声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

キャストティングボード2024

ドラマ

さよならマエストロネタバレ最終回まで!感想口コミレビュー

更新日:

 

 

さよならマエストロ4話ネタバレあらすじ公開中

『さよならマエストロ』の第4楽章では、音楽、愛、そして秘密が複雑に絡み合う物語が展開されます。

この章で、私たちは芦田愛菜演じる隠れた才能のバイオリニスト、響とその秘密の演奏に偶然立ち会った大輝(宮沢氷魚)、天音(當真あみ)、蓮(佐藤緋美)の驚きの瞬間から物語が始まります。響は彼らに自身の演奏活動を秘密にしてほしいと頼むが、その代わりに彼女から提示される意外な条件が物語に新たな展開をもたらします。

このネタバレ解説では、愛と音楽が織りなす『さよならマエストロ』第4楽章の心温まるものから切ないものまで、全ての感情が詰まった瞬間を深堀りしていきます。

さよならマエストロ第4楽章※あらすじ

バイオリニスト響(芦田愛菜)の圧倒的な演奏を目の当たりにした大輝(宮沢氷魚)、天音(當真あみ)、蓮(佐藤緋美)は、彼女の才能に驚愕する。大輝は響を晴見フィルハーモニーに招こうとするが、響は自分の演奏活動を秘密にしてほしいと頼む。その見返りに、響からは特別な提案がなされる。

その一方で、出前コンサートで志帆(石田ゆり子)と再会した俊平(西島秀俊)は、彼女のことで心が乱れ、オーケストラの練習に集中できなくなる。この状況を見て動揺する古谷(玉山鉄二)。古谷は、俊平には言えないある秘密を抱えていたのだ。

そんな折、俊平と志帆は偶然にも再び顔を合わせることに。5年ぶりに直接対話する二人が交わす会話の内容とは。そして、俊平を追う謎多き男(満島真之介)が登場するが、彼の目的とは何か。

さよならマエストロ第4楽章※ネタバレ

野外演奏会で帽子をかぶったフランスにいる筈の妻の志帆に似た女性の姿を見た俊平は、志帆の携帯電話を鳴らしますが、反応がありません。

一方、俊平の娘の響がたまたまバイオリンを弾くのを知ったトランペット奏者の森は、響に俊平との親子演奏を提案しますが、響は露骨に嫌な顔をしますが、新人の天音は、俊平に内緒にする代わりに、響に自分にバイオリンのレッスンを頼みます。

また、俊平は響に志帆の姿を見たと伝えますが、響はまさかと言って信用しません。志帆はフランスにいることになっていて、俊平の楽団のファゴット奏者の古谷は知っていました。そうとは知らない俊平は志帆がまだフランスにいる筈だと言うと、古谷は、とぼけて逃げます。

古谷には、後ろめたいことがあり、森から志帆が、バツいちだと聞かされ志帆に胸がときめいて、交際を申し込みました。しかし、志帆は自分が結婚していると言われてショックをを受けました。
遂に、俊平が志帆に再会すると、志帆は最初からフランスにはいかなかったと、うち明けます。響もそれを知らないですが、俊平が家にいる間は家に帰らないと主張します。

一方、楽団を潰したい白石市長と秘書は響らを警戒しているようで、スキャンダルを探ることに決めます。
俊平は古谷の実家の理容店にいくと、志帆が、俊平が家にいる間は帰らないと言ったと古谷のいる前で暴露してしまいます。古谷は、驚きますが、俊平は志帆と向き合うと宣言します。
再び俊平が志帆に会うと、響も海も尾行して同じレストランで志帆と俊平の会話を探ります。

俊平は志帆と向き合い、やり直したいと訴えますが、志帆は俊平が全然わかっていないと言い切ります。俊平は自分の芸術の為に他人を犠牲にしていて、志帆の絵には無関心で、自分の管理も出来ないで志帆をマネージヤー扱いして響のことも省みなかったので、フィルが終われば離婚だと告げて席を立ちます。そして、他の人にプロポーズされたと吐き捨てるように言い切ります。

