声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

キャストティングボード2024

声優

梅梅(めいめい)声優は誰?潘めぐみ経歴・年齢・代表作を紹介

投稿日:

梅梅(めいめい)は「薬屋のひとりごと」に登場する高級妓女で、花街の売れっ子妓女「三姫」の一人。美しさと知性で客を魅了し、囲碁や将棋にも優れます。変人軍師の相手役としても知られ、猫猫の育ての親で、心優しい性格が特徴です。

薬屋のひとごとは原作が大ヒットしたこともあり、梅梅(めいめい)の声優が一体誰になるのか?様々な予想がなされていました。

梅梅(めいめい)は一体誰なのでしょうか?
ここでは、薬屋のひとごとの梅梅(めいめい)の声優について

  • 梅梅(めいめい)声優は一体だれが演じているのか?
  • 梅梅(めいめい)声優の経歴・プロフィールは?
  • 梅梅(めいめい)声優の他キャラ出演作・代表作は?

など梅梅(めいめい)の声優情報をお届け致します。

梅梅(めいめい)のプロフィール

梅梅(めいめい) 声優

『薬屋のひとりごと』は、日向夏のライトノベル作品を原作とするアニメ。架空の中華風帝国が舞台で、後宮の官女・猫猫が薬学の知識を活かし、王宮の事件を解決していく物語です。元は薬師だった彼女が後宮に売られ、そこでの生活が始まる。猫猫の鋭い観察眼と知識、そして宦官・壬氏との関係が魅力。ファンタジー、ミステリー、ロマンスの要素を兼ね備えた作品です。

梅梅(めいめい)は、薬屋のひとごとに登場するキャラです。

梅梅(めいめい)は「薬屋のひとりごと」に登場する魅力的なキャラクターで、花街の高級妓楼である緑青館の「三姫」の一人として活躍しています。彼女は20代後半に差し掛かり、妓女としてのキャリアを振り返る歳ですが、その美しさと知性により、客から高い人気を誇っています。特に囲碁や将棋といった知識や技術を持ち、客を知的な対局で楽しませることができるため、多くの人々に愛されています。

梅梅は禿(妓女の見習い)の頃から鳳仙(フォンシェン)に師事し、彼女の妹分でもあります。変人軍師(羅漢)が緑青館を訪れる際、通常は彼女の部屋に案内され、彼女は彼の特異な要求にも応えます。また、梅梅は物語中で猫猫の育ての親でもあり、彼女は猫猫にとって特別な存在です。

梅梅の風貌は美しく、ゆるふわウェーブのかかった長髪とグラマラスな肢体、柔和な笑みが彼女の魅力を引き立てています。性格は面倒見がよく、他の妓女や変人軍師との関係でもお節介焼きな一面を見せます。誰もが嫌がる変人軍師に対しても忍耐強く接し、人間的な温かさを示す女性です。

梅梅(めいめい)声優は誰?

梅梅(めいめい)声優は一体だれなのでしょうか?

薬屋のひとごとは原作が大ヒットだけあって梅梅(めいめい)声優が誰になるのか?様々な予想がなされていました。
梅梅(めいめい)声優は一体だれなのでしょうか?

梅梅(めいめい)声優は、に正式発表されました。

結論からいうと、梅梅(めいめい)声優は潘めぐみさんが演じています。

、にて、梅梅(めいめい)声優は潘めぐみさんに決定したと正式発表されました。

諏訪部順一さん(1972年3月29日生まれ)は、日本の声優・ナレーターで、東京俳優生活協同組合に所属しています。声種はバリトン。主要作品には『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』や『スペース☆ダンディ』があり、ナレーションやラジオMCとしても活躍しています。

梅梅(めいめい)声優・潘めぐみ経歴・年齢・プロフィール

梅梅(めいめい)声優・潘めぐみさんはどんな声優さんなのでしょうか?

潘めぐみさん、1989年6月3日生まれ、東京都出身の声優、女優です。実母は著名な声優・潘恵子さんで、母の影響を受けて声優の道に進むこととなります。アトミックモンキー所属で、彼女の声質は幅広い役柄を演じることができます。特に『HUNTER×HUNTER』のゴン役での演技は高く評価されています。その他、映画やラジオなどでもその実力を発揮しています。趣味は菓子作りやダンスで、特技としてはスキューバダイビングも挙げられます。大学では演劇を学び、その後も継続的に舞台やテレビドラマでの活動を行っています。

-声優

Copyright© キャストティングボード2024 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.