声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

声優EXPRESS

スパイファミリー声優

石見舞菜香はスパイファミリーミリー役で出演?真相はこちら。

更新日:

「スパイファミリー」という作品は、遠藤達哉による漫画作品です。

この物語では、かつてはまったくの他人同士だったスパイの男性、殺し屋の女性、そして超能力を持つ少女が、「仮初の家族」として絆を深めながら、「普通の日常」を取り戻すために様々なトラブルに立ち向かいます。

彼らは家族としての絆を築き上げるために、日々奮闘する姿が描かれています。

石見舞菜香はスパイファミリーに出演しているのでしょうか?

ここでは、石見舞菜香スパイファミリー出演情報をお届け致します。

スパイファミリー作品概要

「スパイファミリー」は、遠藤達哉による原作の漫画作品です。

物語は、スパイ、殺し屋、超能力者の少女が「仮初の家族」を築き、普通の日常を送るために奮闘するホームコメディです。

連載は2019年3月25日から『少年ジャンプ+』で隔週月曜に更新されており、2023年5月時点で累計発行部数は3000万部を突破しています。

スパイファミリーあらすじ


冷戦下の世界で、東国(オスタニア)と西国(ウェスタリス)の間には長い間、厳しい情報戦が続いていました。しかし、十数年後、両国の間には一時的な平和が訪れました。

西国のトップスパイである黄昏(たそがれ)は、東国の政治家ドノバン・デズモンドに接触するため、偽の家族を作ってデズモンドの息子が通うイーデン校に養子を送り込むという「梟(ストリクス)オペレーション」の任務を受けました。

黄昏は精神科医のロイド・フォージャーを名乗り、孤児院で少女アーニャと出会います。

黄昏は気づきませんでしたが、アーニャは心を読む超能力者(エスパー)であり、彼の心を読んで頭の良さを装っていました。ロイドはアーニャを養子に迎え、彼女がイーデン校に入学できると信じていましたが、アーニャの実力は予想以上に劣っており、ロイドは苦労しました。しかし、なんとか筆記試験には合格しました。

次の面接試験では「両親」が一緒に来るよう求められ、ロイドは急いで妻役の女性を探すことになりました。

そこで、二人はヨル・ブライアという女性に出会います。彼女は公務員として働くかたわら、いばら姫として密かに殺しの仕事をしていました。東国では独身の妙齢の女性が珍しいため、通報されるリスクを避けるために形式上の恋人を求めていたのです。

アーニャはヨルが殺し屋であることを心を読む能力で知り、興味から彼女を母親役に仕向けることにしました。ヨルは恋人役を探しており、ロイドは妻役を必要としていたため、3人はお互いの利益のために素性を隠しながら、即席の家族としての生活を始めました。

声優・石見舞菜香とは?

石見舞菜香さんは、声優業界で活躍されている才能ある方です。彼女は1998年4月30日に埼玉県で生まれ、所属事務所はラクーンドッグです。

彼女の特徴は、ふわっとした癒し系の声であり、主に少女役を演じることが多いですが、少年役や男の娘役などもこなす幅広い演技力を持っています。声優としてのポテンシャルは非常に高く、将来性も大いに期待されています。

声優を目指したきっかけは、アニメ『デュラララ!!』を視聴したことです。中学生の頃、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』で本間芽衣子役を演じた茅野愛衣さんの演技に感銘を受け、自分も声で人々の心を揺さぶるような演技をしたいと思い、声優の道に進むことを決意しました。

彼女は劇場アニメ『さよならの朝に約束の花をかざろう』で初めて主演を務めましたが、滑舌の問題に直面しました。

その経験から、他の人よりも早く声優の勉強を始めなければプロとして成功することはできないと感じ、高校進学を諦めて声優養成所に通うことを父親に説得しました。

彼女は既に声優業界で注目を集めており、その才能と努力は確かなものです。今後もさまざまな役柄に挑戦しながら、人々の心に響く演技を披露していくことでしょう。

石見舞菜香はスパイファミリーに出演している?

