声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

キャストティングボード2024

映画

オッペンハイマー映画いつまで?どこで見れる?感想・口コミ・評価レビュー

更新日:

『オッペンハイマー』映画に関する話題性と関心は非常に高く、多くの方々がその上映開始日、どこで観られるのか、上映期間、そしていつまで映画が上映されるのかについて熱心に情報を求めています。この映画は、クリストファー・ノーラン監督による最新作であり、原子爆弾の開発を指揮した物理学者ロバート・オッペンハイマーの生涯を描いており、その内容の重厚さと歴史的意義、さらにはノーラン監督の名前が関わっていることから、映画愛好家だけでなく、幅広い層からの関心が集まっています。

私自身も、『オッペンハイマー』の映画に対して強い興味を持っています。上映開始日、上映期間、どの映画館で観ることができるのか、そしていつまで上映されるのかという情報は、この映画に心待ちにしている私たちにとって非常に重要です。

私は、映画『オッペンハイマー』に関心を持つ一人の映画愛好家として、この記事を通じて、映画の上映開始日、上映期間、上映される映画館、そして上映終了日といった具体的な情報を共有したいと考えています。この情報を共有することで、同じく『オッペンハイマー』を楽しみにしている方々と情報を共有し、一緒にこの映画を最大限に楽しむための一助となればと思います。

オッペンハイマーいつから?映画上映日

オッペンハイマー映画は、2024年3月29日(金)から日本で劇場公開されます。

映画名 上映開始日
オッペンハイマー 2024年3月29日(金)

オッペンハイマーどこで見れる?映画上映館

オッペンハイマー映画は、全国の主要都市の映画館で上映されます。特に、東京ではTOHOシネマズ日比谷や丸の内ピカデリーなど複数の映画館で上映され、IMAX上映やDolby Cinemaでの上映も予定されています。

オッペンハイマーいつまで上映?上映終了日を考察

具体的な上映終了日は映画館によって異なりますが、一般的に大作映画は数週間から数ヶ月間上映されることが多いです。オッペンハイマーの場合も、公開から最低2~3ヶ月は上映されることが予想されます。

映画名 上映終了日(予想)
オッペンハイマー 2024年6月末日(金)

オッペンハイマー作品概要・見どころ

オッペンハイマーは、原子爆弾開発の裏にある人間ドラマと科学者の苦悩を描き出し、クリストファー・ノーラン監督特有の壮大なスケール感と緻密な物語構成が光る作品です。キリアン・マーフィーがオッペンハイマーを演じ、エミリー・ブラント、ロバート・ダウニー・Jr.ら豪華キャストが共演。音楽は『ブラックパンサー』でアカデミー賞を受賞したルドウィグ・ゴランソンが担当しています。

オッペンハイマー映画あらすじ

第二次世界大戦下、マンハッタン計画に参加した物理学者オッペンハイマーが、世界初の原子爆弾開発に成功。しかし、その威力を目の当たりにした彼は深い苦悩に陥ります。科学と倫理、戦争と平和の間で揺れ動く一人の天才科学者の生涯を追います。

オッペンハイマー映画作品名概要

『オッペンハイマー』は、クリストファー・ノーラン監督の最新作であり、ピュリッツァー賞受賞作品「『原爆の父』と呼ばれた男の栄光と悲劇」を原作にしています。この映画は、第二次世界大戦中にアメリカで進行したマンハッタン計画の中心人物、ロバート・オッペンハイマーの生涯を描いています。主演はキリアン・マーフィが務め、エミリー・ブラント、ロバート・ダウニー・Jr.、マット・デイモンなどの実力派俳優が共演しています。2024年3月29日に劇場公開され、ビターズ・エンドが配給を手掛けています。

関連作品としては、ノーラン監督の過去作品や、似たテーマを扱った『アインシュタインとエディントン』などが挙げられます。映画ファンならずとも一見の価値があるこの作品は、ノーラン監督の映画作りへの独自のアプローチが光る点で、他の伝記映画と一線を画しています。

