最新アニメ・ゲーム・映画の声優

声優Express

チェンソーマン <声優>井上麻里奈

デンジ幼少期声優は井上麻里奈さん?チェンソーマン出演の真相は?

投稿日:

「チェンソーマン」は、藤本タツキによる人気漫画作品で、『週刊少年ジャンプ』にて第1部「公安編」が2019年から2021年にかけて連載され、現在は第2部「学園編」が『少年ジャンプ+』で連載中のアニメです。。

2023年1月時点で、コミックス13巻までの累計発行部数は2300万部を突破している人気作であり、チェーンソーの悪魔に変身する能力を手に入れた少年デンジが、その力を駆使して戦うダークヒーローアクション漫画です。デンジは「ダークヒーロー」として描かれ、一般的な少年漫画に登場する王道のヒーロー像とは異なるとされています。彼の凶暴かつ過激な演出や衝撃的な展開が、作品の特徴の一つとなっています。

その中でネットではデンジ幼少期の声優について様々な声優の名前が上がっているようですね。ここでは、「チェンソーマン」主人公であるデンジの幼少期の声優情報をお届け致します。

デンジとは?

「チェンソーマン」の主人公であるデンジは、借金返済のためにデビルハンターとして働く16歳の少年。

幼い頃に父親が借金を残し、自身も非常に貧しい生活を送っていた。

自己評価が低く、普通になりたいと思っているが、人を信じることができず、自分の欲に忠実である。

型破りで邪道な主人公像が特徴的で、涙を流すことも少なく、人情の薄さが見られる。目の色はオレンジ色で、筋肉量は原作とアニメで異なる。右目を売り隻眼であり、外していた眼帯がポチタと一体化した後復元された。

デンジ幼少期の声優は?

デンジ幼少期の声優は一体誰なのでしょうか?チェンソーマン公式サイトにて調査致しました。デンジ幼少期の声優は、井上麻里奈さんがえんじていました。

デンジ幼少期声優・井上麻里奈

井上麻里奈は、日本の女性声優で、東京都出身。学習院大学法学部政治学科を卒業し、男役をやりたいという演劇の経験から声優になることを決めた。デビュー作の『コゼットの肖像』では、主役級を演じる苦労をしたが、共演者に優しく教えてもらいながら声優としての知識を吸収していった。音域はG-Cで、『スマイルプリキュア!』ではキュアマーチを演じた。また、ファッションとコーディネイトを紹介する連載本『井上麻里奈 MariIro』を出版し、多方面で活躍している。年齢や性格については記載されていないが、彼女の熱意や努力が彼女の魅力である。

デンジ幼少期声優・井上麻里奈実績

井上麻里奈は、2003年に大学1年生だった時にソニーミュージック系列のオーディションに応募し、2,000人の中から見事グランプリを獲得したのが声優になったきっかけです。

それを機に、2004年には新房昭之監督によるOVA作品『コゼットの肖像』でヒロイン役で声優デビューし、同時に梶浦由記氏作曲の主題歌・挿入歌を担当。

以降、『月面兎兵器ミーナ』でのテレビアニメ初主演や『図書館戦争』笠原郁役などの主役級演技で注目を集め、2013年には第64回NHK紅白歌合戦で進撃の巨人アルミン・アルレルト役として冒頭のナレーションを務めるなど、活躍の場を広げている。

また、有名作としては、呪術廻戦の禪院真依・鬼滅の刃に登場する鳴女・僕のヒーローアカデミアに登場するやおよろずももなどが有名です。

-チェンソーマン, <声優>井上麻里奈

Copyright© 声優Express , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.