声優・VTUBER・アイドル・アーティストの最新情報をお届け

声優ノート

鬼滅の刃声優

鬼滅の刃・恨声優は誰?古川登志夫代表作を紹介!

投稿日:

「鬼滅の刃」は、吾峠呼世晴による漫画作品で、大正時代の日本を舞台に、家族を殺された竈門炭治郎が、妹の禰豆子を人間に戻すために鬼殺隊に加入し、鬼舞辻無惨に立ち向かうストーリーです。ufotable制作のテレビアニメ第1期「竈門炭治郎 立志編」が2019年に放送され、2020年には劇場版アニメ「無限列車編」が公開され、日本歴代興行収入第1位を記録しました。恨声優は一体だれなのでしょか?気になりますよね。ここでは、恨声優情報をお届けします。

鬼滅の刃

『鬼滅の刃 刀鍛冶の里編』は、吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の98話から129話にわたり、鬼殺隊と人食いの怪物である鬼たちとの壮絶な戦いを描いたストーリーです。

この編では、炭治郎たちが「上弦の陸」と呼ばれる最強クラスの鬼、堕姫(だき)や妓夫太郎(ぎゅうたろう)と戦い、辛くも勝利を収めます。しかし、戦いで刀が損傷してしまった炭治郎は、新しい刀を手に入れるために、彼が慕う鋼鉄塚蛍(はがねづか ほたる)という刀鍛冶の里を訪れます。彼の到着を待ちながら、炭治郎は同期の不死川玄弥(しなずがわ げんや)、時透無一郎(ときとう むいちろう)など、鬼殺隊の柱たちとの交流を深めます。

一方、鬼殺隊が上弦の鬼を倒したことに憤慨した鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)は、鬼殺隊に対する復讐を企てます。彼はまず、鬼殺隊の武器の供給を断つために、半天狗(はんてんぐ)や玉壺(ぎょっこ)といった上弦の鬼を刀鍛冶の里に送り込み、襲撃を命じます。

『刀鍛冶の里編』は、物語の序章を描く第一期『竈門炭治郎 立志編』、炎柱・煉獄杏寿郎が主役を務めた『無限列車編』、音柱・宇随天元が輝いた『遊郭編』に続く、待望の続編です。2023年4月にアニメ化され、テレビ放送されていることから、ますます多くのファンが物語の行方を楽しみにしています。

鬼滅の刃・恨

「恨の鬼(こんのおに)」は、アニメ「鬼滅の刃」に登場する半天狗の分身体の一人です。彼は、大柄で筋肉質な半天狗の姿をしており、本体を守るために生まれた鬼です。彼は血鬼術は使用せず、体内に小さな本体を潜ませています。彼の体の中央には、本体を匿うための心臓部があり、一見すると巨大化したように見えますが、実際は、本体を守るための直射日光への防御手段として、背丈2メートル以上の筋骨隆々の大鬼に変貌した偽りの姿なのです。恨の鬼の見た目は、本体がそのまま巨大化したかのように見えますが、本体はネズミ程度の大きさで、恨の鬼に隠されています。

鬼滅の刃・恨声優は一体誰?

鬼滅の刃に登場する恨が声優が誰なのか?鬼滅の刃公式サイトにて恨の声優を詳しく調査しました。

鬼滅の刃に登場する恨声優は古川登志夫さんが担当していました。恨さんといえば数々の人気キャラを演じている人気声優さんですよね。

-鬼滅の刃声優

Copyright© 声優ノート , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.