志帆は、古谷に話すと古谷には自分が相応しくないと言うと、古谷は、ガッカリします。

他方、俊平はショックで倒れると倉科がやさしくいたわります。

俊平は小村に志帆に恋人がいると愚痴を言うと、小村は楽団に間男がいると言います。俊平がレストランで演奏会をやると志帆が鏑木にあい、ハグします。緊張した古谷は、演奏を間違えてしまいます。
俊平はある種の人格障害者で、やはり志帆なくしては生きていけないです。倉科では無理です。

志帆と俊平の関係修復は響が楽団に戻ると決意したあとに、響が俊平を許すことで、成し遂げられると予想します。

さよならマエストロ5話ネタバレあらすじ公開中

主人公の俊平は晴見フィルの練習場所で妻の志帆の言ったことを気にしていた。

晴見フィルの団員の古谷は俊平に志帆と会っていることを気づかれないように自分の楽器の演奏がうまくいかなかったせいにした。そこに俊平の娘の響が来た。一方、響はファミレスで聞いた、俊平と志帆の離婚話のことを思い出して、志帆と離婚するかどうかを俊平に確認した。しかし、俊平は志帆ともう一度話し合うと言った。そのとき、海はネットで通話している人と海の家族の話をしていた。

別の日、晴見フィルの団員の大輝は古谷と、古谷が志帆にプロポーズしたことを話していた。そこに響が来た。その頃、晴見フィルの団員の瑠李は俊平に恋の相談をしに来た。瑠李が俊平の頬を触っている時に響と古谷と大輝が来て、俊平と瑠李がキスをしていると勘違いした。

別の日の朝、俊平が朝食を作っていると、響が家出するという置き手紙があった。俊平は志帆の家に響を探しに来たが、響はいなかった。その頃、響は市役所の倉庫にいた。それを大輝が発見した。泊まるところがない響に大輝はうちにおいでと声を掛けた。午後、俊平が響の勤める市役所に探しに来た。でも、響は大輝の家に行っているところで、大輝の家で響は大輝と連絡先を交換した。

夕食の時に響は大輝の家族に紹介されたが、疲れて、自分の家で食べることにした。そこに志帆から電話が来て、志帆のところにおいでと言われたが、断った。その後、俊平からも電話が何度も来たが、響は出なかった。
その頃、俊平は海にお風呂に入るようにロフトに行ったが、海は寝ていて、気を利かせて、パソコンの電源を消すつもりが、間違って配信の顔出しの設定にしてしまい、起きた海を怒らせてしまった。

次の日、俊平が朝起きると、海も家出すると置き手紙があった。その後、志帆は古谷と、俊平と瑠李のキスのことについて話していた。俊平は大輝の祖父の二朗に子供たちの家出の相談に行ったら、響は大輝の部屋にいると教えてくれた。

その頃、大輝と晴見フィルの団員の蓮が響について、話しをしていた。一方、響は大輝の家の畑の手伝いをしていた。
その頃、海の顔出しが学校中に広まり、海は泊まるところを同級生の天音に頼んだが、断られた。海は天音に響がバイオリンをやめた理由を話した。響がバイオリンをやめた理由は5年前のコンクールで心が折れたからだと思うと海は言った。

その頃、俊平は落語家の柳亭小痴楽に道ばたで偶然会った。

一方、響も小痴楽の落語を聞いていた。大輝は小痴楽の独演会に響を誘った。俊平は家で物が散らかっているのを見た。その頃、小痴楽の独演会が始まり、響は独演会が終わった後に小痴楽と握手した。一方、俊平はどこかに自転車で向かっていた。大輝は帰り道、響に以前、親子共演に誘って、悪かったと謝った。響もコンクールのファイナルで一緒に演奏する予定の俊平の音楽の能力に追いつけなくて、コンクールのファイナルを棄権して、自分の家族関係を壊してしまったとバイオリンをやめた理由を言った。

