声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

キャストティングボード2024

映画

ボーはおそれているネタバレ感想評価口コミ!原作・脚本・いつからいつまで公開

更新日:

『ボーはおそれている』は、『ミッドサマー』や『ヘレディタリー 継承』で知られるアリ・アスター監督と、『ジョーカー』『ナポレオン』での演技が評価されたホアキン・フェニックスがタッグを組んだスリラー映画です。この作品では、怪死した母のもとへ帰省しようとした主人公ボーが、予想外の奇想天外な旅に巻き込まれる物語が描かれています。母との突然の死別と、それに続く非日常の連続は、日常における不安と恐怖をテーマにしています。

劇場公開前から、アリ・アスター監督の新作ということで大きな注目を集めており、その独特な世界観とストーリーが多くの映画ファンの間で話題になっています。私自身も、そのあらすじとネタバレが非常に気になり、この記事を書くにあたって深い関心を持って取り組んでいます。

この記事では、映画『ボーはおそれている』の深堀りを通じて、読者の皆さんが映画館でより一層楽しめるよう、独自の視点から情報を提供していきます。

ボーはおそれている:原作・脚本の深堀り

『ボーはおそれている』はアリ・アスター監督が原案、脚本、そして監督を務めた作品です。アスター監督の過去の作品『ミッドサマー』や『ヘレディタリー 継承』は、その独特なホラー表現と心理的恐怖で多くのファンを獲得しました。この新作では、監督特有の恐怖の描写と、深層心理を掘り下げるストーリーテリングが期待されています。また、ホアキン・フェニックスを主演に迎えることで、物語の深みと複雑さが一層増していることも注目されています。

ボーはおそれている:試写会・舞台挨拶・上映スケジュール

『ボーはおそれている』の試写会は、上映開始に先駆けて複数回行われ、舞台挨拶ではアリ・アスター監督やホアキン・フェニックスらが出席し、作品に込めた想いや撮影裏話を披露しました。上映スケジュールは、2024年2月16日より全国の劇場で順次開始され、特に映画ファンの間では初日の上映を楽しみにする声が多く聞かれます。

ボーはおそれている:要点・見どころ

  • アリ・アスター監督の独特な世界観と心理的恐怖の表現
  • ホアキン・フェニックスの深い演技力とキャラクターへの没入
  • 日常と非日常の境界が曖昧になるストーリーテリング
  • 怪死した母との関係性を通じて描かれる、家族の絆と個人の孤独
  • 視覚効果と音響を駆使した圧倒的な映像美

超一流の映画評論家として『ボーはおそれている』を見ると、この映画はアリ・アスター監督の過去作品と同様に、観る者の心理に深く働きかける恐怖と不安を描き出しています。しかし、ホアキン・フェニックスの起用により、これまでにない深みとリアリティが加わり、新しい次元のスリラー作品となっています。他のジャンルの映画と比較すると、『ボーはおそれている』は、その心理的探求と非日常への旅が、独自の魅力を放っています。

関連作品としては、『ミッドサマー』や『ヘレディタリー 継承』など、アリ・アスター監督の過去作品を挙げることができます。また、同じく心理的恐怖をテーマにした『シャッター アイランド』や『ブラック・スワン』も、『ボーはおそれている』を楽しんだ視聴者にはおすすめの作品です。

ボーはおそれている:登場人物・キャスト・相関図

ボー・ワッセルマン(ホアキン・フェニックス)

主人公。怖がりで不安になりやすい性格。母の怪死をきっかけに、非日常の旅に巻き込まれる。

ロジャー(ネイサン・レイン)

ボーの友人。彼を支え、時には現実へ引き戻す役割を持つ。

グレース(エイミー・ライアン)

ボーの母親の親友。ボーの心の支えとなる。

セラピスト(スティーブン・マッキンリー・ヘンダーソン)

ボーの心理的なサポートをする人物。

ペネロペ(ヘイリー・スクワイアーズ)

ボーの旅路で出会う謎の女性。

これらの登場人物とキャストの組み合わせが、映画『ボーはおそれている』の物語を豊かにしています。

ボーはおそれているを見た感想と評価

アリ・アスター監督の以前の作品「ミッドサマー」を楽しんだこともあり、その新作に関するSNS上の話題を聞き、見に行くことを楽しみにしていました。

観覧の計画を立てているとき、友人からの誘いがあり、一緒に劇場へ行くことに決めました。

劇場に向かう前に、ドリンクだけを購入しました。

観客は少なめ

平日の午後に訪れたため、映画館はそこまで混雑しておらず、観客は少なめでした。事前にチケットを予約していたので、発券機での手続きはスムーズでした。選んだスクリーンは比較的小さめで、ポップコーンはスキップしました。

この映画を観に行ったのはムービックス周南で、自宅から車で約30分の場所にあります。雨が降る寒い日だったので、午後1時過ぎに出発し、映画はおそらく午後2時頃に開始しました。劇場内での席は、画面の真正面から少し左寄りの中央付近にしました。平日の昼間だったこともあり、他に観客は5人程度で、映画をゆったりと観ることができました。

「ボーはおそれている」のストーリーは、帰省しようとするものの様々なトラブルに巻き込まれるボーというキャラクターを中心に展開します。

予期せぬ事態で母親の葬儀に参列しようとするも、様々な障害が立ちはだかります。さらに、母が監視下に置いていたという事実や、彼女の死が偽装だったことが明らかになり、物語は混乱へと向かいます。母親の異常な行動は観る者に恐怖を与えました。

映画の評価としては、3時間の上映時間は一部の観客には難しいかもしれませんが、ユダヤ教のモチーフが日本人観客には完全には理解しづらい部分もありますが、それを理解できなくても楽しめる不条理コメディとして成立しています。ホアキン・フェニックスの演技は、彼が常に翻弄される姿を通じて、見る者を楽しませます。

ボーはお感じている:まとめ

『ボーはおそれている』は、アリ・アスター監督とホアキン・フェニックスのコラボレーションにより生まれた、心理的恐怖と非日常の旅を描いたスリラー作品です。独特な世界観と深い人間ドラマが組み合わさり、観る者を魅了します。この映画は、ただのスリラーではなく、人間の心理と感情の探求をテーマにしており、その深い物語と演技は、映画ファンならずとも多くの人にとって見逃せない作品となっています。

-映画

Copyright© キャストティングボード2024 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.