声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

声優ノート

鬼滅の刃声優

鬼滅の刃・鋼鐵塚蛍(はがねずかほたる)声優は誰?浪川大輔の代表作を紹介

更新日:

「鬼滅の刃」とは、吾峠呼世晴氏による日本の漫画作品であり、「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて2016年11号から2020年24号まで連載された作品です。

全23巻の単行本の累計発行部数は2021年2月時点で1億5000万部を超える。物語は大正時代を舞台に、主人公の少年が鬼と化した妹を人間に戻すために鬼たちと戦う様子を描いた和風の剣戟奇譚です。

その中でひときわ個性的なキャラを発揮しているのが刀鍛冶の鋼鐡塚(はがねずか)ではないでしょうか?また、その演技力に声優が一体誰なのかネット上では様々な憶測がながれているようです。

ここでは、鋼鐡塚(はがねずか)声優情報について解説致します。

鬼滅の刃

「鬼滅の刃」は大正時代を舞台にした剣戟奇譚の漫画作品です。。

主人公・竈門炭治郎は、家族を鬼に殺された後、唯一生き残った妹・竈門禰豆子が鬼になってしまったことを知り、彼女を人間に戻すために剣術修行を始めます。

やがて「鬼殺隊」に入隊し、鬼との戦いを続ける炭治郎。彼は禰豆子との絆を大切にしながら、選別試験を突破し、沼鬼の討伐を成功させる。

次に浅草へ向かった炭治郎は、禰豆子が鬼化した時と同じ匂いを感じ取り、鬼たちの祖である鬼舞辻無惨と接触する。

しかし、無惨は人間に化けており、炭治郎は手出しできなかった。炭治郎は絶えず禰豆子を思い、彼女を人間に戻すため、そして鬼と人間の共存を目指して戦い続ける。この作品は、感動的なストーリー、美しいアニメーション、そして熱い戦いシーンで多くのファンを魅了している。

刀鍛冶・鋼鐵塚蛍(はがねずかほたる)とは?

名前 鋼鐵塚(はがねづか)
関係性 刀職人
年齢 不明
CV 浪川大輔(なみかわだいすけ)

 

「鬼滅の刃」の登場人物、鋼鐵塚蛍(はがねづかほたる)は、主人公・炭治郎の刀を打った刀鍛冶である。

彼は人の話を聞かないタイプで、上気難しくて癇癪持ちの性格を持っており、超絶的に面倒くさい37歳児として描かれている。しかし、彼は自分の打った刀に対する情が深く、自負も強い。この性格は、刀に対する愛情が根底にあるためである。

彼は幼児期から面倒くささを発揮し、わずか2歳にして両親がノイローゼになって子育てを諦めたという。その後は、鉄珍が彼を親代わりになって面倒を見たが、彼は里で最も腕の立つ刀匠であり、その直弟子であることからも、腕は確かだと言われている。

彼は、持ち主の手に渡った刀の色変わりを心待ちにしており、うねうねと腕を振るって高揚する様子は、大変コミカルである。しかし、剣士に対しては、「刀を折ったら殺す」と恐ろしい一面も持っている。また、炭治郎の顔を見て、「赫灼の子」と判断し、鮮やかな赤い刀身が見ることができるだろうと期待していたが、実際の色は異なったために怒り叫んだ。彼の感情が高ぶると、落ち着きを欠くため、炭治郎に「何歳ですか!?」と問われるほどである。

鬼滅の刃・鋼鐵塚蛍の声優は?

鬼滅の刃鋼鐡塚蛍の声優は一体誰なのでしょうか?鬼滅の刃公式サイトにて誰が声優を演じているのか?調べてみました。

結論からいうと、鋼鐡塚蛍(はがねずかほたる)声優は、浪川大輔さんが演じていました。

浪川大輔さんは数多くのキャラを演じている人気声優さんです。代表作は、ハイキュー!!の及川徹役、ヘタリアのイタリア役、ルパン三世の石川五ェ門、HUNTER×HUNTERのヒソカ=モロウ、君に届けの風早翔太役など数多くの人気キャラを演じています。

鋼鐵塚蛍声優・浪川大輔さんとは?

声優名 浪川大輔(なみかわだいすけ)
愛称 へもかわ、nmkw
出身地 東京都
生年月日 1976年4月2日(おうし座)
血液型 B型
配偶者
音楽活動 2010年~個人名義
2014年~声優ユニット「UncleBomb」
所属事務所 ステイラック(代表取締役)
デビュー作 白バイ野郎パンチ&ボビー(子供)
受賞歴 第4回(2009年度)声優アワード助演男優賞
浪川大輔は、日本の声優、俳優、歌手として活躍している。1976年4月2日、東京都に生まれた。彼はアメリカのテレビドラマ『白バイ野郎パンチ&ボビー』の子供役の日本語吹き替えでデビューし、その後も多くの作品で声優として活躍している。

浪川は、1982年公開の映画『E.T.』の主人公エリオット役で、監督のスティーヴン・スピルバーグに認められ、指名されたことがきっかけとなり、オファーが増えた。その後、『ネバーエンディング・ストーリー』や『グーニーズ』など立て続けに人気作に出演し、その活躍が認められ、多くの作品で主役を演じるようになった。

彼がこれらの作品で主役を演じることができたのは、アメリカで子供の主人公が流行していたことや、女性声優が演じていた少年役を、年齢が近い子役に演じさせようとする時期が重なったためだとされる。彼自身も、「運がよかった」と述べており、「もし10年生まれるのが早かったら出られなかった」といったエピソードを明かしている。また、「逆に10年遅かったら『ハリー・ポッター』を演れたかもしれない」とも述べている。