『オッペンハイマー』は、クリストファー・ノーラン監督が手がける、歴史ドラマの最新作です。この映画は、20世紀を代表する物理学者の一人、J.ロバート・オッペンハイマーの生涯と、彼が中心となって開発した原子爆弾の歴史的背景を描いています。映画は、彼の科学的業績だけでなく、その倫理的葛藤、政治的な圧力、そして人間関係にも焦点を当てています。

見どころ

  • クリストファー・ノーランの監督作品: ノーラン監督の手腕が光るシーンの数々。緻密な脚本と、視覚的に魅力的な映像が特徴。
  • キリアン・マーフィーの演技: オッペンハイマー役を演じるキリアン・マーフィーの繊細かつ力強い演技。
  • 歴史的背景: 第二次世界大戦と冷戦時代を背景にした、重厚な歴史ドラマ。
  • 倫理的問題: 科学的進歩とその倫理性に関する深い問いかけ。
  • 豪華キャスト: エミリー・ブラント、ロバート・ダウニー・Jr.、マット・デイモンなど、豪華なサポートキャスト。

映画概要

項目 詳細
映画名 オッペンハイマー
ジャンル 歴史ドラマ
公開日 2024年3月29日
監督 クリストファー・ノーラン
主演 キリアン・マーフィー
サポートキャスト エミリー・ブラント、ロバート・ダウニー・Jr.、マット・デイモン
原作 カイ・バード、マーティン・J・シャーウィン「『原爆の父』と呼ばれた男の栄光と悲劇」
脚本 クリストファー・ノーラン
プロデューサー クリストファー・ノーラン、エマ・トーマス
撮影期間・場所 詳細未公開
ロケ地 詳細未公開
主題歌・挿入歌 詳細未公開

 

オッペンハイマー映画口コミ評判レビュー

2月1日vue シネマ、レミントン・スパ(イギリス)7時すぎから11時くらいまで。3時間を超える長さだったので。イギリスでは2022年から宣伝が始り、その時に観ようと決めていました。そして2023年に公開されてもうそろそろ1年になろうとしています。アカデミーをとってからまた映画館では上映をはじめたので2回目を見に行きました。

中規模シネコン、主要都市ではない街の映画館。vueはチェーン映画館なので大きな街にはある感じ。チケット大は5ポンドくらい。日本円で1000円弱かと。チケットはオンラインで席も決めます。私は中より後ろ目が好きなので席はそのあたり。海外のシートは日本よりは体が大きいからか、広く感じたりすることがある。また、映画館によってはプレミアシートで(チケット代は同じ)観れる映画もある。ポップコーンとワインを頼んだ。

6割ぐらいの混み具合。半分よりは多いかと。座席の位置は中より後ろ。スクリーンは中くらい。サウンドシステムは日本のものの方が良いような気がする。オッペンハイマーの内容通り、観客は子供はいなく(R指定があったはず)年齢層も中年が多かったような気がした。

