声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

声優ノート

呪術廻戦声優

関俊彦は呪術廻戦に出演キャラは誰?真相はこちら。

更新日:

「呪術廻戦」とは、芥見下々氏による漫画作品であり、2018年より「週刊少年ジャンプ」にて連載が開始されました。その後、MAPPAによってアニメ化され、2020年10月から2021年3月までの期間にわたり、TVアニメシリーズ全24話が放送され、2023年にはTVアニメ第2期の放送が予定されています。また、前日譚となる「東京都立呪術高等専門学校」が「呪術廻戦0」として、2021年12月24日に劇場版アニメ映画として公開されました。関俊彦は呪術廻戦に出演しているのでしょうか?ここでは、関俊彦呪術廻戦出演情報をお届け致します。

呪術廻戦のあらすじ

虎杖悠仁は、仙台の高校1年生で、両親を知らずに祖父に育てられていた。ある日、学校で偶然特級呪物「両面宿儺の指」を拾う。祖父は虎杖に「オマエは強いから人を助けろ」と遺言を残し、他界した。

手続きのため病院にいた虎杖の前に、呪術高専東京校1年の伏黒恵が現れ、「人死が出る前に宿儺の指を渡せ」と訴える。しかし、虎杖がそれを手に入れようとした時、すでに封印の護符が剥がされていたことがわかった。

虎杖は宿儺の指を取り込み、新たな力を手に入れるが、学校には呪いが集まり始める。虎杖と伏黒は、呪いに取り込まれかけていた先輩を助けるが、伏黒が負傷し、危機に陥る。虎杖は状況を打開するために宿儺の指を自ら呑み込んだ。宿儺の「器」となる素質を持っていた虎杖は、宿儺が受肉する。

虎杖は宿儺の圧倒的なパワーで呪いを退け、宿儺の意識を抑え込んだ。しかし、虎杖は宿儺の器となったため、討伐対象に認定されてしまった。

最強の呪術師にして呪術高専東京校1年担任の五条悟は、虎杖に「この場で処刑されるか、宿儺の指20本を全て集めてから処刑されるか」という選択肢を与えた。

声優・関俊彦とは?

関 俊彦は、日本の声優、舞台俳優、歌手であり、栃木県真岡市出身である。彼は81プロデュースに所属している声優さんです。関俊彦さんは鬼滅の刃に登場する鬼の始祖である鬼舞辻無惨役に抜擢されたことで有名ですよね。

関は、代表的な役として、忍たま乱太郎の土井半助役で知られており、NARUTOではうみのイルカを演じている。また、貧乏キャラクターの担当も多い。

舞台俳優としても活動しており、そのキャリアのおかげで、口調の活弁士のような狂気じみた台詞回しが披露されている。

声優としては、アニメ、外画、テレビドラマなどで幅広く活躍している。

関は、劇団四季のファンであった姉から演劇に興味を持った。彼は栃木県立真岡高等学校を卒業し、駒澤大学経済学部を卒業した。1983年、大学在学中にラジオドラマでデビューした。

関のアニメでのデビューは、1983年に放送されたテレビアニメ『太陽の子エステバン』の兵士であった。その後、1987年にOVA『学園特捜ヒカルオン』で初主演を務め、同年にテレビアニメ『赤い光弾ジリオン』で初めてのテレビアニメ主演を務めた。それ以来、彼は多くの主人公やメインキャラクターを演じるようになった。

特撮ドラマ『仮面ライダー電王』シリーズでは、主人公の相棒的存在であるモモタロスの声を担当している。彼はこのドラマの主題歌「Climax Jump DEN-LINER form」を歌唱し、オリコンで第2位にランクインした。この功績により、関は共演者と共に声優アワードのシナジー賞を受賞した。

2012年1月8日、関はとちぎ未来大使に就任した。2021年2月16日、彼は第15回声優アワードにて富山敬賞を受賞した。

関俊彦は呪術廻戦に出演している?

呪術廻戦に関俊彦は出演しているのでしょうか?呪術廻戦公式サイトにての声優キャストを詳しく調査しました。

関俊彦さんは呪術廻戦に出演していませんでした。

-呪術廻戦声優

Copyright© 声優ノート , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.