声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

声優ノート

声優

アウラ声優は竹達彩奈さん!?経歴・年齢・代表作を紹介

更新日:

断頭台のアウラは、漫画「葬送のフリーレン」の魔王直属の幹部「七崩賢」の中でも注目の存在。彼は500年以上の長寿を誇り、その期間を鍛錬に捧げ、絶大な魔力を獲得した。勇者ヒンメルに一度は敗れ、その後隠れていたが、ヒンメルの死をきっかけに再び活動を開始。しかし、フリーレンとの対決で彼女の驚異的な魔力と策略に敗れ、最後は自らの命を絶った。

葬送のフリーレンは原作が大ヒットしたこともあり、アウラの声優が一体誰になるのか?様々な予想がなされていました。

アウラは一体誰なのでしょうか?
ここでは、葬送のフリーレンのアウラの声優について

  • アウラ声優は一体だれが演じているのか?
  • アウラ声優の経歴・プロフィールは?
  • アウラ声優の他キャラ出演作・代表作は?

などアウラの声優情報をお届け致します。

アウラのプロフィール

アウラ 声優

「葬送のフリーレン」は、山田鐘人原作、アベツカサ作画の漫画をアニメ化した作品です。このファンタジーアニメは、勇者たちの魔王討伐後のストーリーを通じて、友情、成長、自己発見をテーマに探求します。特に、フリーレンの長い生涯と人間界での経験がストーリーの中で豊かに描かれています。

アウラは、葬送のフリーレン第7話「断頭台のアウラ編」に登場するキャラです。

断頭台のアウラは「葬送のフリーレン」の中で印象的なキャラクターとして描かれています。

ウラは魔王の直属の幹部であり、「七崩賢」という精鋭中の精鋭たちの中の一人。アウラの最も特筆すべき特徴は、彼の生き抜いた500年以上という驚異的な長寿であり、そのすべての時を鍛錬に使ってきた結果、彼は絶大な魔力を持つようになりました。それは彼を魔王軍でもっとも優れた戦士の一人として位置づけるものでした。

過去には勇者ヒンメルとの対決で敗北を喫したこともあるが、彼の野望や活動が完全に鎮圧されたわけではありませんでした。ヒンメルが死去した後、アウラは再びその力を世に示すこととなり、特にグラナト領への侵攻では彼の戦略や能力が際立って見られました。

しかし、彼の計画はフリーレンという予期しない障害に直面します。彼が送り込んだ「首切り役人」という配下は、フリーレンたちによって壮絶な戦闘の末、全滅させられました。そしてアウラ自身もフリーレンと直接対決することになりますが、彼女の策略と絶大な魔力によって戦局は急速に不利に進展。特に、アウラが得意とする「服従させる魔法《アゼリューゼ》」が、フリーレンの高度な魔力量偽装技術によって逆手に取られる形となり、最終的には彼女に支配されるという結末を迎えます。

そして、アウラは最後にフリーレンに自害を命じられ、「断頭台」としての彼自身の終焉を迎えることとなりました。彼の経歴や能力を考慮すると、彼の最後は彼の生き様とも符合するものであり、そのドラマチックな展開は読者に強烈な印象を残すものでした。

アウラ声優は誰?

アウラ声優は一体だれなのでしょうか?

葬送のフリーレンは原作が大ヒットだけあってアウラ声優が誰になるのか?様々な予想がなされていました。
アウラ声優は一体だれなのでしょうか?

アウラ声優は、に正式発表されました。

結論からいうと、アウラ声優は竹達彩奈さんが演じています。

45222、にて、アウラ声優は竹達彩奈さんに決定したと正式発表されました。

アウラ声優・竹達彩奈経歴・年齢・プロフィール

アウラ声優・竹達彩奈さんはどんな声優さんなのでしょうか?

竹達彩奈さんは、1989年6月23日生まれ、埼玉県出身の女性声優、歌手です。夫は同業の声優である梶裕貴さん。リンク・プランに所属しており、多彩な声質を活かして、様々なキャラクターを演じています。

主にアニメやゲームの分野で活動しており、声は「かわいらしく」、時に「大人びた」ものまで幅広く演じることができます。代表作には『けいおん!』の中野梓、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の高坂桐乃、『ソードアート・オンライン』のリーファなどが挙げられます。

デビュー作としては『kiss×sis』の住之江あこ役を担当しました。そして、その後『けいおん!』の中野梓役、五等分の花嫁「中野二乃」で一躍知名度が上昇しました。

受賞歴も豊富で、2010年の第4回声優アワードで放課後ティータイムとして歌唱賞を受賞しています。幼少期に『カードキャプターさくら』や『美少女戦士セーラームーン』に触れたことが声優を目指すきっかけとなりました。また、堀江由衣さんへの憧れも大きな要因として挙げています。

14歳の時に日本ナレーション演技研究所の特待生オーディションを受け、声優の道を志しました。その後、養成所のレッスンを受けながらアイムエンタープライズに所属し、声優としての活動を開始しました。

竹達さんは、音楽活動も精力的に行っており、ソロ歌手としても多くの楽曲をリリースしています。また、悠木碧さんとの声優ユニット「petit milady」でも活動していました。

近年では、特撮作品『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』において、女性敵幹部のゴーシュ・ル・メドゥ役を担当し、初の悪役を演じました。その際、これまでのイメージとは異なる「大人びたクールな女性の声」を魅せることで、その演技の幅の広さを改めてファンに示しました。

竹達さんが声優を目指すきっかけとなったのは、幼少期に触れたアニメやゲームの影響です。特に『カードキャプターさくら』や『美少女戦士セーラームーン』、ゲーム『Kanon』や『シスター・プリンセス』に魅了され、その世界に関わりたいとの想いを強く抱きました。また、堀江由衣さんへの憧れも大きな要因としています。その後、声優を目指す決意を固め、14歳の時に養成所に入所。その才能をいち早く認められ、アイムエンタープライズに所属することとなりました。

竹達さんは自身の声優としての活動姿勢について、「お芝居の主役はキャラクターであって、私ではない」と述べています。しかし、音楽活動においては、「声優である自分でなければできない音楽を、自分の音楽として届けたい」との思いから、ソロ活動や「petit milady」としてのユニット活動を展開しています。

2019年には声優の梶裕貴さんと結婚し、2022年には第1子を授かるなど、私生活でも幸せな時を過ごしています。

-声優

Copyright© 声優ノート , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.