長い。しかし、内容ともかく、映像のクオリティーがとにかく良い。キリアンマーフィーの演技も冴えていたが、言葉がボソボソして聞き取りにくかったが、なぜ日本で公開が遅れたのか。内容は原爆を扱うのものだが、日本も世界同時公開でなかったことがかなり悔やまれる。歴史として捉え、エンターテイメント性もあるが、日本人の私が観た最初の感想はどうして日本で公開されないのかというもだった。今月に日本で公開が決まったようだか、なんとなく残念な気がする。。内容においては、かなり核心の原爆投下シーンは観客にイメージを誘導させるような作りになっていて、シリアスな映画を観た後に感じる重たいグロテスクな感覚は一切なかった。それで3時間もの長編映画でも耐えることができたのではないかと思う。アメリカ目線で描かれているので、不思議な感覚になることが数回あった。例えば息子が原爆の研究に関わっていたことに歓声を上げる母親。日本が逆の立場、日本目線であったら、パールハーバー攻撃を誇りに思うことと同様なような感じがする。美しく描かれている部分と、オッペンハイマーの私生活に目線を当てているので、彼が原爆投下の後の犠牲者の数や事実に苦しむシーンも描かれてはいるが、どの程度の苦しみだとか、耐えられない苦しみのような描かれ方はなかった。その点においては、彼も人間だから、一定の罪悪感は持っていましたよ。と観客に感じさせるように書かれているような気がした。ストーリーにスピード感はなく、シンシンと進む感じが映像の美しさとマッチして、良い完成度により磨きをかけたと思う。俳優陣も、主演クラスの豪華な俳優で、ロバートダウニーjrが助演男優賞を受賞したが、私はマット・デイモンの方がこの作品に足跡を残しているような感じもした。女優勢も見事な演技で、私は女だけれど、不倫シーンを妻に見せる(本当のシーンではなくイメージを再現)は妻がどれほど不快な気分になるかが、私の目線で不快な感覚を呼び起こしたので、制作側からすると、このシーンは成功だと思う。会議室でまだ皆が会議をしているのに、オッペンハイマーと不倫相手が裸のシーンは、必要だったかとも思うが、一緒に見た人に言わせるとこのシーンもあっておかしくはなかったと思うと感想を聞いたので、他の人の見方もあるのだと思った。原爆のシーンついては日本人だからと特別な反抗的な感覚がある映画ではないと思う。見た後にそのような、事実とは違う!日本はこうだった!という気持ちは一切なかったので、エンターテイメントとして観れた。

オッペンハイマー映画口コミ評判レビュー

オッペンハイマーの公開初日の一発目の開演を見にいきました。アカデミー賞をほぼ総なめしていたのでこれは見なくてはと思い鑑賞することに。聴いたところによると原爆映画ということもあり迫力がすごいということだったので、IMAXで鑑賞することにしました。
映画館自体はドラえもんとハイキューの公開で学生達がたくさんいました。事前にチケットを買っておいて本当に良かったです。イオンシネマは持ち込み可なので、スタバでコーヒーを買って入りました。オッペンハイマー自体も公開初日だったので、スクリーンに入ると混んでました。

映画公開日ということもあってか、2日前から予約したのにも関わらず良い席は取れず、真ん中の位置ではあるんですがかなり前側E列とかでした。スクリーンサイズはIMAXで見ました。映画の迫力からして、小さなスクリーンで見るより絶対IMAXがいいと思います。

3時間くらいある映画なので結構しんどいのかな、よくわかんない時間あるのかなと思いきや、全くありませんでした。展開展開展開!というわけではないですが、オッペンハイマーという男の人生と人物自体がかなり魅力的で、そこをなぞっているだけで退屈は全くしませんでした。
特に説明はないですが最初の描写で彼がいかに天才的で、宇宙規模で物事を考える人間であること、そして原爆の父になったが悪の心を持っているわけではないということが証明されており、彼は原爆を作り多くの人間の命を奪ったことに関与していますが、彼自身も被害者の1人である事がわかります。
彼は驚異的なスピードでオッペンハイマーという名前を世に知らさめていくことになりますが、それは彼の天才的な頭脳だけでなく、政治的センスも兼ね備えていたからというところも面白い。万能な天才だったんだという事がわかりますし、探究心の鬼だったことも事細かく描かれています。なので展開が速いわけではないのですが、スクリーンの移り変わりが激しいので退屈しなかったのかなと思いますし、人間性が結構しっかり描かれているからこそ、原爆の被害を受けた側ですがオッペンハイマー自身が悪人だなという印象は受けませんでした。
そしてこの映画、オッペンハイマーが原爆を使って完成!ではないんですよね。
原爆を作るに至った経緯からも分かる通り、戦争を終わらせたい。この世から戦争自体を無くしたい。という平和的思想から原爆を作っているので、第二次世界大戦後のことも描かれています。そもそも原爆を作るきっかけはソ連やドイツよりも先に原爆を完成させて、彼らを降伏させるため。日本に打つ予定はなく、結果的に日本を降伏させるには完全敗北が必須だという判断のもと発射してますし、打つ事に関してはオッペンハイマーはかなり否定的でした。なのでその後の水爆製造も否定的です。水爆の案であったり、計算に関しては科学者としてそれを開発している科学者を評価しているし、その人は部下なので上司として応援しています。しかし、それを軍事目的で使用したり、今後の備えとして抑止力として開発する事にはかなり反対します。そこが彼の面白いところであり、葛藤する部分であり、この映画の醍醐味でもあります。
製作者が悪なのかそれを使う人が悪なのか、この映画でははっきりと使い手が悪か善かを決めているので、製作者に罪はないように描いていますが、その本人自体はかなり罪の意識が働いており、それがずっとその後の人生で尾を引いています。罪の意識という純粋な伝記やサクセスストーリーではないところがこの映画の凄さであり、世界中で評価された点だなと思いました。非常に面白いです。