大輝はこれからやる、楽しいことに付き合うと言った。そこに俊平が来て、響と一緒に家に帰った。家に着くと、玄関の前に泊まるところがなかった海がいて、家の中には志帆もいて、トマト鍋を作って待っていた。海はもしかしたら、また4人でご飯が食べられるのではないかと少し期待していたと言った。その頃、天音の家に晴見市長の白石が帰ってきた。

さよならマエストロ5話感想

響は自分の思っていることが俊平になかなか言えない人なのだと思った。小さい頃は後を付けるくらい俊平のことが好きだったと海が言っていたので、高校生で俊平のことが嫌いになるというのは女子だと一度は通る道で、海が言っていたように思春期なのだと思う。それから、天音が白石の娘であるというのが今後、また一波乱を起こすのかなと予測した。

さよならマエストロ5話のまとめ

5話は響がバイオリンをやめた理由や天音と白石との関係が明らかになり、響と俊平の関係が今後どうなっていくのかや天音が白石の娘であることが今後、晴見フィルの存続にどう影響を及ぼすのかも目が離せないと思う。

さよならマエストロ7話ネタバレあらすじ

天音がバイオリンの練習をしているところに、響が通りかかります。

天音は、コーチの響に「水泳をやってみたいと言ったら師匠は許してくれる?」と聞いてきました。響は少し考え、「どんな夢でも背中を押してくれると思う」と答えました。天音は言葉に詰まってしまいます。実は、天音は市長である父との関係で悩んでいたのでした。

そして、海がアレンジしてくれた「きらきら星」の楽譜を見た響は、難しすぎるから無理と言います。しかし、天音は「やりたい。」と、抵抗しました。二人は嫌な雰囲気になり、物別れになってしまいます。その頃、俊平は市役所で古谷と会っていました。

俊平の母校から一日教室をしてほしいという依頼が来たそうです。俊平がすぐに快く引き受けると思っていたのに、いい返事をしないので、理由を古谷は訊ねます。俊平は18歳で実家を飛びだしてから一度も、家に帰っていないのでした。古谷は、俊平がずっと家で状態であることに驚くのでした。俊平には、ドイツの有名な楽団から指揮者のオファーがきていました。それは、俊平がずっと願っていた夢でした。響は、父がドイツに行くという返事をしないことを母に相談します。

そこに、俊平が帰宅し、マネージャーの鏑木もやって来ます。「ここでやりたいことがある」と言って、ドイツへのオファーを断る俊平に、鏑木は熱く、俊平の才能と最高の舞台での高揚感を語ります。俊平が5年前に一度、オファーを断っていることを踏まえ、「三度目は絶対ない」と言い切る鏑木。鏑木は、俊平を支え俊平の夢を叶えようと尽くしてきたのに、オファーを断ることで裏切られたような気持ちになっていたのでした。

響も「才能が恵まれているのに、しかるべきところで発揮しない人を見るとイライラする」と、俊平に言います。その夜、天音はバイオリンの楽譜を父に見つかってしまい、大げんかになっていました。天音は出来のいい姉に、議員の母が愛情を注いでいることに傷つき、田舎の父の所に身を寄せていました。

受験勉強を静かな環境でやりたいからという理由で、父のところに来たはずなのに、音楽に熱中している娘を理解できない市長は、「楽譜や借りている楽器を返しなさい!」と、激しく責めます。天音は、泣きながら海の家に来て、楽譜などを返すのでした。その様子を見ていた響は、複雑な思いになります。そんな中、バースデーコンサートを楽しみにしていた歌カフェの二郎が倒れてしまい、マエストロの俊平は、機転をきかせ、病院でコンサートを成功させるのでした。

