声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

キャストティングボード2024

音楽ユニット・アーティスト

ミセスグリーンアップルはなぜミセス?隠された意味と音楽性について

更新日:

日本の音楽シーンで独自の魅力を放つバンド、ミセスグリーンアップル。彼らの名前に込められた「ミセス」の意味は、多くのファンや音楽愛好家の間で興味を引きます。この記事では、バンド名「ミセスグリーンアップル」における「ミセス」という言葉の選択背景、その意味や名付けた理由について深く考察していきます。。

バンド名「ミセスグリーンアップル」の由来

大森元貴氏によると、バンド名「ミセスグリーンアップル」は、食べ物の名前を含めるというアイデアから生まれました。ここで「グリーンアップル」という言葉が浮かび、さらに「もうちょっと大人の雰囲気ないかな?」という思考から「ミセス」が加わったと説明されています。大森氏はバンド名を決める際に、覚えやすさとインパクトを重視したと述べています。

ミセスグリーンアップルのミセスを選んだ理由

バンド名の由来について、ボーカルの大森元貴氏は「中性的なイメージをつけるために“ミセス”を選んだ」と述べています。この選択は、性別の枠にとらわれない包容力と、音楽における多様性を目指すバンドの姿勢を反映しています。こうした姿勢は、彼らの音楽が幅広い層に受け入れられる要因の一つと言えるでしょう。

大森氏の「全然後書き」という告白から、バンド名は創造的かつ即興的な発想から生まれたことが明らかになります。「食べ物の名前を入れたい」という発想から「グリーンアップル」が生まれ、「もうちょっと大人の雰囲気ないかな?」という思考を経て「ミセス」が加わったという経緯は、彼らの創造性を示しています。
この点からも、「ミセス」の追加は、名前に独特な響きを与え、記憶に残りやすくする戦略的な選択であると考えられます。

「ミセス」の意味とバンドのイメージ

「ミセス」という言葉には、男女の枠に捕らわれない中性的なイメージが込められています。バンドが目指す多様性と自由さを象徴するこの選択は、彼らの音楽とパフォーマンスに深く反映されています。
バンド名に「ミセス」を含めることで、ミセスグリーンアップルは年齢や性別を超えた普遍的な魅力を持つグループであることを示しています。

これは、幅広い層のリスナーに対するアプローチとしても効果的です。
キャッチーで疾走感のあるサウンドを特徴とするミセスグリーンアップルの音楽は、耳に残りやすいメロディーと深い歌詞で多くの人々を魅了します。「ミセス」という言葉が持つ成熟と洗練された雰囲気は、彼らの音楽性と重なり合います。また、音楽を通じて多様な価値観を受け入れ、表現する姿勢は「ミセス」という言葉の包容力を反映していると言えるでしょう。

バンドメンバー選定の背景と「ミセス」の価値

大森氏がバンドメンバーを選ぶ際に重視したのは、楽器の腕前よりも「人柄や価値観が合う人」であること。この選定基準は、単なる音楽集団ではなく、多様な個性が融合し共感し合えるコミュニティを形成することへの願いを映し出しています。このコンセプトは、「ミセス」という言葉が持つ包容力や多様性を体現するものと言えます。

「ミセス」という言葉の選択は、バンドが目指す方向性や価値観を象徴しています。性別や年齢を超えた普遍性、成熟した音楽性、そして変化を恐れない革新的な姿勢。これらは、ミセスグリーンアップルがこれからも追求していくであろう音楽の道を指し示しています。バンドの進化と共に、「ミセス」という言葉の意味も深まり、新たな価値を生み出していくことでしょう。

-音楽ユニット・アーティスト

Copyright© キャストティングボード2024 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.