声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

声優ノート

呪術廻戦声優

石田彰は呪術廻戦に声優出演?出演予想と放送スケジュール

更新日:


石田彰(いしだ あきら)は1967年11月2日生まれ、愛知県日進市出身の声優・俳優です。声質は独特で、少年から青年まで幅広く演じ、ミステリアスな役やクセの強い役が得意といわれている声優さんです。

「呪術廻戦」は、芥見下々による原作のアニメ作品です。呪術廻戦メはダークファンタジーとバトル要素が組み合わさった作品で、バトルシーンは評価が高く、アクション要素が見どころの一つです。
石田彰は呪術廻戦に出演しているのでしょうか?ここでは、石田彰呪術廻戦出演情報をお届け致します。

声優・石田彰とは?

石田彰は日本の声優、俳優で、愛知県日進市出身。鬼滅の刃に登場する上弦の鬼参の猗窩座)役を務めていることでも有名な声優さんです。

石田彰(いしだ あきら)は1967年11月2日に生まれ、愛知県日進市(赤池地区)出身の日本の声優および俳優です。

石田彰は「石田ボイス」として知られ、その独特の声質と音域を活かして、少年から青年まで幅広いキャラクターを演じることができます。特に、ミステリアスでクセのある役柄を演じることが多く、1995年に『美少女戦士セーラームーンSuperS』のフィッシュ・アイ役で男性声優が少女のような声を演じたことで注目を浴びました。また、『新世紀エヴァンゲリオン』の渚カヲル役、鬼滅の刃「猗窩座」は彼の代表作の一つとされています。

彼は子供の頃からテレビアニメ『機動戦士ガンダム』を観て声優に憧れ、中学生時代に演劇部に入部し、声優の道に進む決意を固めました

日本大学芸術学部演劇学科を卒業後、江崎プロダクション付属養成所で声優業を始め、1990年にデビューした。『美少女戦士セーラームーンSuperS』のフィッシュ・アイ役や『新世紀エヴァンゲリオン』の渚カヲル役などで知られる。キャラクター作りに定評があり、「石田ボイス」と呼ばれる独特な声質で少年から青年まで表現する。業界外にもファンが多く、栗山千明や市道真央(M・A・O)などが公言している。また、石田は銃器の知識があり、『機動戦士ガンダムSEED』の設定担当に指摘することもあった。愛知県日進市では、市内の観光スポットを石田の声で案内するサービスが行われている。『タイタニック』の吹き替え版でジャック・ドーソン役を担当し、日本でもファンからの人気が高い。

。その後、日本大学藝術学部演劇学科に進学し、江崎プロダクション付属養成所(現:マウスプロモーション付属俳優養成所)に入所して声優業をスタートしました。彼のデビュー作はOVA『世界名作童話全集』の「おやゆび姫」の王子様役であり、その頃から声優としてのキャリアを積み重ねてきました。

石田彰は結婚してた?過去の結婚話や恋愛事情はこちら

石田彰は呪術廻戦に出演は?

「呪術廻戦」は、芥見下々による人気漫画を原作としたアニメ作品です。

呪術廻戦は「週刊少年ジャンプ」誌で2018年から連載中で、負の感情から生まれる呪霊を祓う呪術師たちの戦いを描いています。

作風は陰鬱で残酷な要素が多く、ダークファンタジーとバトル要素が組み合わさっています。アニメでは原作のバトルシーンが非常に見応えがあり、虎杖などのキャラクターが徒手空拳で戦う姿は必見です。物

呪術廻戦に石田彰は出演しているのでしょうか?呪術廻戦公式サイトにての声優キャストを詳しく調査しました。

石田彰さんは呪術廻戦に出演していませんでした。

呪術廻戦声優一覧はこちら

<呪術廻戦>1期の概要とあらすじ

呪術廻戦の主人公・虎杖悠仁は、通常の人間にはないほどの驚異的な身体能力を持っている高校生。

虎杖悠仁は両親の姿を知らず、祖父に育てられましたが祖父の死の夜、虎杖の学校で「呪物」と呼ばれる封印された存在が解き放たれ、危険な呪霊が出現します。

虎杖は呪術師の伏黒恵と共に、仲間を守るために危険な校舎に挑みますが、その戦いで窮地に立たされ、虎杖は力を求めて呪物「宿儺の指」を食べてしまいます。特級呪物である「両面宿儺」が蘇るのです。

虎杖は「宿儺の器」として捕らえられ、死刑を言い渡されますが、五条悟の提案により、「すべての宿儺の指を食べた後に死ぬ」という条件で生きる道が与えられます。

こうして虎杖は都立呪術高専に入学し、呪術師としての新たな人生をスタートさせるのでした。

劇場版「呪術廻戦0」の概要とあらすじ

劇場版「呪術廻戦0」は、主人公乙骨憂太が特級過呪怨霊・祈本里香に取り憑かれ、死刑判決を受けるが、里香の強大な力により術師側が尻込みし、彼が呪術高校に転校することから始まります。

初めは消極的でしたが、「禪院真希」「狗巻棘」「パンダ」と仲間との交流を通じて生きる自信を取り戻し、里香の解呪を目指すようになります。

物語は特級呪詛師・夏油傑の登場と「百鬼夜行」の陰謀から始まり、乙骨と仲間たちが夏油に立ち向かい、壮絶な戦いを繰り広げます。

<呪術廻戦>懐玉・玉折編の概要とあらすじ

懐玉編(8巻65話 - 9巻75話)では、2006年に不死の術式を持つ呪術師・天元が星漿体との同化時期を迎え、その護衛が始まります。

五条と夏油は天内理子の護衛を担当し、呪詛師たちとの闘いに巻き込まれます。伏黒甚爾が登場し、天内の殺害を目論む事件が発生。五条と夏油は激しい戦いを繰り広げ、最終的には伏黒甚爾を倒します。しかし、天内の遺体は盤星教に引き渡され、夏油の信念に変化が生まれます。

玉折編(9巻76話 - 79話)では、2007年に五条と夏油は特級呪術師になり、それぞれの道を歩み始めます。

五条は力をさらに高め、夏油は非術師への信念が揺らぎます。夏油は九十九由基との出会いから、非術師を抹殺する考えを抱き始め、さまざまな出来事によりその信念が強まります。最終的には夏油は非術師を虐殺し、呪詛師に堕ちる決断を下します。五条と夏油は別々の道を歩み、親友から対立する関係へと進展します。

宵祭り編(9巻79話 - 10巻82話)では、過去編から現在に戻り、新たな事件が展開します。呪術高専京都校の与幸吉が内通者だったことが判明し、彼の死と戦いが描かれます。与幸吉は自身の欠損を治すために真人と契約し、戦闘が繰り広げられます。

渋谷事変編(10巻83話 - 16巻136話)では、渋谷に特殊な結界が張られ、高専の呪術師たちが対応します。五条が獄門疆によって封印され、偽夏油との闘いが続きます。

虎杖たちは渋谷での戦いに参加し、さまざまな試練に立ち向かいます。最終的には偽夏油の去り際に呪術界に変革が訪れる予兆が示唆されます。

-呪術廻戦声優

Copyright© 声優ノート , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.