さよならマエストロ8話ネタバレあらすじ

ドラマ「さよならマエストロ〜父と私のアパッシオナート〜」の第8話では、晴見フィルが仙台オーケストラフェスティバルに参加することが決まります。このフェスティバルは、晴見フィルにとって今後の活動を続けるための最後のチャンスであり、また最後の演奏の場となる可能性があります。しかし、遠征費用や練習場所などの課題が山積みであり、メンバーたちは大きな壁に直面します。

瑠李の尽力により、晴見フィルの練習会場が熱海の保養施設で見つかります。この保養施設での練習が、メンバーたちの心を一つにし、音楽に対する情熱を高めます。同時に、ドイツのシュナイダー先生から俊平に譜面が届き、俊平は久しぶりに曲作りに没頭します。そして、音楽合宿で響が俊平の思いを知り、動き出すことになります。

第8話では、これまでのストーリーが一層盛り上がり、感動のフィナーレへと向かっています。ますます音楽と人間の情熱が交錯し、視聴者を魅了する展開が続きます。次回への期待が高まる一方で、今回のエピソードも心に深く残る素晴らしいものでした。第8話では、晴見フィルが仙台オーケストラフェスティバルへの参加を決定し、その準備に取り組む様子が描かれました。特に、晴見フィルの練習場所が確保されるまでの過程や、倖生の過去がネットで拡散されるシーンなど、緊迫感ある展開が多く見られました。さらに、倖生が晴見フィルのために熱海の保養施設を手配し、メンバーがそこで練習に励む様子も印象的でした。また、倖生の過去が明らかになり、彼の決断や家族との関係に迫る場面も感動的でした。さらに、晴見フィルのメンバーが困難に立ち向かう姿や、谷崎天音さん演じるキャラクターが奏でるヴァイオリンの美しい音楽など、感動的なシーンが多くありました。第8話は、これまでのストーリーをより深く掘り下げ、登場人物たちの成長や絆が描かれたエピソードでした。次回への期待が高まると同時に、今回のエピソードが心に残る素晴らしいものであったことを改めて感じました。さよならマエストロ〜父と私のアパッシオナート〜の第8話は、見逃せない感動のドラマであり、視聴者の心に深く響く物語でした。特に、倖生の過去がネットで拡散されるシーンでは、彼の葛藤や苦悩が強く描写されました。倖生が家族のために尽くしてきた過去や、それが逆に彼にとっての障壁となってしまう様子が胸を打ちます。さらに、晴見フィルのメンバーが熱海の保養施設で練習に励む姿は、困難に立ち向かう彼らの決意と絆を感じさせます。

一方で、倖生とありすの関係にも新たな展開が訪れました。倖生が晴見フィルのために熱海の保養施設を手配したり、ありすが倖生を引き止めようとする場面では、二人の絆がより深まる様子が描かれました。また、谷崎天音さん演じるキャラクターがヴァイオリンを奏でるシーンは、見る者の心を打ち、感動を呼び起こします。

