声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

声優ノート

声優

小西克幸は進撃の巨人に出演キャラの演技やキャラについて、ここで紹介します。

投稿日:

『進撃の巨人』は、WIT STUDIO(第1期-第3期)およびMAPPA(第4期)による制作による日本のアニメ作品である。原作は諫山創による同名の漫画であり、『別冊少年マガジン』の創刊号から2021年5月号まで連載された作品です。

進撃の巨人の物語は、高さ50メートルの巨大な壁を築き、人類が巨人から身を守るために戦う世界を描いたダーク・ファンタジー漫画である。最終巻の34巻は2021年6月9日に発売され、2022年9月の時点での累計発行部数は1億1000万部を超えている。小西克幸は進撃の巨人に出演しているのでしょうか?ここでは、小西克幸進撃の巨人出演情報をお届け致します。

進撃の巨人のあらすじ

『進撃の巨人』は、人々が巨人に支配された世界で生きる壮絶な物語です。物語の舞台となるのは、高さ50メートルの壁で囲まれた人類の暮らす区域で、主人公のエレン・イェーガーは、巨人たちに人間を喰われた経験を持ち、調査兵団に入隊して巨人たちと戦います。

ある日、巨大な超大型巨人が現れ、壁を破壊して多くの人々を殺傷します。エレンの母カルラもその犠牲となり、エレンは巨人たちを憎み、駆逐することを決意します。5年後、エレンたちは訓練兵団を卒業し、壁の外の世界へと進出します。

外の世界は、巨人たちとの戦いが続いていました。エレンたちは、壁の外で巨人たちの正体や目的を探りながら、人類を守るために戦います。彼らの戦いは、巨人たちとの死闘や壮絶な犠牲を伴いながらも、人類の希望と勇気を象徴するものとなっています。

『進撃の巨人』は、人間と巨人との戦いを描いたストーリーであり、巨人たちに支配された世界で生きる人々の勇気や決断力を讃える作品でもあります。主人公エレンたちは、自らの信念を貫き、勇気を持って戦い続けます。彼らの姿は、多くのファンを魅了し、永く愛されることでしょう。

声優・小西克幸とは?

小西克幸さんは、日本の声優・舞台俳優であり、和歌山県和歌山市出身の声優さんです。

小西克幸さんはの代表作と言えば、鬼滅の刃の宇随天元役が有名です。グレンラガン、マクロス、戦隊などの人気ジャンルでアニキ系キャラクターを演じたことから「小西さんと言えばアニキ」というファンもいるが、幅広い役柄を演じることができる。『アサシン クリード』のアルタイル役、『テイルズ オブ シンフォニア』のロイド・アーヴィング役、『金色のコルダ』の王崎信武役、『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』のディアボロ役などが代表作である。

高校卒業後、小西は映画研究会の友人から声優という職業を知り、勝田声優学院に11期生として入学した。卒業後は野村道子、野沢那智、内海賢二が講師を務める養成所に1期生として入所し、1年後には野村に誘われて賢プロダクションに所属することになった。

小西は、声優としての初めての仕事はゲームであった。アニメは、数回の役を経験しただけで、デビューして1年も経たずに『勇者王ガオガイガー』のレギュラー出演が決まった。2001年には、『魔法戦士リウイ』で主役デビューを果たし、2005年にはOVA『冥界編編聖闘士星矢 冥王ハーデス冥界編』でフェニックス一輝役を演じ、同年代からは堀秀行から役を引き継ぐことが多くなった。

小西によれば、演じた役の傾向はデビューして3年目までは年配の役が多かったが、2000年のテレビアニメ『妖しのセレス』から等身大の役を演じる機会が増え、2002年のテレビアニメ『SAMURAI DEEPER KYO』で仕事の幅が広がったという。2015年には、第9回声優アワード助演男優賞を受賞した。

小西克幸は進撃の巨人に出演している?

進撃の巨人に小西克幸は出演しているのでしょうか?進撃の巨人公式サイトにての声優キャストを詳しく調査しました。

小西克幸さんは進撃の巨人に出演していませんでした。

-声優

Copyright© 声優ノート , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.