声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

キャストティングボード2024

映画

変な家映画いつまで・どこで見れる?原作・怖い・感想・口コミ・監督・キャスト・相関図

更新日:

話題沸騰中の映画「変な家」が、2024年3月15日に遂に劇場公開されます。YouTubeで大きな話題を呼んだ、不可解な間取りの家を描いた動画から飛び出したこの物語は、その奥深い謎と予測不能な展開で、すでに多くの映画ファンの心を掴んでいます。オカルト専門の動画クリエイター、雨宮とミステリー愛好家の栗原が巻き込まれる、不気味な間取りの家の秘密を追う本作は、ただのホラー映画では終わらない深いメッセージが込められています。

映画「変な家」のあらすじやネタバレが気になり、この記事を書くにあたって深い興味と共感を感じています。この記事では、映画の魅力を深掘りし、読者の皆さんが映画館でより一層楽しめるように、独自の視点から情報を提供していきたいと思います。映画の背景、奥深いストーリー、そして見どころを詳しく解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

変な家いつから?映画上映日

「変な家」は2024年3月15日(金曜日)に日本全国で劇場公開されました。この映画は、そのユニークなコンセプトとストーリーで注目を集め、公開初日から多くの映画ファンが劇場へ足を運びました。

映画名 上映開始日
変な家 2024年3月15日(金)

変な家どこで見れる?映画上映館

「変な家」は、主要な映画館チェーンや地方の独立系映画館を含む全国の多数の劇場で上映されています。大都市の映画館のみならず、地方都市や町の映画館でもこの映画を楽しむことができるように配慮されています。具体的な映画館のリストは、映画「変な家」の公式ウェブサイトや各映画館のウェブサイトで確認できます。

映画館名 場所
TOHOシネマズ新宿 東京
109シネマズ名古屋 愛知
ユナイテッド・シネマ札幌 北海道
MOVIX仙台 宮城
T・ジョイ博多 福岡

変な家いつまで上映?上映終了日を考察

「変な家」の上映終了日は、劇場や地域によって異なりますが、一般的な映画の上映期間は2ヶ月から3ヶ月程度です。ただし、この映画が非常に人気がある場合や、特別上映会が開催される場合は、それ以上長く上映される可能性もあります。終了日は各映画館のスケジュールや公式ウェブサイトで確認してください。

映画名 上映終了日予想
変な家 2024年6月中旬(予想)

この情報はあくまで一般的な予想であり、正確な上映スケジュールや終了日については、観覧を希望する映画館の公式情報を参照してください。

変な家作品名概要

映画「変な家」は、不思議で奇妙な間取りの家を巡るミステリー・スリラーです。YouTubeで話題となったある動画を原案に、動画制作者自らが物語を加筆し、ベストセラー小説にしたものを映画化した作品。オカルト専門の動画クリエイター・雨宮と、ミステリーを愛する設計士・栗原が主人公で、不可解な間取りの家に隠された秘密を解き明かしていく過程が描かれています。

項目 詳細
製作年 2024年
配給 東宝
劇場公開日 2024年3月15日
監督 石川淳一
原作 雨穴
脚本 丑尾健太郎
主演 間宮祥太朗(雨宮役)、佐藤二朗(栗原役)、川栄李奈(柚希役)
音楽 小島裕規 “Yaffle”
主題歌 アイナ・ジ・エンド

この作品は、独特の設定と緻密なプロットで、観る者を次第にその世界観に引き込んでいきます。監督には「エイプリルフールズ」で知られる石川淳一が、脚本には「七つの会議」を手掛けた丑尾健太郎がそれぞれ担当し、緊迫感あふれるストーリーテリングが期待されています。

関連作品としては、「呪怨」や「リング」などの日本のホラー映画が挙げられますが、「変な家」はこれらの作品と異なり、オカルトやホラーの要素を踏まえつつも、一つの家の間取りから展開されるミステリーが特徴です。プロの映画評論家としては、この映画の新鮮なアプローチと、間取りという日常に潜む不気味さを巧みに利用したストーリー展開が、他のジャンルの映画と一線を画していると感じます。

変な家作品あらすじ

映画「変な家」のストーリーは、一見すると普通の一軒家が舞台。しかし、この家には不可解な間取りが隠されており、その秘密を解き明かすことが物語の中心です。オカルト専門の動画クリエイターである雨宮は、マネージャーから購入予定の家の間取りについて不可解な点があると相談を受けます。そこで雨宮は、オカルトネタの提供者であり、ミステリー愛好家の設計士・栗原に意見を聞くことに。間取り図を見た栗原は、そこから奇妙な違和感を感じ取り、ある恐ろしい仮説を導き出します。

