声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

声優EXPRESS

チェンソーマン声優

内田雄馬はチェンソーマン出演の真相は?代表作も合わせて紹介

投稿日:

「チェンソーマン」は、藤本タツキが手がけたアクション漫画であり、ダークで過激なヒーロー像が特徴です。

主人公デンジは、「チェンソーの悪魔」に変身する力を手に入れ、その力を使いこなせない苦悩や、自分自身や周りの人々と向き合う姿が描かれています。

この作品は、第1部「公安編」が週刊少年ジャンプで2019年から2021年まで連載され、第2部「学園編」は少年ジャンプ+で2022年から連載中です。単行本13巻までの累計発行部数は2023年1月時点で2300万部を超え、多くの読者から支持を受けています。内田雄馬はチェンソーマンに出演しているのでしょうか?ここでは、内田雄馬チェンソーマン出演情報をお届け致します。

チェンソーマン

デンジは父親の借金を返すため、悪魔を駆除する「デビルハンター」として生計を立てていました。ある日、デンジはヤクザに騙され、「ゾンビの悪魔」によって殺害されました。しかし、ポチタが心臓となったことで復活し、チェンソーの悪魔へと変身する力を手に入れます。現場に駆けつけた公安のデビルハンターであるマキマに導かれ、デンジは東京の公安本部へと移ります。マキマの命令を受けて、デンジは「血の魔人」パワーと同居する先輩の早川アキとバディを組み、かつて5分で120万弱の人を殺した「銃の悪魔」の討伐を掲げる公安で、様々な敵と戦いを繰り広げます。

デンジは、悪魔でありながら人々のために戦う姿が話題を呼び、次第にヒーローとして扱われるようになります。しかし、彼の前に立ちはだかる強敵たちは非情で、彼や仲間たちに様々な試練を与えます。それでも、デンジは懸命に戦い続け、時には自らの命を犠牲にしてでも、仲間たちを守ろうとします。やがて、彼の信念や勇気によって、悪魔と人間が共存する世界に一歩近づくことになります。

声優・内田雄馬とは?

内田雄馬は、声優業が中心で、ラジオパーソナリティも担当している。2018年にCDデビューし、実姉の内田真礼もポニーキャニオンからデビューしている。彼は、『美少女戦士セーラームーン』のファンで、主に幼児から高校生までの少女を演じることが多いが、時には少年役や大人の女性役も演じることがある。また、トランスフォーマーシリーズのファンであり、『ゼルダの伝説時のオカリナ』を最も面白いゲームとして挙げている。彼は、シマリスを飼っていて、画材を使ったイラストも得意である。また、趣味は本を書くこと、絵を書くこと、音読、早口言葉である。

内田雄馬はチェンソーマンに出演している?

チェンソーマンに内田雄馬は出演しているのでしょうか?チェンソーマン公式サイトにての声優キャストを詳しく調査しました。

内田雄馬さんはチェンソーマンに出演していませんでした。

<内田雄馬声優>呪術廻戦・伏黒恵役

内田雄馬声優内田雄馬さんは呪術廻戦・伏黒恵役として出演しています。

『呪術廻戦』は、芥見下々による漫画で、呪術師たちが負の感情から生まれた呪霊と戦うダークファンタジー作品です。この作品は陰鬱で残酷な要素が多く、キャラクターたちが過酷な状況に立ち向かう姿が描かれています。特に、アクションシーンは非常に見応えがあり、虎杖などのキャラクターの肉弾戦が際立っています。

伏黒恵、呪術高専の1年生。禪院家の血を引き、特異な術式を受け継ぐ。無愛想ながらもカバー裏やノベライズで友情が描かれ、冷静な性格から感情が高ぶると好戦的に。善と悪への姿勢が強く、虎杖や津美紀に執着。

<内田雄馬声優>るろうに剣心・四乃森蒼紫役

内田雄馬声優内田雄馬さんはるろうに剣心・四乃森蒼紫役として出演しています。

『るろうに剣心』は和月伸宏による人気漫画で、明治時代初期の日本を背景に、伝説の剣客・緋村剣心の物語を描いています。彼は幕末に「人斬り抜刀斎」として知られ、維新後は「不殺」を信条とし、流浪の旅に出ます。神谷薫との出会いや、宿敵との戦いを通じて、彼の過去と新たな生き方を模索します。史実や実在人物も物語に絡み、緻密なストーリーが展開します。

四乃森蒼紫は「るろうに剣心」の登場人物で、忍者として知られています。15歳の天才で、小太刀を使いこなし、独自の戦闘スタイルで敵を圧倒する。優れた戦闘力と現実主義的な性格が特徴で、剣心との戦いで注目を浴びました。

<内田雄馬声優>ブルーロック・御影玲王役

内田雄馬声優内田雄馬さんはブルーロック・御影玲王役として出演しています。

『ブルーロック』は、金城宗幸の原作とノ村優介の作画によるサッカー漫画です。高校生を中心に展開され、日本代表入りの権利をかけたデスゲーム要素が特徴です。個性とエゴが重要視され、絆やチームワークよりも個人の力が求められます。また、日本サッカーに対する風刺も見受けられ、異名として「史上最もイカれたサッカー漫画」と称されています。

御影玲王は、紫色の髪を持つ美しい容姿が特徴の「ブルーロック」の登場人物です。凝った後ろ結びの髪が試合時には目立ちます。サッカーのトッププレイヤーで、チームVのリーダーであり、緻密な指示やゲームメイクを行う頼りにされる存在です。

-チェンソーマン声優

Copyright© 声優EXPRESS , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.