声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

声優EXPRESS

薬屋のひとごと

薬屋のひとごと・馬閃(ばせん)声優は誰?経歴・年齢・代表作を紹介

投稿日:

馬閃は、王宮の武官としての地位を持つ、高順の息子であり、壬氏の乳兄弟です。19歳から21歳の間での物語に登場し、壬氏とは同い年で幼少期からの親しい幼馴染です。馬閃の身体能力は非常に高く、痛覚が鈍いため、普通の人よりも強い打撃や怪我にも動じないタフさを持っています。その一方で、自身の怪我に気づかないことが多いため、高順からたびたび注意を受けています。馬閃は、幼少の頃の経験から「女性らしい女性」が苦手ですが、猫猫に対しては普通に接しています。

薬屋のひとごとは原作が大ヒットしたこともあり、馬閃(ばせん)の声優が一体誰になるのか?様々な予想がなされていました。

馬閃(ばせん)は一体誰なのでしょうか?
ここでは、薬屋のひとごとの馬閃(ばせん)の声優について

  • 馬閃(ばせん)声優は一体だれが演じているのか?
  • 馬閃(ばせん)声優の経歴・プロフィールは?
  • 馬閃(ばせん)声優の他キャラ出演作・代表作は?

など馬閃(ばせん)の声優情報をお届け致します。

馬閃(ばせん)のプロフィール

馬閃(ばせん) 声優

薬屋のひとりごとは、架空の中華風帝国の後宮を舞台にしたミステリー・ファンタジー作品です。主人公・猫猫は薬師としての知識を活かし、王宮で起きる事件の謎を解いていきます。元々は日向夏によるオンライン小説として人気を集め、その後ライトノベルやマンガ化もされています。2023年9月時点でのシリーズ累計部数は2400万部を突破し、その人気は絶大です。猫猫と美形宦官・壬氏の微妙な関係も物語の魅力として注目されています。

馬閃(ばせん)は、薬屋のひとごとに登場するキャラです。

馬閃は、王宮の武官として誇り高く活躍する青年です。彼は高順の息子であり、壬氏の乳兄弟という特別な絆を持っています。馬閃と壬氏は同い年で、幼少期からの深い絆で結ばれており、その関係性は物語を通じてさまざまな場面で描写されています。

馬閃の最大の特徴は、彼の驚異的な身体能力です。痛覚が鈍く、普通の人では考えられないような強い打撃や怪我を受けても、彼はほとんど痛みを感じません。この特性は、馬閃が戦場での活躍をする際に大きなアドバンテージとなっています。しかし、その一方でこの特性は彼にとっても危険な側面を持っています。彼は自分がどれほどの怪我をしているかに気づかず、そのまま戦い続けることが多いのです。このため、馬閃は度々高順から注意を受けており、彼との関係性も深まる要因となっています。

また、馬閃の性格は、彼の強靭な体とは裏腹に、精神的にはやや未成熟な部分があります。これは、彼が幼少の頃に受けた体験が影響していると思われます。馬閃は「女性らしい女性」が苦手で、そのため彼の恋愛観や女性に対する接し方にも影響を及ぼしています。しかし、猫猫というキャラクターに対しては、馬閃は普通に接することができ、彼の優しさや繊細さも垣間見ることができます。

馬閃は、高順や壬氏といった他のキャラクターとの関係性を通じて、物語の中で多くの成長を遂げます。彼の強さと弱さ、そして彼を取り巻く人々との関係性が、物語の魅力を一層引き立てています。馬閃というキャラクターは、彼の独特な能力や性格、そして彼を取り巻く環境との関係性を通じて、読者に深い感動や共感を与える存在となっています。

馬閃(ばせん)声優は誰?

馬閃(ばせん)声優は一体だれなのでしょうか?

薬屋のひとごとは原作が大ヒットだけあって馬閃(ばせん)声優が誰になるのか?様々な予想がなされていました。
馬閃(ばせん)声優は一体だれなのでしょうか?

馬閃(ばせん)声優は、に正式発表されました。

結論からいうと、馬閃(ばせん)声優は橘龍丸さんが演じています。

45233、にて、馬閃(ばせん)声優は橘龍丸さんに決定したと正式発表されました。

橘龍丸さん(1991年4月21日生まれ、福井県出身)は、日本の声優、舞台俳優で、ステイラック所属です。10歳から大衆演劇での活動を開始し、後に声優としてもその才能を開花させました。声のデビューは『歌舞伎町シャーロック』の小林寅太郎役で、独特の声質と音域でファンの心を掴んでいます。彼の声優への情熱は幼稚園の頃からあり、『らんま1/2』のビデオを見たことがきっかけです。また、舞台俳優としても実績が豊富で、特技として殺陣や女形を持っています。彼の多才な才能と情熱には目を見張るものがあります。

馬閃(ばせん)声優・橘龍丸経歴・年齢・プロフィール

馬閃(ばせん)声優・橘龍丸さんはどんな声優さんなのでしょうか?

橘龍丸さんは、1991年4月21日生まれの福井県出身の声優・舞台俳優で、現在はステイラックに所属しています。10歳から父親の劇団「橘小竜丸劇団」で演劇の道を歩み、毎月の転校を経験しながらも舞台に立ち続けました。その経験が彼の芸の深さの一因と言えるでしょう。

声優としての活動開始は比較的後発ですが、2019年に放送された『歌舞伎町シャーロック』の小林寅太郎役で声優デビューを飾りました。彼の声質は中低音から高音まで幅広く、独特の存在感があります。その実績としては、まだ新星としてのスタートではありますが、その才能は業界内で既に高く評価されています。

デビューの背景には、幼少期のエピソードがあります。幼稚園の頃から声優に興味を持ち、『らんま1/2』のビデオ本編後に山口勝平のインタビューを見たことが声優を目指すきっかけとなりました。その情熱は現在も変わらず、彼の演技からも伝わってきます。

舞台俳優としても多数の公演に出演し、特技としての殺陣や女形は観客を魅了します。芝居が趣味であり、その舞台上での経験が声優としても彼の演技の幅を広げています。

養成所や専門学校についての詳細は明らかではありませんが、彼と親交の深い声優たちとのコラボレーションや共演も多く、業界内での繋がりも深いようです。

音楽活動や芸能・俳優活動についても、これからの更なる展開が期待されます。彼のこれまでのキャリアと情熱を考えると、これからも多方面での活躍が予測され、ファンからの注目は高まる一方です。

-薬屋のひとごと

Copyright© 声優EXPRESS , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.