その仮説を追求する中で、家のすぐ近くで発生した死体遺棄事件と家との関連を疑う雨宮。彼はこの一連の疑惑を動画にして投稿し、それを見た宮江柚希から重要な情報を得ることに。柚希は、その家に心当たりがあるという人物で、彼女からの情報が物語に新たな展開をもたらします。

映画は、単なるホラーやオカルト作品にとどまらず、家族や過去の秘密、人間関係の絡み合いなど、深いテーマを掘り下げていきます。間取りの謎を解き明かす過程で明らかになる、登場人物たちの過去と秘密が、観る者に強烈な印象を与えるでしょう。

変な家要点・みどころ

映画「変な家」は、ただのホラーやスリラーではなく、深い人間ドラマと複雑な謎解きが絡み合う作品です。その要点と見どころを以下にまとめました。

  • 不可解な間取りの謎: 物語の中心となるのは、一見普通の家の奇妙な間取り。この謎を解き明かす過程が、映画のスリリングな魅力を生み出しています。
  • 登場人物たちの深層: オカルト専門の動画クリエイター・雨宮、ミステリー愛好家の設計士・栗原、そして謎の人物・柚希。彼らの背景にはそれぞれに秘密があり、その秘密が徐々に明らかになることで物語に厚みをもたらします。
  • 緻密なプロット: 謎解きの過程で次第に明らかになる、意外な真実。観客を最後まで惹きつける緻密なストーリーテリングが魅力です。
  • 実力派キャストの演技: 間宮祥太朗、佐藤二朗、川栄李奈といった実力派俳優たちの熱演が、物語をよりリアルに、より深く伝えます。
  • 映像美と音楽: 不気味で美しい映像世界と、物語を彩る音楽が、作品の雰囲気を一層高めています。

映画「変な家」は、他のホラーやミステリー作品と比較しても、その独特の設定と人間ドラマの深さで、新しい映画体験を提供してくれます。間取りという日常に潜む不気味さを巧みに映画化したことで、観る者に新鮮な驚きを与えること間違いなしです。

変な家原作について

映画「変な家」の原作は、YouTubeで話題となった同名の動画を基に、その制作者である雨穴が物語を加筆し、小説化したものです。この小説は、読者を不可解な間取りの謎へと引き込む独特の世界観と、奥深い人間ドラマで、ベストセラーになりました。原作の魅力は、一見日常的な設定の中に潜む不気味さと、それを通じて浮かび上がる人間の本質に迫る深い洞察にあります。

変な家脚本について

脚本を手掛けたのは、丑尾健太郎です。彼は「七つの会議」など、社会派ドラマを得意とする脚本家として知られています。映画「変な家」では、原作の持つ独特の雰囲気を保ちつつ、映画ならではの視覚的な怖さとサスペンスを加え、より幅広い層にアプローチできるストーリーに仕上げています。丑尾の手によって、原作の謎解き要素はより一層深まり、人間ドラマの部分も丁寧に描かれており、映画を見る者に強い印象を与えることでしょう。

この映画は、原作のファンはもちろん、新たな視点から作品に接することで、原作を知らない人々にも新鮮な魅力を提供します。原作と脚本、それぞれの持つ独自の要素が見事に融合し、映画「変な家」は単なる映像化を超えた新たな物語として観客を魅了します。

変な家感想・口コミレビュー

3月15日の昼過ぎ、ユナイテッドシネマ入間で見ました。もともと原作者の雨月さんには興味があったこと、間宮祥太朗さんが好きだったので、映画の制作発表の頃から見てみたいと思っていたので、公開初日に観に行きました。

予めネットでチケットを購入しておき、時間切り入りに行きました。スクリーンは二番、そこそこの大きさの画面の部屋です。上映開始のギリギリに行きましたが、フード購入の行列はそれほどでもなく、CM前に入場することが出来ました。

スクリーンのサイズはこのシネコンでは中堅くらいの大きさです。前から三列目の中央に席を取りました。その辺りは私だけでしたが、通路を挟んだ後ろの方は8割がた入っていたと思います。春休み前哨戦で高校生のグループが多かったのか、始まるまでは賑やかでした。

