声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

声優EXPRESS

女性声優

潘めぐみ代表作・有名キャラ一覧

更新日:

潘めぐみさんは、声優兼女優で、愛称はありません。彼女の生年月日は1989年6月3日であり、所属事務所はアトミックモンキーです。

彼女は東京都出身であり、声優の潘恵子さんの娘でもあります。彼女の声優デビューは2011年になり、日本テレビ系のテレビアニメ『HUNTER×HUNTER』で主人公のゴン=フリークス役に抜擢されました。これをきっかけに声優としてのキャリアをスタートさせました。

彼女はゴンのような活発な少年・少女役や気弱な男子高校生役、普通の女子高校生役、クールで上品な役、そして屈強なヒーローの役や暗いドスの利いたキャラクターなど、幅広い演技を見せることができます。

彼女は日本大学櫻丘高等学校を卒業し、2012年3月には日本大学芸術学部演劇学科を卒業しました。彼女が声優を目指すきっかけは、親交のある声優と共に出演した『HUNTER×HUNTER』での主役抜擢でした。オーディションには100人以上の参加者がいた中で、スタッフから一致した支持を受けて選ばれました。

『HUNTER×HUNTER』は彼女が子供の頃に初めて小遣いで買った漫画であり、アニメも毎回視聴し、グッズを持っているほどの熱狂的なファンでした。記者会見では感極まって涙を流したほどです。彼女自身はオーディションで主役を得ることを期待しておらず、端役でもいいから役に選ばれたいと思っていたそうです。

子供の頃から好きだった作品の主役を務めるという夢のような状況に、番組開始から3年以上経った2014年でも現実感を持てないでいることがあり、彼女は「ずっと私、眠ってるんじゃ」「夢を見てるんじゃないか」と述べています。また、2017年には第11回声優アワードで助演女優賞を受賞しました。

<潘めぐみ代表作>推しの子・有馬かな役

潘めぐみさんは推しの子・有馬かな役として出演しています。

潘めぐみさんは推しの子声優しています。潘めぐみさんは有馬かなは、『推しの子』のヒロインの一人で、かつて天才子役として有名な少女です。

しかし、天狗になり仕事を減らし、オワコン子役と呼ばれるようになりました。しかし、彼女は漫画原作ドラマのヒロインに起用され、星野アクアを推薦することで再び脚光を浴びます。アクアの頼みでアイドルに転身し、苺プロに所属し、妹の星野ルビーMEMちょとともにアイドルになることを決意します。

「推しの子」は、赤坂アカ(原作)と横槍メンゴ(作画)による芸能界を舞台にしたサスペンス漫画です。主人公は、アイドル星野アイの子供に転生し、母親の殺害と正体不明の父親の捜索に挑みます。

物語は芸能界やインターネットの闇を現代の視点から描き、魅力的なストーリーテリングとなっています。単行本は『週刊ヤングジャンプ』で連載中で、2023年3月時点で累計500万部を突破しています。

<潘めぐみ声優>HUNTER×HUNTER・ゴン=フリークス役

潘めぐみ声優の潘めぐみさんはHUNTER×HUNTER・ゴン=フリークス役として出演しています。

ゴン=フリークスはくじら島で育った少年で、幼い頃から大自然に触れながら成長しました。8歳の時に出会ったカイトから自然の厳しさや父親ジン=フリークスの存在を知り、ハンターという職業に憧れを抱くようになりました。11歳になった彼は父を見つけるためにハンター試験を受けるためくじら島を離れる決意をします。ゴンは緑色がかった黒髪で一重のどんぐり目が特徴で、好奇心旺盛な性格を持っています。彼は直情的な一面もありながら冷静さも兼ね備え、時折深層に切り込むこともあります。また、彼の純粋さは興味の対象に善悪の区別をつけず、ゼパイルからはその危うさも指摘されました。

「HUNTER×HUNTER」は、冨樫義博氏による原作の漫画作品です。物語は主人公の少年ゴンが、父親が実は生きており「ハンター」という職業に就いていることを知り、父親を探すために自身も「ハンター」となるための旅に出ます。ゴンは仲間たちと共にさまざまな困難を経験しながら成長していく様子が描かれます。作品は1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載され、2022年7月時点で累計発行部数は8400万部を突破しています。さらに、2011年から2014年まで日本テレビでアニメ化され、大成功を収めました。

<潘めぐみ声優>スキップとローファー久留米誠

久留米誠は一体どんなキャラなのでしょうか?