さよならマエストロ9話ネタバレ

海が俊平に聞きます。天音が弾いたキラキラ星からパッションが跳ね返ってきたとき震えた。指揮者とはそういう感じ?俊平はうんと言って頷きました。
晴見フィルが仙台で開催されるフェスの動画による審査を敗者復活で通過しました。海が編集した動画が好評だったことと、近藤の指揮が話題になったおかげで通過できたのでした。近藤はインタビューを受け、妻と娘が初めてカッコいいと言ってくれたことと、指揮者として大雪にしているのはアパッシオナート、音楽への情熱だと答えました。
うたカフェ二朗からの帰りに、俊平は天音に、あの後父親とはどうなったのか聞きました。天音は、父親は音楽を薦めもしないが禁止もしなくなり、無になったと答えました。それを聞いた響は、マイナス100点から0にしたのだから100点だと言いました。
仙台での曲目について、古谷は俊平にとって大雪な曲がいいと言い、鏑木は最後は俊平さんの十八番であるシューマンのラインで締めようと提案しました。この曲は、俊平がシュナイダー先生を追いかけ渡欧し、デビューしたときに指揮した思い出の曲であり、5年前に活動を休止する直前にウィーンでの記念コンサートで指揮した曲だと説明しました。鏑木は俊平にシュナイダー先生からの手紙を渡しました。
その夜、俊平は使われなくなっていたピアノの調律をしました。響はそれを見ていました。
シュナイダー先生からの手紙は「3月のある日の散歩」という譜面でした。俊平は作曲に没頭しました。 その頃晴見フィルのメンバーは仙台へ行く旅費のために募金活動をしていました。
響は大輝から土日にキャンプに誘われました。行先は熱海でした。そこは、瑠季が先輩に頼み込んで、土日にお客さんに無料コンサートをすることを条件に施設の使用が認められた保養所で、晴見フィルが合宿をする場所でした。
俊平は皆に楽譜を配り説明しました。この曲は晴見フィルメンバーと初めて会ったときの即興を基に瑠季や蓮も含めた皆で過ごした時間を思い出しながら作曲したものであると。これは皆さんのシンフォニーであり、一緒に奏でてくれますか。と問いかけました。
手紙の内容は、俊平が音楽を止めた理由は娘である響の心を失ったことで、シュナイダーが妻を失ったのと同じ理由であり、大切な人がいないのなら拍手喝采を浴びても虚しいだけである。しかし、シュナイダーに情熱を呼び戻してくれたのは若き俊平の真っ直ぐな情熱だったこと、今の俊平のそばに情熱をくれる存在がいてくれることを願う。そして俊平と響との時間が豊かなものである児とを願う、というものでした。
練習のあと俊平はシュナイダー先生からの手紙を読んでいました。響が夕食のカレーを持ってくると、たまたま同じタイミングで瑠季と近藤が俊平を呼びに来て俊平を連れていってしまいました。残った響は手紙を読みました。
保養所での無理コンサートの開始前に俊平は、私達の自己紹介をこの曲でさせて頂きます。私達の町とオーケストラの物語、晴見シンフォニーです、と挨拶しました。
保養所での合宿が終わり、晴見に帰ってきました。響は大輝に過去を話しました。音楽が溢れた家庭で育ち、父親の指揮で演奏したいと夢見ていた。コンクールで優勝できていたが12歳のときに、指揮者の娘は得だと言ってきた人に勝てなかった。自分はまわりの人とは違うのかもという思いを振り切るため必死で練習し、それでもできない自分が許せなかった。そして15歳のとき、コンクールで何もかも忘れて夢中で演奏でき、父親の言葉を思い出した。それは、人は心から音楽に夢中になると苦しみや不安から解き放たれて美しい響に満たされる。響の名前の由来はこれだ、というものでした。最高の演奏ができたと思った。父親は誉めてくれたが、第3楽章が少し走っていたのを修正すればもっと良くなる、と言い残して仕事に行ってしまいました。これ以上の演奏を求めてくることに落ち込んで逃げ出して事故にあった。病院にきた父親に向かって、パパのせいで音楽が嫌いになった。もうやめたと言い、その日から父親は活動を休止してしまった。自分のせいだと言う響に、大輝はマエストロは帰ってきてくれたと言いました。
響は帰宅して、これまで読んでいなかった俊平からの手紙を読みました。
俊平が帰宅すると響が待っていて、音楽以外の話題を探すのは大変だったでしょと言い、俊平は狭い世界にしかいなかったが響への手紙のおかげでいろんなことに興味が持てたと返しました。そして、響は、約束を覚えている?とバイオリンを手にし、俊平が弾くピアノと一緒に笑顔で演奏しました。

ついに解り合えた親子。感動でした。もう俊平の心にわだかまりはないので、離れていても家族の絆は感じられるはず。だからドイツへ行くのだと思う。

-ドラマ

Copyright© キャストティングボード2024 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.