 

オッペンハイマー映画口コミ評判レビュー

 

2024年4月1日の夕方ごろ。新宿のあのゴリラの映画館。オッペンハイマーはアメリカで公開された時からずっと気になって来て、ようやく日本でも公開されたのでなるべくはやく見たいと思っていて映画。やっぱり見ておかないとな、と思っていた作品です。

劇場に到着すると、人が多くて列ができていた。オンラインでチケットを購入し、自動券売機で受け取った。スクリーンは12番で、大画面で臨場感がある。ポップコーンとドリンクを購入し、ワクワクして映画を楽しみにしていた。

座席は中央寄りで、スクリーンは大きく迫力満点。館内は満席で熱気ムンムン。観客のワクワク感が伝わり、映画体験がより楽しくなる。人は少ないかなと予想していたけれど、思ったよりも余っていて人が多かったのが印象的でした。

「オッペンハイマー」は、原爆開発に携わった科学者の一人であるJ・ロバート・オッペンハイマーの生涯を描いた作品です。日本人として、原爆が初めて落とされたことについて関心を持ち、この映画を観ることで当時の出来事や人々の心情について深く考えさせられました。

この映画は、オッペンハイマーの若き日からキャリアの始まり、原爆開発プロジェクト「マンハッタン計画」への参加、そしてその後の彼の人生を描いています。オッペンハイマーは、マンハッタン計画において核兵器の開発に大きく貢献しましたが、その過程で戦争と平和、科学と倫理の間で葛藤しました。

特に印象的だったのは、オッペンハイマーが原爆の実用化後に自らの行動を振り返り、その結果に対する自責の念や苦悩が描かれたシーンです。彼は原爆の使用に対して強い後悔と罪の意識を抱き、その責任を背負いながらも、その決断が不可避であったことを理解しています。

映画は、オッペンハイマーの内面の葛藤や苦悩だけでなく、彼の科学者としての才能や情熱、そして個人的な問題にも焦点を当てています。彼は優れた科学者でありながら、社会的な問題や倫理的なジレンマに直面しました。そのため、彼の人間性や複雑なキャラクターが細やかな演技で表現されていたのも見どころでした。また、出てくる人物や映像、そして恐怖を与えてくれる音響など、全てが素晴らしい大作でした。特に、オッペンハイマーやその仲間たちの葛藤や苦悩、そして原爆の開発という歴史的な出来事に対する責任と後悔を感じさせる描写には深い感銘を受けました。

映画を一度観ただけでは、全てのパズルが完全には組み立てられない感じがしました。しかし、その分、再び観に行くことへの期待も高まります。映画初心者の私にとっては、再度映画館に足を運ぶのは少し勇気が必要ですが、その価値は間違いなくあります。
あとは感情表現の音や映像が臨場感満点で、その没入感に圧倒されました。特に、主人公の苦悩や葛藤に自然と共感し、彼の心情に同期させられる感覚がありました。映画館内では居心地の悪さを感じるほど、作品に引き込まれました。

