています。

久留米誠は岩倉美津未のクラスメイトの女子で、地味なルックスの持ち主です。内向的な性格でチャラい人を苦手としています。しかし、美津未や聡介、結月との交流を通じて少しずつ変わり始めます。自分の内向的な性格に悩みながらも、美津未との交流を通して徐々に心が開かれていきます。生徒会での出会いや結月との関係の発展により、お互いを理解し合い、学校内での親しい関係を築くようになります。自身のオシャレや華やかな面に対する卑下も、結月の説得により前向きな姿勢へと変わっていきます。

「スキップとローファー」は、高松美咲氏による原作の漫画作品です。物語は石川県から上京した岩倉美津未が、東京の高校生活を通じて成長していく姿を描いています。美津未は故郷で「神童」と称されるほどの才能を持っており、官僚を目指す夢を叶えるために東京の高校に進学します。新しい環境に戸惑いながらも、美津未は自分らしく東京での生活に順応し、志摩聡介や江頭ミカといった新しい友人との絆を深めていきます。作品は『月刊アフタヌーン』で2018年10月号から連載され、2023年1月時点で電子版を含むコミックスの累計発行部数は100万部を突破しました。さらに、マンガ大賞2020では3位に選ばれ、2023年5月には第47回講談社漫画賞の総合部門を受賞しました。

-呪術廻戦声優

Copyright© 声優ノート , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.