最新アニメ・ゲーム・映画の声優

声優Express

<声優>鬼頭明里

鬼頭明里はチェンソーマンに出演する誰キャラ?ファンが待ち望んだ真相を発表!

投稿日:

「チェンソーマン」は、藤本タツキによる日本の漫画作品で、一般的な少年漫画とは異なるダークで過激な展開が特徴です。主人公デンジは、「チェンソーの悪魔」に変身する能力を手に入れ、その力を使いこなせない苦悩を抱えながら自分自身や周りの人々と向き合っていく姿が描かれています。この作品は、第1部「公安編」が週刊少年ジャンプで2019年から2021年にかけて連載され、第2部「学園編」は少年ジャンプ+で2022年から連載中です。単行本13巻までの累計発行部数は、2023年1月時点で2300万部を超え、多くの読者から支持を得ています。鬼頭明里はチェンソーマンに出演しているのでしょうか?ここでは、鬼頭明里チェンソーマン出演情報をお届け致します。

チェンソーマン

「チェンソーマン」は、父の借金を返すためにポチタと共にデビルハンターとして活動する少年デンジが主人公の漫画作品です。

借金返済が進まず、普通の生活を願いながらも叶いそうにない中、デンジはポチタと出会います。しかし、彼は仕事の斡旋中にヤクザに騙され、「ゾンビの悪魔」によって殺されてしまいます。しかし、ポチタがデンジの心臓となり、彼は「チェンソーの悪魔」として蘇り、ゾンビたちを一掃します。その後、デンジは公安のデビルハンターであるマキマに管理され、血の魔人パワーと同居することになります。

東京の公安本部で活動するデンジは、かつて120万人以上を殺した「銃の悪魔」の討伐に挑みます。先輩の早川アキとバディを組み、様々な敵と戦います。

デンジは、悪魔でありながら人々のために戦う姿勢が注目され、次第にヒーローとして扱われるようになります。この作品は、悪魔という存在が当たり前に存在し、人々に恐怖を与える世界を舞台に、悪魔狩りの戦いが描かれています。

声優・鬼頭明里とは?

鬼頭明里は、日本の女性声優であり、歌手でもある。彼女は愛知県名古屋市出身で、ラクーンドッグ所属である。彼女は、『鬼滅の刃』で竈門禰豆子を演じ、その役柄が人生を変えたと語っている。2021年には、第15回声優アワードで助演女優賞を受賞している。

鬼頭は、高校時代に自分の進みたい道を考え、声優になることを決めた。彼女は上京し、プロ・フィット声優養成所に入所し、2014年に『六畳間の侵略者!?』の藍華真希役でデビューした。

彼女の代表作には、『ようこそ実力至上主義の教室へ』(堀北鈴音)、『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』(近江彼方)、『安達としまむら』(安達)、『ウマ娘プリティーダービー』(セイウンスカイ)、『ブレンド・S』(日向夏帆)、『私に天使が舞い降りた!』(姫坂乃愛)、『まちカドまゾク』(千代田桃)、『虚構推理』(岩永琴子)、『Re:ステージ!ドリームデイズ♪』(月坂紗由)などがある。

彼女は、趣味や特技として、絵を描くこと、歌うこと、湯切りを挙げている。また、アニメ、漫画、ゲームが大好きな自他共に認めるオタクでもある。鬼頭は、自分の性格を「マイペース」と語り、人に嫌われたくないタイプであり、ひとりがイヤなタイプだと自己分析している。

鬼頭明里はチェンソーマンに出演している?

チェンソーマンに鬼頭明里は出演しているのでしょうか?チェンソーマン公式サイトにての声優キャストを詳しく調査しました。

鬼頭明里さんはチェンソーマンに出演していませんでした。

-<声優>鬼頭明里

Copyright© 声優Express , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.