一方で、日本人として原爆投下の出来事に関するモヤモヤした感情が自分にも芽生えました。感情移入は難しく、物事を客観的に捉えることと自身の感情との間で葛藤しました。その結果、映画の内容やテーマについて深く考えたり、話についていこうとする中で、3時間があっという間に過ぎました。

オッペンハイマー映画原作・脚本

原作はカイ・バードとマーティン・J・シャーウィンによる「『原爆の父』と呼ばれた男の栄光と悲劇」です。このノンフィクションは、オッペンハイマーの生涯を詳細に追い、2006年にピュリッツァー賞を受賞しました。クリストファー・ノーランがこの原作を基に脚本を手掛け、彼の過去の実績としては『インセプション』や『ダークナイト』シリーズなど、観客を魅了する作品が数多くあります。

オッペンハイマー映画監督

クリストファー・ノーランは、本作の監督として、彼の映画製作における哲学と技術を駆使しています。ノーラン監督は、『インセプション』や『ダークナイト』シリーズ、『インターステラー』など、複雑な構造と深いテーマ性を持つ映画を創り出すことで知られています。『オッペンハイマー』では、歴史的な背景と個人の内面の葛藤を巧みに描き出しています。

オッペンハイマー映画試写会、舞台挨拶、上映日時

『オッペンハイマー』の試写会や舞台挨拶のスケジュールは、公開前に多くの映画ファンや関係者が注目するイベントです。特に、主要キャストや監督のクリストファー・ノーランが出席する舞台挨拶は、映画の裏話や制作秘話を聞く絶好の機会となります。上映日時は2024年3月29日から全国の劇場で順次開始されます。

オッペンハイマー映画登場人物

『オッペンハイマー』には、歴史に名を残す多くの実在の人物が登場します。キリアン・マーフィは、複雑な内面を持つオッペンハイマーを演じ、エミリー・ブラントは彼の妻キティを、ロバート・ダウニー・Jr.は原子力委員会議長ルイス・ストロースを演じています。マット・デイモン、ラミ・マレック、フローレンス・ピューなど、その他多くの優れた俳優が重要な役割を担っています。

オッペンハイマー映画撮影

撮影は、『インターステラー』以来、ノーラン作品を手掛けているホイテ・バン・ホイテマが担当しました。撮影地は、実際のマンハッタン計画が行われたロスアラモスなど、歴史的背景を感じさせる場所で行われています。これにより、映画はよりリアルで説得力のあるビジュアルを提供しています。

オッペンハイマー映画感想

『オッペンハイマー』は、歴史的な事実と個人のドラマを巧みに織り交ぜた作品です。クリストファー・ノーランの独特な視点と映画製作技術が光る本作は、科学、倫理、人間性を深く掘り下げています。豪華キャストの演技も見事で、映画史に残る一作となることでしょう。

オッペンハイマー試写会、舞台挨拶

公開前には試写会やキャスト、監督による舞台挨拶が行われる予定です。これらのイベントは、映画の魅力をより深く理解する絶好の機会となります。特に舞台挨拶では、製作の裏話やキャストの生の声を聞くことができるため、ファンにとっては見逃せないイベントとなるでしょう。

オッペンハイマー前売り券・グッズ

映画の公開に先駆けて、前売り券や限定グッズの販売も予定されています。特に、映画の世界観を反映したデザインのグッズは、ファンならずとも魅力的なアイテムばかり。これらの情報は、公式サイトや関連のSNSで随時更新される予定ですので、最新情報をチェックすることをお勧めします。

オッペンハイマー映画まとめ

『オッペンハイマー』は、クリストファー・ノーラン監督と豪華キャストによって生み出された、科学と人間性の葛藤を描いた歴史映画の傑作です。映画のあらすじや背景、キャストの演技、撮影技術など、多角的に作品を理解することで、その真価をより深く味わうことができます。映画館での鑑賞を強くお勧めします。

-映画

Copyright© キャストティングボード2024 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.