声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

声優EXPRESS

フリーレン声優

リーニエはかわいい!声優は石見舞菜香さん!推しの子・経歴・年齢・代表作を紹介

更新日:

リーニエは漫画『葬送のフリーレン』に登場する魔王軍の魔族で、「首切り役人」の一員としてアウラに仕える。彼女は「模倣する魔法」を得意とし、80年前に勇者ヒンメルと共闘したドワーフの戦士アイゼンの技を完璧に模倣する能力を持つ。見た目は可愛らしいが、彼女は真の戦士であり、「首切り役人」の中でも特に武闘派。

葬送のフリーレンは原作が大ヒットしたこともあり、リーニエの声優が一体誰になるのか?様々な予想がなされていました。

リーニエは一体誰なのでしょうか?
ここでは、葬送のフリーレンのリーニエの声優について

  • リーニエ声優は一体だれが演じているのか?
  • リーニエ声優の経歴・プロフィールは?
  • リーニエ声優の他キャラ出演作・代表作は?

などリーニエの声優情報をお届け致します。

リーニエのプロフィール

リーニエ 声優

「葬送のフリーレン」は、山田鐘人原作、アベツカサ作画の漫画をアニメ化した作品です。このファンタジーアニメは、勇者たちの魔王討伐後のストーリーを通じて、友情、成長、自己発見をテーマに探求します。特に、フリーレンの長い生涯と人間界での経験がストーリーの中で豊かに描かれています。

リーニエは、葬送のフリーレン第7話「断頭台のアウラ編」に登場するキャラです。

特徴1: 「模倣する魔法」の使い手
特徴2: 戦闘派であり、リーダーのリュグナーからの信頼が厚い
特徴3: アイゼンの技を高く評価し、シュタルクとの邂逅を楽しむ

リーニエは、漫画『葬送のフリーレン』に登場する「首切り役人」としての役割を持つ魔族であり、魔王軍の一員として断頭台のアウラに仕えている。彼女の最も際立った特徴は、他者の技や動きを完璧に模倣する「模倣する魔法」の使い手であること。特に、彼女は勇者ヒンメルの仲間であるドワーフの戦士アイゼンの戦術を模倣し、それを自らの武器として用いることができる。

戦闘能力の面で見ると、リーニエは「首切り役人」の中でももっとも武闘派として知られている。彼女の戦闘スタイルや技の選び方は、直接的で攻撃的。しかし、彼女自身は戦術や策略よりも実力を重視するタイプで、そのためリーダーであるリュグナーからの信頼は厚い。リーニエはリーダーの指示や判断を尊重し、彼とは深い信頼関係を築いている。

彼女の風貌は、愛らしいと言われるもので、彼女の真の力を知らない者は彼女の外見にだまされることもしばしば。しかしその背後には、真の戦士としての強さと熱意が隠れている。彼女の性格は、戦闘に関しては真剣であり、仲間との絆も深い。特に、アイゼンのことを「自分が記憶した中で最強の戦士」と評価しており、その技を模倣することで彼の強さを身につけたいと強く願っている。

アイゼンの弟子であるシュタルクとの邂逅は、リーニエにとって特別なものであった。彼女は彼との戦闘を楽しみ、彼の技を模倣することで彼の強さを体感しようとした。しかし、彼女の「模倣する魔法」の能力は、実際の体格や筋力には影響しないため、アイゼンの技を模倣してもその真の力を発揮することは難しかった。シュタルクはこの欠点を見抜き、彼女との戦闘でリーニエを圧倒。最終的に彼女はシュタルクの前に敗北し、命を落とすこととなった。

この敗北は、リーニエの技の模倣には限界があるということを示している。彼女は確かにアイゼンの技を模倣することができたが、それだけでは彼のような真の戦士にはなれなかった。彼女の死は、模倣することの限界と、真の強さとは何かというテーマを読者に考えさせるものとなった。

リーニエとリュグナー、そしてもう一人の「首切り役人」であるドラートの関係性は、深い信頼と絆によって結ばれていた。彼女の死はリュグナーにとって大きなショックとなり、彼の敗北の一因ともなった。彼女は魔族としての誇りを持ち、仲間との絆を大切にしていたキャラクターであり、彼女の死は物語の中で重要なターニングポイントとなった。

リーニエ声優は誰?

リーニエ声優は一体だれなのでしょうか?

葬送のフリーレンは原作が大ヒットだけあってリーニエ声優が誰になるのか?様々な予想がなされていました。
リーニエ声優は一体だれなのでしょうか?

リーニエ声優は、に正式発表されました。

結論からいうと、リーニエ声優は石見舞菜香さんが演じています。

45222、にて、リーニエ声優は石見舞菜香さんに決定したと正式発表されました。

リーニエ声優・石見舞菜香経歴・年齢・プロフィール

リーニエ声優・石見舞菜香さんはどんな声優さんなのでしょうか?

石見舞菜香さんは、1998年4月30日生まれの埼玉県出身の女性声優で、現在はラクーンドッグに所属しています。

2023年春アニメで大ヒットしたアニメ推しの子「黒川あかね」役を演じたことでも話題になりました。また、鬼滅の刃「チュン太郎」、ウマ娘「ライスシャワー」、お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件「椎名真昼」など数多くの人気作を演じています。

彼女が声優という仕事に興味を持ったのは、『デュラララ!!』を視聴したことから。特に『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』での茅野愛衣さんの演技に感動し、声で人を感動させたいとの思いから、声優を目指すことを決意しました。その後、彼女はプロ・フィット声優養成所を卒業し、2016年から声優活動をスタートしました。

2018年には、劇場アニメ『さよならの朝に約束の花をかざろう』で、主人公マキア役としてキャリア初の主演を果たしました。この功績が認められ、2019年には第13回声優アワードで新人女優賞を受賞するなど、その実力を証明しました。

2022年には、プロ・フィットがマネジメント事業を終了したことに伴い、ラクーンドッグへの移籍を果たしました。この移籍には、岡本信彦さんが関与していることも特筆すべきポイントと言えます。

石見さんは、幼少期からピアノを習っており、音楽への造詣も深いです。また、小学校では演劇クラブ、中学では吹奏楽部、そして高校では放送部に所属していました。趣味は散歩や読書で、特技としてはチューバの演奏や耳を動かすことを挙げています。また、日本漢字能力検定準2級の資格も持ち、日本酒が好きな一面も。声優業界では、安齋由香里さんとの親交が深いことも知られています。

石見もなか代表作一覧

-フリーレン声優

Copyright© 声優EXPRESS , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.