声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

声優ノート

呪術廻戦声優

杉田智和は呪術廻戦に声優出演?誰キャラ・何キャラで出演真相はこちら

更新日:

週刊少年ジャンプで連載されている『呪術廻戦』は、ダークファンタジー・バトル漫画でございます。呪術師たちが、人々の負の感情から生まれる呪霊と戦う物語が描かれており、緻密な世界観と迫力あるバトルシーンが魅力となっております。杉田智和は呪術廻戦に出演しているのでしょうか?ここでは、杉田智和呪術廻戦出演情報をお届け致します。

呪術廻戦

仙台の高校生・虎杖悠仁さんの運命が変わるきっかけは、特級呪物「両面宿儺の指」を見つけたことでした。亡き祖父から「人を助けること」を託された彼は、呪術高専東京校1年生・伏黒恵さんと出会い、呪いと戦う道を選びます。しかし、宿儺の指の封印が解けると、呪いが広がります。

伏黒さんの提案で、虎杖さんは宿儺の指を自ら飲み込むことで、呪いを払う力を得るのですが、それにより彼は宿儺の器となり、討伐対象となってしまいます。その一方で、彼は呪術高専東京校に入学し、さまざまな仲間たちと共に呪いと戦いながら成長していきます。

呪術高専東京校1年担任・五条悟さんは、虎杖さんに2つの道を示します。1つはその場で処刑されること、もう1つは宿儺の指20本を集めてから処刑されること。彼の運命は、これからの選択と戦いにかかっています。

また、虎杖さんのクラスメイトである禪院真希さんや伏黒さんとともに、彼らは強力な呪いや狡猾な敵と対峙します。それぞれの過去や家族の背景も彼らの戦いに影響を与え、物語はより深みを増していきます。

さらに、虎杖さんたちは呪術界の闇にも触れることになり、彼らの信念や絆が試される場面も見られます。そして、彼らは団結し、困難な状況に立ち向かっていく様子が描かれます。

虎杖さんがどの道を選び、どんな戦いを展開するのか。彼の仲間たちとの絆がどのように深まり、呪術界の闇に立ち向かっていくのか。呪術廻戦の物語は、これからの展開が益々楽しみとなります。

声優・杉田智和とは?

杉田智和は、日本の男性声優であり、埼玉県比企郡嵐山町出身である。高校在学中に声優スプリングスクールで受賞し、ミューラスアクターズスクールに入所し、芸能事務所「ミューラス」に所属した。17歳の時に『仮面ライダー』のプレゼント告知ナレーションで声優活動を開始し、1998年に『魔装機神サイバスター』でアニメ作品の初レギュラーを獲得した。2002年には、『ちょびっツ』の本須和秀樹役でテレビアニメ初主演を果たし、知名度を上げた。その後、『銀魂』の坂田銀時役や『涼宮ハルヒの憂鬱』のキョン役で主役を演じ、第3回声優アワードで助演男優賞を受賞した。

杉田は、脚本や作詞、シナリオライターとしても活動しており、『AGRS』作品を制作し、『月英学園 天地神人』や『12人の優しい殺し屋』のストーリー原案を手掛けた。また、水樹奈々の座長公演『水樹奈々大いに唄う』やいくつかの映画作品で俳優活動も行っている。

杉田智和は呪術廻戦に出演している?

呪術廻戦に杉田智和は出演しているのでしょうか?呪術廻戦公式サイトにての声優キャストを詳しく調査しました。

杉田智和さんは呪術廻戦に出演していませんでした。

-呪術廻戦声優

Copyright© 声優ノート , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.