本作の原作を試し読みして、序盤の展開は判っていましたが…それから先の流れが怖すぎて、なんども『うわぁ…』と声がもれました。ビジュアルで怖いのは勿論ですが、そこに至る心理描写がもう怖くて怖くて…そこにさらに追い打ちをかけているのが佐藤二朗さんの怪演ぶりです。一流の設計士である彼は仕事ぶりは真面目ですが、それ以外はほぼ『怪人』と言っても良いほどの不気味さを漂わせ、女性が殆どの席を占める明るいラウンジで一人むしゃむしゃとパフェを食べ、そのイチゴを指でつまんで食べるという登場シーンだけで『あ、この人やべぇやつ』と感じさせるインパクトでした。しかし、それを上回るキャラが畳みかけるように登場し、あれ、この映画何だったっけ?と思うほどの密度の空気に押し流されて行きます。佐藤二朗さん、間宮祥太朗さん、川栄李奈さん以外の前情報無しに観に行って、他のキャストさんがほぼ判らないままでしたが…エンドロールを見るまで、高嶋政伸さん、石坂浩二さん、根岸季衣さんだとは全く気づけませんでした…!というか、三人のキャラが直視できないほどに怖かったのです。100年越しの怨念に取り憑かれた人々の狂気の凄まじさに、観ている私も取り込まれそうになり、ぞわっと鳥肌が立ちました。結局、心霊現象ではなく、恐ろしい出来事の全てがガチで人の所業だったわけですが。そこに至る発端の出来事から令和の現代にまで引き継がれてしまう心理的恐怖と、鍾乳洞に祀られていた諸々の怖さがあいまって、幽霊やゾンビが登場する作品よりもじわっとずしっと心に残りました。山奥の古い家や鍾乳洞の描写は『犬神家の一族』や『八つ墓村』に通じるものを感じます。後になって、石坂浩二さんの起用は金田一耕助の経験者だったからなのかな?などと思ってしまいました。そして、全てが解決したかに思われたあとで、ほっとした頃に訪れる二段オチ、三段オチの恐怖がさらにマジで怖い。これを見てから、家を借りたり、買ったりするときには間取り図をがっつり見て、おかしい所や腑に落ちないところを見逃さないようにしなければ!と心に刻みました…。それで…雨月さんがこのお話を作り出すに至った、あの間取り図の家は本当に存在するのだろうか…?と凄く気になっています。全てがフィクションでありますように、と願わずにいられない…そんな余韻が残る映画です。そして斉藤由貴さんが、そこにいるだけで怖い…。ラストカットには、もう、逃げたくなるほどのどす黒いオーラが滲み出ています。結論『生きている人間が一番怖い』です。

変な家感想・口コミレビュー

 

2024年3月21日、ユナイテッド・シネマ新潟、21:15〜の映画を見ました。
観ることになったきっかけは友達からこんな映画があるよというのを紹介され、少し気になったので一緒に観に行くことを決めました。

木曜日の遅い時間帯だったので大学生らしき人がぼちぼちいた感じでした。そこまで人は多くありませんでした。スクリーンの大きさは一般の映画館と同じでした。夜ご飯を食べていなかったので友達とシェアする用のポップコーンと自分で食べるようなホットドッグポテトジュースがセットになっているものを購入しました。

座席は後ろから三列目くらいのど真ん中で見ました。シートがふわふわでとても見やすかったです。スクリーンも一般的な映画館と同じで観やすかったですし音響もよかったです。ナイトショーだったので人も多すぎず、とても快適に観る事ができました。学生の方が多かったイメージです。

映画を観に行く前に友達から教えてもらったYouTubeに載っている動画を見て予習してから行きました。(https://youtu.be/CBIL0eAwDs8?si=YiGmr1hyaVpW8fKN)

普段小説も読まないし、映画も見ない上に、原作も読んだことがなかったので、ミステリー映画なのかな?と思いながら観にきました。口コミを見る限り、怖くて夜眠れなくなるなどと書いてあったのでビクビクしながら行きましたが、観た後はそこまででもなかったかなと思いました。

作り話だとはいえ、もし現実にあんな風習があったらどうしようという心配ばかりしてしまいました。最初の方のストーリーでは全く見抜くことができませんでした。不思議な家の設計図を見て、普通に柚希ちゃんのお姉さん一家が人殺しの常習犯だったのかと思いきや、まさかあの変な空間が子供を守るための空間だったことに後から知って泣きそうになりました。私も設計士の栗原さんが予測していた死体を隠す場所だと思っていました。全く事が違くてびっくりしました。