浪川は、声優としてだけでなく、俳優や歌手としても活躍している。彼が歌う楽曲は、アニメやゲームの主題歌や挿入歌などで使用されることが多く、ファンからの支持も高い。

浪川大輔の声質

日本の声優・俳優・歌手である浪川大輔は、子供の頃からハイトーンの声を出すことができたが、大人になるにつれてその音域が極端に短くなってしまった。しかし、芝居の仕方によっては、ハイトーンからロートーンまで幅広い声を演じることができる技術を持っている。

20歳の時に共演した関智一の地声を聞いたことがきっかけとなり、自分の声優としての概念を覆すため、喉を潰すための努力を続けてきた。

その努力の一つに、酒でうがいをする、変わったタバコの吸い方をする、大声で叫ぶなどがあった。それでも、『ロード・オブ・ザ・リング』の吹き替えの仕事をする頃には、潰れた喉を一旦元に戻すことができた。声質が変わったことからディレクターから「声優として終わりだ」と言われたこともあるが、浪川はそうした過酷な努力の中から新しい自分を発見することができたと振り返っている。

浪川大輔の代表作

  • ハイキュー!!(及川徹)
  • 呪術廻戦(脹相
  • ヘタリア(イタリア役)
  • ルパン三世(石川五ェ門)
  • HUNTER×HUNTER(ヒソカ=モロウ)
  • 君に届け(風早翔太)

鋼鐵塚蛍声優・代表作 ハイキュー!!

『ハイキュー!!』は、高校バレーボールを題材にした古舘春一による人気漫画作品です。2011年には『少年ジャンプNEXT!』(集英社)で読切版が掲載され、その後2012年に『週刊少年ジャンプ』で連載がスタートしました。2020年に完結するまで、約8年にわたり続いた連載は、多くの読者を魅了しました。

ハイキュー!!のあらすじ

物語は、小さな体格でバレーボールが苦手な主人公・日向翔陽が、バレー部に入り、才能あふれるチームメイトとともに成長していく姿を描いています。

日向翔陽は、偶然見かけた春高バレーのテレビ中継をきっかけに、烏野高校のエースや影山飛雄と出会い、烏野高校のバレーボール部に入部します。

環境に恵まれなかった中学時代を乗り越え、日向率いる烏野高校のバレーボール部は、「変人速攻」と呼ばれる独自の戦術を編み出し、全国大会を目指す。作品の舞台は宮城県であり、仙台駅や仙台市体育館など宮城の地名・建物が登場します。。

浪川大輔・ハイキュー!!及川徹役

「ハイキュー!!」の登場人物、及川徹(おいかわとおる)は、青葉城西高校バレー部の主将であり、作中でイケメンとして描かれています。彼は基本的にのらりくらりとしていて人当たりが良いように見えますが、実際は嫌味を言ったり人を引っかき回すことが得意で、「性格が悪い」と一言で表すことができます。実は、同じく性格が悪いと言われている月島以上だとか。しかし、チームの仲間に対しては全幅の信頼を寄せ、各選手の長所を理解して最大限に引き出しています。

及川自身も主将兼セッターとして、チームの信頼を集めており、一言で場の空気を変えるカリスマ性を持っています。普段はおちゃらけている彼ですが、試合中には非常にシリアスな一面を見せ、ギャップが凄まじいです。

「超攻撃型セッター」として、及川自身「影山にはトス回しでは敵わない」と認めています。しかし、彼は超強力なサーブや相手の弱点を見極める嗅覚などの能力で、影山を上回ります。そして、及川の最大の武器は、仲間の能力を100%引き出すことです。それによって、烏野高校バレー部は全国大会を目指して突き進むことになります。

鋼鐵塚蛍声優・代表作 ヘタリア

『ヘタリア』は、日丸屋秀和による国擬人化歴史コメディ漫画で、元々は作者の個人サイトに掲載されたウェブ同人漫画でしたが、商業漫画として書籍化され、大ヒットしたことでメディアミックスも展開されました。作品の主軸は世界史で、世界のさまざまな国の歴史、人種、民族、風俗、気風、風土、イメージなどを人型に模したキャラクターたちが織り成す、国擬人化歴史コメディです。

物語の中心には主人公のイタリアとドイツなどの枢軸国が登場し、彼らが戦争したり友人になったりする様子、そして彼らを取り巻く関係(国際関係)が、史実とエスニックジョークを交えて描かれます。作品はドタバタコメディの要素も含まれており、読者を笑いの渦に巻き込んでいます。

『ヘタリア』は、異なる文化や背景を持つ人々が出会い、交流することの大切さや、歴史に学び、未来を拓くことの重要性をテーマにしています。

鋼鐵塚蛍声優・イタリア

『ヘタリア』の主人公であるイタリアは、「北イタリア」を擬人化したキャラクターで、ぜんまい形のアホ毛がトレードマークです。普段は目を閉じているが、開けることができます。イタリアは、気候風土や絵画・音楽・料理・商業などに優れた才能を持っています。しかし、どの時代でも軍事面での能力は低く、進軍よりも退却の方が速いため、戦闘アイテムは常に白旗です。また、パスタやピッツァなどのイタリア料理が大好きな美食家でもあります。彼は美女に目がなく、気がついたらナンパしていることが多いのも特徴です。 『ヘタリア』では、イタリアと中国の絡みがあまり描かれていませんでしたが、『World☆stars』2巻第31話では初めて彼らの交流が描かれました。 イタリアの誕生日は、1861年3月17日で、身長は173cmです。彼の愛らしいキャラクターと、世界史をモチーフにしたコミカルなストーリーは、多くのファンを魅了しています。

-鬼滅の刃声優

Copyright© 声優ノート , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.