声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

キャストティングボード2024

声優

里樹(りーしゅ)声優は誰?木野日菜経歴・年齢・代表作を紹介

投稿日:

里樹(りーしゅ)はライトノベル「薬屋のひとりごと」の上級四妃の一人で、小動物系の美少女。つるぺたで不遇な立場にあり、色々な苦労をしています。

薬屋のひとごとは原作が大ヒットしたこともあり、里樹(りーしゅ)の声優が一体誰になるのか?様々な予想がなされていました。

里樹(りーしゅ)は一体誰なのでしょうか?
ここでは、薬屋のひとごとの里樹(りーしゅ)の声優について

  • 里樹(りーしゅ)声優は一体だれが演じているのか?
  • 里樹(りーしゅ)声優の経歴・プロフィールは?
  • 里樹(りーしゅ)声優の他キャラ出演作・代表作は?

など里樹(りーしゅ)の声優情報をお届け致します。

里樹(りーしゅ)のプロフィール

里樹(りーしゅ) 声優

日向夏原作の『薬屋のひとりごと』は、猫猫という少女が中華風の帝国の後宮で起きる事件の謎を解くアニメ作品です。元は花街で薬師として働く彼女が、王宮の後宮での生活を強いられることとなる。そこで彼女は薬学の知識を活かし、多くの事件を解決。その過程で宦官の壬氏との関係が進展し、物語はより一層深まります。

里樹(りーしゅ)は、薬屋のひとごとに登場するキャラです。

里樹(りーしゅ)はライトノベル「薬屋のひとりごと」に登場する上級四妃の一人で、そのキャラクターは小動物系の美少女として描かれています。彼女は物語内で不遇な立場にあり、幼少期から様々な困難に立ち向かってきました。

卯の一族の生き残りで、先帝によって幼い頃に結婚させられ、未亡人として尼寺に出家する運命に翻弄されました。その後、阿多妃と現帝に引き取られ、再び上級妃として後宮に入りますが、上級妃としての立場に馴染めず、自信を持てずにいます。侍女たちからも虐めを受け、孤独な日々を送っています。

彼女は猫猫との出会いを通じて少しずつ変わっていき、信頼し合う関係を築いていきます。彼女のキャラクターは可愛らしさと不遇な運命とのギャップを持ち、読者に共感と愛情を呼び起こす存在です。また、性格はおっとりとしており、自己評価が低めで、小さなことにも動揺しやすい一面があります。

里樹のキャラクターは物語内で成長し、他のキャラクターとの関係や彼女の過去が徐々に明らかにされていく点で物語に重要な要素を提供しています。

里樹(りーしゅ)声優は誰?

里樹(りーしゅ)声優は一体だれなのでしょうか?

薬屋のひとごとは原作が大ヒットだけあって里樹(りーしゅ)声優が誰になるのか?様々な予想がなされていました。
里樹(りーしゅ)声優は一体だれなのでしょうか?

里樹(りーしゅ)声優は、に正式発表されました。

結論からいうと、里樹(りーしゅ)声優は木野日菜さんが演じています。

、にて、里樹(りーしゅ)声優は木野日菜さんに決定したと正式発表されました。

里樹(りーしゅ)声優・木野日菜経歴・年齢・プロフィール

里樹(りーしゅ)声優・木野日菜さんはどんな声優さんなのでしょうか?

木野日菜さんは、1997年2月12日生まれ、埼玉県出身の声優です。一般男性と結婚しており、アミュレートに所属しています。彼女の声は、幼くて特徴的なものとして知られ、中学時代からその声に自覚を持っていました。アニメの分野で活躍しており、『僕だけがいない街』の美里役で注目を浴びました。デビュー時期や受賞歴は詳細不明ですが、高校時代には「可愛い声の子」として評価されていました。声優としての道を選ぶきっかけは、『ONE PIECE』への夢中や、学習塾での経験、そしてファミ通TVの影響です。養成所への道も親の支援を受けながら進みました。音楽や俳優としての活動についての詳細は明らかではありませんが、今後の彼女のさらなる活躍が期待されます。

-声優

Copyright© キャストティングボード2024 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.