雨穴さん、柚希ちゃん、栗原さんが片淵家に着く直前に家の近くの人?が怪しい目つきをして3人が乗っていた車を見ていたので、もしかして親戚全員やばいのではないのかとおもったらそうでしたね。とにかくあの仮面の怪しい微笑みが怖かったことを思い出します。親戚の叔父さんもいちいち監視してきてて面倒くさいし、ほんとに姉夫婦の家族が可哀想で仕方ありませんでした。

とにかく全員無事で良かったですし、大きな車で迎えにきた柚希ちゃんのお母さんはかっこよかったのですが、その後にホームレスの方の左手を送って柚希ちゃんのお姉さんの子供を守っていたというようなシーンが出てきてそこでまた震えました。

最後、雨穴さんの家にて起こった出来事はなんだったのかいまだに予想がつかないのでそこだけ気になります。私的には続編があるのかなと思いましたが、友達は違うんじゃない?と言っていました。

とにかく間宮さんがカッコよかったです。演者の皆さんも渾身の演技をされていてとても感動しましたし、ほんとに演技が上手だなと思いました。ネット上で原作を読んだ事がある人はあまり面白くなかったと言ってた方がいたので心配でしたが普通に面白かったですし、知人たちにも教えてあげたいと思いました。最後の最後までビクビクさせられるような出来事が多いホラー映画でしたね。もし続編があるなら見てみたいです。

変な家監督:石川淳一

映画「変な家」のメガホンを取ったのは、石川淳一監督です。石川監督は、「エイプリルフールズ」などでその手腕を発揮し、日本映画界において独自のポジションを築いてきました。彼の作品は、細部にわたるこだわりと、人間ドラマを丁寧に描くことで高く評価されています。

「変な家」では、石川監督は原作の持つ不気味さとミステリアスな雰囲気を映画ならではの表現で見事に映像化しています。また、彼は俳優たちの演技を引き出すことにも定評があり、本作では間宮祥太朗、佐藤二朗、川栄李奈といった実力派俳優たちと共に、深い人間ドラマを構築しています。

石川監督の過去の実績と、本作へのアプローチ方法は、映画「変な家」をただのミステリー映画ではなく、観る者に深い印象を残す作品に仕上げています。彼の繊細かつ大胆な演出は、映画の見どころの一つと言えるでしょう。

次に、「試写会、舞台挨拶、上映日時」についての情報をまとめます。

変な家試写会

映画「変な家」の試写会は、公開日の数週間前に特定の会場で実施される予定です。映画のファンやプレス関係者を招待し、作品の魅力をいち早く伝える大切な機会となります。試写会の具体的な日時や場所は、公式サイトやSNSを通じて発表されるため、詳細を確認したい方は、映画「変な家」の公式アカウントをフォローして最新情報をチェックしてください。

変な家舞台挨拶

公開初日及びその週末には、主要キャストと監督による舞台挨拶が予定されています。上映される劇場で行われるこれらのイベントでは、映画に対する彼らの想いや撮影の裏話などが聞ける貴重な機会となります。参加劇場や時間、参加方法についても公式サイトで詳細がアナウンスされますので、興味のある方は情報をお見逃しなく。

変な家映画登場人物・相関図

  • 雨宮トオル:物語の主人公。オカルト専門の動画クリエイター。不可解な間取りの家について調査を始める。
  • 栗原文宣:雨宮の友人であり、ミステリー愛好家の変人設計士。雨宮の調査に専門的な知識で協力する。
  • 宮江柚希:重要な情報を持つ女性。雨宮に連絡を取り、物語の謎解きにクリティカルな役割を果たす。

関係性

  • 雨宮トオルと栗原文宣:雨宮は、間取りの謎について栗原に相談を持ち掛ける。栗原はその専門知識で雨宮をサポートし、二人は協力して謎を解き明かそうとする。
  • 雨宮トオルと宮江柚希:宮江柚希は雨宮に連絡を取り、その家について重要な情報を提供する。柚希の情報は、雨宮が謎を解く鍵となる。
  • 栗原文宣と宮江柚希:直接的な関係は少ないが、栗原は雨宮を通じて柚希の情報を知り、謎解きに役立てる。

この相関図には、これらの主要人物以外にも、事件の捜査に関わる警察官や、家の過去の住人、そしてその家を巡る謎に関連するその他の人物が含まれます。各人物が持つ情報や動機、行動が物語の展開に大きく影響を与え、最終的には驚くべき真実へと導かれます。

