声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

キャストティングボード2024

音楽ユニット・アーティスト

大森元貴のオネエ説の真相は?メイクの変化と外見的武装を考察

投稿日:

2022年12月7日のFNS歌謡祭第1夜において、Mrs. GREEN APPLEのボーカル・大森元貴さんの姿に対するファンやSNS上の反応が注目されました。ファンからは、「オネエになったの?」や「ジェンダーレス系を目指しているの?」などの声が上がり、一部でオネエ(オカマ)説が浮上しました。

大森元貴オネエ説が以前から存在

これに先立ち、ファンの間では以前から大森元貴さんに対してオネエ(オカマ)説が存在していたことが明らかになりました。SNS上では、彼の容姿や振る舞いが女性的であるとの声が挙がっており、特にメイクや髪型に注目が寄せられていました。

大森元貴メイクの変化と外見的武装

大森元貴さんがオネエ説やオカマ説につながるとされた要因の一つは、彼のメイクの変化です。2022年3月以降、活動再開を果たした際に、彼のメイクが一層洗練され、女性的な要素を強調するようなスタイルに変わりました。具体的には、眉毛の整形、つけまつげやマスカラの使用、濃い目のファンデーション、アイライン、アイシャドウ、リップなどが挙げられます。

大森元貴メイクの理由と音楽表現への影響

大森元貴さんは、このメイクの変化について、「フェーズ2で青年期に突入した感じだ」とし、外見的な変化は内省的な歌詞に対応させ、音楽表現に新たな要素を取り入れようとする意向を示しています。ファンに対して新たなフェーズの開始をアピールし、内面の変化と外見的な表現を結びつけています。

大森元貴オネエ説の根拠と過去の容姿

ファンがオネエ説に至る根拠として、身振り手振りが女性的である、食べ方や所作が綺麗である、口調が柔らかく女性っぽいなどが挙げられます。これらは大森元貴さんの公に知られている特徴であり、彼の外見や振る舞いが一般的な男性のものとは異なることが指摘されています。

過去の画像を振り返ると、デビュー当初は清潔感あふれるイケメン的な容姿でした。メイクをし始めたのは2022年3月以降であり、それ以前の画像では、メイクを施す前の自然体の姿が確認できます。

大森元貴オネエ説総括と今後の展望

大森元貴さんは音楽表現において外見的な変化を試みており、これは彼が自らのアートにおいて新たなフェーズに挑戦していることを示唆しています。ファンは彼の表現意向を理解し、音楽活動を通じて成長する姿勢をサポートしているようです。

オネエ説がファンやSNS上で取り沙汰されていますが、大森元貴さんのメイクや外見の変化は、主に音楽表現における新たな試みと関連しており、ジェンダーに焦点を当てるよりも、芸術表現の一環として理解されるべきです。

総じて、大森元貴さんの外見やメイクの変化は、彼の音楽活動と深く結びついており、これによって彼の表現領域が広がることが期待されます。ファンや観客は、これからの大森元貴さんの新たなフェーズに期待と興奮を寄せていることでしょう。

-音楽ユニット・アーティスト

Copyright© キャストティングボード2024 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.