石見舞菜香さんは、スパイファミリー声優出演しているのでしょうか?スパイファミリー公式サイトにての声優キャストを詳しく調査しました。

石見舞菜香さんはスパイファミリーに出演していました。

石見舞菜香さんは、ヨルの市役所での同僚ミリー役で出演していました。

<石見舞菜香声優>葬送のフリーレン・リーニエ役

石見舞菜香さんは葬送ノフリーレン「リーニエ役」で出演しています。

漫画『葬送のフリーレン』の登場人物、リーニエは、「首切り役人」として魔王軍に所属し、独自の能力「模倣する魔法」を駆使する魔族です。

彼女はアウラの指揮下で活動し、その魔法を用いて戦闘に参加します。リーニエの最大の特徴は、他のキャラクターの技や戦術を完璧に模倣することができることです。特に、仲間である勇者ヒンメルの仲間であるドワーフ戦士アイゼンの戦術を模倣し、それを自身の戦闘スタイルに取り入れます。

リーニエ声優情報はこちら

<石見舞菜香声優>推しの子・黒川あかね役

石見舞菜香声優の石見舞菜香さんは推しの子・黒川あかね役として出演しています。

女優の黒川あかねは、恋愛リアリティショー『今からガチ恋♡始めます』で星野アクアと共演しました。
彼女は高校2年生で、儚げな美人でありながら奥手で自己主張が苦手な性格です。自己評価も低いが真面目な努力家で、役に没入する没入型の演技が得意です。
感受性豊かで他者の心に寄り添おうとする姿勢も持っています。番組でのアドバイスによりネット上で炎上し、自殺未遂まで追い詰められますが、アクアと出演者たちの協力により立ち直ります。

「推しの子」は、赤坂アカ(原作)と横槍メンゴ(作画)による芸能界を舞台にしたサスペンス漫画です。
主人公は彼の「推し」であるアイドル星野アイの子供に転生しますが、母であるアイドルは殺害され、正体不明の父親が殺害の秘密を握っている可能性が高いため、芸能界でその父親を探し出そうと奮闘します。
『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて2020年21号から連載中で、単行本の累計部数は2023年3月時点で500万部を突破しています。

<石見舞菜香声優>『ウマ娘』・ライスシャワー役

声優の石見舞菜香さんは『ウマ娘』・ライスシャワー役として出演しています。

ライスシャワーは「ウマ娘」のキャラクターで、競走馬「ライスシャワー」をモチーフにしています。

彼女は不幸を自分のせいだと思い込み、臆病で弱気な性格ですが、実際はただのジンクスに過ぎません。絵本を読むことが趣味で、学年は高等部です。
また、トレーナーを「お兄さま/お姉さま」と呼びます。彼女は優しさから不幸を他人に巻き込みたくないと思っており、勝利への執念を持っています。大食いとしても知られており、食事のシーンで活躍しています。

Cygames原作のスマートフォン向けゲームアプリ「ウマ娘」は、競走馬を擬人化したキャラクターを育成する育成シミュレーションゲームです。
トゥインクル・シリーズと呼ばれるレースでの勝利を目指し、鍛錬やトレーニングを行います。また、2018年4月から6月まで放送されたアニメも大ヒットしました。

<石見舞菜香声優>推しの子・ちゅんたろう役

声優の石見舞菜香さんは推しの子・ちゅんたろう役として出演しています。

石見舞菜香さんは鬼滅の刃声優出演しています。石見舞菜香さん演じたのは我妻善逸相棒である雀、チュン太郎です。チュン太郎は言葉を理解するが話せない。善逸とのコミュニケーションは限られているが、炭治郎とは意思疎通ができる。
善逸は任務に行きたくなく、女性トラブルやイビキに悩んでいる。善逸のために胡蝶しのぶが派遣され、蜘蛛の毒に侵される善逸を助けることになる。

吾峠呼世晴による漫画「鬼滅の刃」は、大正時代の日本を舞台にした作品です(鬼滅の刃最新刊)。

家族を鬼に襲われた主人公・竈門炭治郎が、妹の禰豆子を人間に戻すために「鬼殺隊」に参加し、鬼舞辻無惨に立ち向かう姿を描いています。連載は2016年11号から2020年24号まで「週刊少年ジャンプ」で行われ、単行本は全23巻が発売されました。2021年2月時点での累計発行部数は1億5000万部を突破しています。

 

-スパイファミリー声優

Copyright© 声優EXPRESS , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.