声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

声優ノート

声優

櫻井孝宏・薬屋のひとごと降板?真相はこちら

投稿日:

櫻井孝宏は、不倫疑惑により声優業界での信頼を失い、2023年には数多くの役を降板せざるを得ない状況に陥っています。最新の降板は、彼がメインキャラクターを演じていたTVアニメ『薬屋のひとりごと』でのもので、これは実質的な降板とみなされています。

櫻井孝宏・薬屋のひとりごと出演

『薬屋のひとりごと』はライトノベルのアニメ化で、櫻井孝宏は壬氏という重要な役を担当していました。

櫻井孝宏・薬屋のひとりごと降板?

『薬屋のひとりごと』はラは、2020年からドラマCDが制作され、櫻井が壬氏役を演じてきました。一般的に、アニメ化の際にはドラマCDのキャストが継続的に起用されることが多いのですが、櫻井は不倫スキャンダルが発覚したため、この作品でも降板せざるを得なくなりました。

この降板は、他のアニメ作品でも同様の結末を迎えているケースが多いです。例えば、今年5月に発表されたアニメ『新しい上司はど天然』では、ほとんどの声優陣がドラマCDから続投していますが、不倫疑惑が浮上した櫻井と鈴木達央だけがキャスト変更されました。

櫻井孝宏・降板アニメ

また、櫻井は新たな仕事も次々に降板させられており、例えば現在放送中のアニメ『AYAKA-あやか-』では、鞍馬春秋役を担当する予定でしたが、突然のキャスト変更が発表されました。その理由は「諸般の事情」とされていますが、不倫スキャンダルが原因である可能性が高いと言われています。

櫻井が降板した作品には共通点があり、それは女性ファンを主なターゲットとしていることです。不倫報道に怒りを感じた女性ファンが多いため、制作サイドはリスクを避けるために降板を決断しているようです。

ただし、櫻井は一部の作品では続投しており、例えば『呪術廻戦』の2期では夏油傑役を続けていますし、『鬼滅の刃』の冨岡義勇役も続編での出演が予定されています。大ヒット作品の場合、スポンサーの意向なども影響することがあり、女性ファンが離れる可能性を考慮しても、櫻井を続投させる選択がまだ採用されているようです。

しかし、今後は新たな女性向け作品での櫻井の起用は難しいでしょう。彼は今ある役に集中し、声優業界でのキャリアを継続させることが望まれます。

-声優

Copyright© 声優ノート , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.