キャスト・登場人物一覧

映画「変な家」では、謎多き間取りの家を巡る物語を通じて、複数の魅力的な登場人物たちが織り成すドラマが展開されます。ここでは、主要な登場人物とキャスト、彼らの関係性を概説します。

雨宮(演:間宮祥太朗)

オカルト専門の動画クリエイターで、物語の主人公。購入予定の一軒家の不可解な間取りに興味を持ち、謎解きを始める。

栗原(演:佐藤二朗)

雨宮のオカルトネタの提供者であり、ミステリー愛好家の設計士。間取りの謎を深く探る中で、恐ろしい仮説を導き出す。

柚希(演:川栄李奈)

雨宮が動画を投稿した後に連絡を取ってくる謎の女性。その家に心当たりがあると言い、物語に重要な鍵を握る。

この相関図は、物語の中心である雨宮と、彼を取り巻く重要人物である栗原と柚希の関係性を表しています。雨宮を中心に、栗原と柚希がそれぞれ独自の繋がりを持ちながら、謎解きのプロセスに大きく関わっていく様子が描かれます。

その他のキャスト

  • 長田成哉、DJ松永、瀧本美織、根岸季衣、高嶋政伸、斉藤由貴、石坂浩二など、物語を豊かにする多彩なキャラクターたちが登場します。各キャラクターは、物語の謎解きや人間ドラマの深化に欠かせない役割を担っています。

映画「変な家」では、これらのキャラクターたちが織り成す複雑な人間関係と、それぞれの背景にある秘密が、物語の魅力を一層引き立てています。

撮影

映画「変な家」の撮影は、その独特な世界観を映像に反映させるために、様々なロケ地で行われました。ここでは、主な撮影期間とロケ地について紹介します。

撮影は2023年の初夏から秋にかけて行われ、約4ヶ月の間、日本各地で様々なシーンが撮影されました。この期間中、映画のために特別にセットが組まれたり、実際の古い家がロケ地として使用されたりしました。

主なロケ地

  • 古い日本家屋: 映画の中心となる「変な家」のシーンは、関東地方にある保存状態の良い古い日本家屋で撮影されました。この家は、映画のために特別にセットを組むのではなく、実際に存在する家が使用され、その不気味さと雰囲気をリアルに反映させています。
  • 都市部と郊外: 物語には都市部でのシーンや、郊外の静かな風景が登場します。これらのコントラストが、映画の不気味さと緊張感を高める要素となっています。
  • 特殊セット: 特定のシーンでは、映画の世界観を具現化するために特殊なセットが用意されました。これらは、特に謎解きのキーポイントとなる場所や、クライマックスのシーンで効果的に使用されています。

映画「変な家」の撮影には、物語をより魅力的にするために、細部にわたるこだわりが見られます。特に、「変な家」自体が持つ不気味さと独特の雰囲気を、視覚的に伝えるために様々な工夫が凝らされています。ロケ地一つ一つが映画の世界観を豊かにし、物語をより深く、よりリアルに感じさせることに貢献しています。

感想・評価・口コミ

映画「変な家」は、公開前から多くの注目を集め、公開後も観客からの熱い反響が寄せられています。ここでは、観客の感想、評価、及び口コミの傾向についてまとめます。

観客の感想

  • ストーリーの深さ: 観客は、一見単純なホラーやミステリーを超えた物語の深さに感銘を受けています。間取りの謎を追う中で描かれる人間ドラマや、その背後にあるテーマについて、高い評価を与える声が多くあります。
  • 演技の迫力: 主要キャストの演技に対する賞賛も目立ちます。特に、間宮祥太朗、佐藤二朗、川栄李奈の演技は、物語のリアリティを高め、観客を物語に引き込む力があると評されています。
  • 映像美と音楽: 不気味さを演出する映像と、物語の雰囲気を高める音楽についても、多くの好評を得ています。特に、「変な家」を映すシーンの映像美は、多くの観客に強い印象を残しています。

評価

映画評論家からも、その独創的なアプローチと、ジャンルを超えた物語の展開に高い評価が寄せられています。また、物語の謎解きだけでなく、人間関係の描写や社会的なテーマに深く踏み込んでいる点が、評論家からの肯定的な評価の一因となっています。

口コミ

SNSやレビューサイトでは、観客同士の推薦が活発に行われており、「見た後に考えさせられる映画」としての口コミが多く見られます。また、予想を裏切る展開や結末について、ネタバレを避けつつも熱心な議論が交わされています。

-映画

Copyright© キャストティングボード2024 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.