久留米誠は、岩倉美津未と同じクラスの女子生徒です。彼女は分厚い眼鏡と黒髪の三つ編みが特徴で、一般的には「地味な女子」と見られています。彼女は見た目通り内向的な性格であり、チャラい人たちには苦手意識を抱いています。最初は人間関係に悩んでいましたが、美津未や志摩聡介、村重結月との交流を通じて、少しずつ心が変化していきます。彼女は内向的な性格から自身が孤立してしまったことに焦りを感じていましたが、美津未との交流により、固まった性格が少しずつほぐれていくようになります[12]。美津未とは、自身を変えようとして生徒会への参加を考えた際に出会いました。また、美津未を介して自分とは正反対のタイプである結月とも出会い、最初は彼女を苦手と感じていましたが、お互いを理解し合い、徐々に接近していきます。実際に学校内では一緒に行動するほどの仲となりました。彼女は以前、オシャレや女の子らしい華やかなことに対して自身が向いていないと卑下していましたが、結月の説得を受けて前向きな気持ちを抱くようになりました。

<潘めぐみ声優>ハピネスチャージプリキュア!・白雪ひめ(キュアプリンセス)役

潘めぐみさんはハピネスチャージプリキュア!・白雪ひめ(キュアプリンセス)役として出演しています。

『ハピネスチャージプリキュア!』のキャラクター、白雪ひめ(キュアプリンセス)は、架空の小国「ブルースカイ王国」の王女で、次期女王としての役割を持つ。彼女は幻影帝国によって支配された国の亡命者であり、キュアプリンセスに変身して戦う。白雪ひめは童話の「白雪姫」に憧れており、その名前を選んだ。彼女は独特な日本語表現を使うことがあり、元気いっぱいな性格が特徴である。

「ハピネスチャージプリキュア!」は、朝日放送による制作の『プリキュアシリーズ』の11作目で、9代目のプリキュア作品です。

プリキュアたちは「みんなを幸せにするために戦います!」というテーマのもと、クイーンミラージュ率いる幻影帝国と戦います。おしゃれやお着替えをモチーフにし、プリチェンミラーやプリカードを使って変身し、様々なコスチュームにフォームチェンジします。全49話は毎週日曜日の8時30分から9時(JST)に放送され、大成功を収めました。

<潘めぐみ声優>贄姫と獣の王・アミト役

声優の潘めぐみさんは贄姫と獣の王・アミト役として出演しています。

アミトは内向的な性格で孤立気味だったが、美津未との交流により変わっていく。生徒会への入部をきっかけに結月と出会い、最初は苦手だったがお互いを理解し合い、親しい関係になる。彼は自分に自信がなく、オシャレや女の子らしいことに対して否定的だったが、結月の説得により前向きな姿勢を持つようになった。

「贄姫と獣の王」は、友藤結による少女漫画作品です。生贄として選ばれた少女・サリフィは、魔族の王に差し出される運命を受け入れ、王に恐れを抱くことなく接近します。新月の夜、サリフィは生贄の儀式に臨みますが、魔族ではなく人間の姿をした王が彼女を待っていました。

『花とゆめ』2015年17号に読切作品が掲載され、好評を博しました。その後、2015年23号から2020年22号まで連載され、2022年4月時点で累計発行部数は210万部を突破し、大ヒット作となりました。

-女性声優

Copyright© 声優EXPRESS , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.